感染経路 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

健康

感染経路

投稿日:2020年4月10日 更新日:

感染経路は病原体が感染者を増やす経路です。

感染経路は「空気感染」「接触感染」「飛沫感染」「媒介感染」などがあり、対応策も異なるため、感染経路がわからなければ対応が難しいです。

  • 空気感染
     特徴:空気中に存在する病原体を吸引する事で感染します。
     対策:特定の空間で隔離を行い、空調も共有しないようにします。
  • 接触感染
     特徴:粘膜に病原体が接触する事で感染します。
     対策:間接的、直接的に病原体が粘膜に触れないようにします。
  • 飛沫感染
     特徴:咳きやくしゃみなどに含まれる病原体が粘膜に触れる事で感染します。
     対策:他者との距離を一定以上取る事で防げます。
  • 媒介感染
     特徴:病原体が食品、食器、生物などを経由して感染が広がります。
     対策:殺菌と消毒を徹底する事で感染を防ぐ事ができます。

病原体によっては複数の感染経路を持つ病原体があるため注意が必要です。

具体例

感染源の特定も大切な要素ですが、感染経路を遮断する事も重要です。
感染経路を完全に遮断する事ができれば感染はそこから広がる事はありません。

しかし、感染経路や感染源の特定が迅速かつ適切に行えない事で、院内感染のようなクラスター感染を引き起こしたり、アウトブレイクパンデミックのような状態へと発展する恐れがあります。

院内感染ではドアノブや手すりを消毒する事はマニュアルで記載されているようですが、そのマニュアルが古い場合、タブレット端末のような新しく使用するようになった機器については除外されている可能性があるため注意が必要です。

まとめ

感染経路が特定され、十分な対応を行ったとしても、実際に感染経路が遮断され、感染が無くなる事は困難です。

感染症の被害が拡大する事で病原体が進化し、薬に強くなったり(薬剤耐性菌)、感染力が強く変化する可能性があります。
感染が拡大する事を許してしまうと対応がより複雑化してしまい、パンデミックのような大きな被害をもたらしてしまう事があります。
そのため、感染者が少数の期間に迅速で適切な対応を行う事が重要になります。

しかし、ここで問題となるのがスーパースプレッダーのような特異体質の方です。
スーパースプレッダーの中には自覚症状がでないまま周囲に感染を拡大させてしまう方などがいるため、このような感染源を早急に発見する事も重要となります。

感染症の拡大を防ぐには、感染源の特定、感染経路の特定、この二つが重要な要素となります。

関連記事

 空気感染
 接触感染
 飛沫感染
 アウトブレイク(感染爆発/感染症集団発生)
 パンデミック
 スーパースプレッダー

アドセンス

アドセンス

-健康

執筆者:

関連記事

発達性読字障害(DRD/ディスレクシア)

発達性読字障害(DRD)は文字を読む事が困難な症状です。DRD(Developmental reading disorder)は脳の使い方の違いによって先天的に文字を読む事が困難な症状(文字を認識・記 …

急性ストレス障害(ASD)

急性ストレス障害(Acute Stress Disoder)は大きなストレス受ける事で日常生活に支障をきたします。基本的に急性ストレス障害は日常的なストレスで発症する事はありません。急性ストレス障害を …

適応障害

適応障害は過度のストレスによって精神的・肉体的な障害がでる症状です。特定の状況や出来事によって過度のストレスを与えられる事で精神的・肉体的な障害が現れ適応障害となります。適応障害の一般的な定義としては …

被虐待症候群(BPS)

被虐待症候群(ひぎゃくたいしょうこうぐん)は虐待の被害者が虐待を受け入れてしまう状態です。虐待は身体に限らず、精神的・性的虐待なども含まれ、日常的に行われている虐待が発見されないように隠す事が多いです …

アルツハイマー病

アルツハイマー病は脳の機能が徐々に低下してく病気です。アルツハイマー病は認知症の一種で、脳の機能(特に記憶力や思考力)が徐々に低下してくのが特徴です。重度の方の中には日常生活に支障をきたす方もいます。 …

Google AdSense



ジャンル

ジャンル一覧
ホーム
心理学
健康
雑学
ブログ関連
お金

アマゾン


外部リンク