愛着障害(アタッチメント障害) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

愛着障害(アタッチメント障害)

投稿日:2020年2月24日 更新日:

愛着障害は幼少期に愛情が満たされなかった人がなりやすいです。

医学的に愛着障害と確定認定を受ける大人は稀ですが、自らが愛着障害ではないかと悩む人は多いです。
その多くは対人関係などの精神的不安によって愛着障害ではないかと考えてしまう事が多いようです。

一般的に愛着障害の原因は3才くらいまでの家庭環境にあると考えられています。

幼少期は親から受ける影響が大きいです。
これは親からの遺伝的な影響もありますが、一緒にいる時間が多くなりやすい事も原因とされています。
幼少期のこの時期に承認欲求が満たされない事で様々な精神的不安の原因となりやすく、他者とのコミュニケーションがうまくいかず、対人関係で問題が起きやすかったり、自身を抑制しすぎて精神的に疲弊してしまう方が多いです。

愛着障害の人の特徴

  • 能力が高く、論理的に考えられる
  • 他者へ協力を求めるのが苦手
  • 自立している
  • 周囲へ気を遣う事が多い
  • コミュニケーションが苦手
  • 刺激に対しての反応が薄い
  • 気分の浮き沈みがある
  • 体が弱い
  • 自己評価が低い

注意事項

愛着障害の特徴はアダルトチルドレンに近いため、成長する事でアダルトチルドレンへ育ちやすい傾向があります。

愛着障害の傾向が過剰にでると生活に支障きたす事もあります。
また、愛着障害を改善できない事で他の精神疾患を発症する事もあるため、セルフネグレクトや自傷行為、心身喪失など多くの症状を混在させる可能性があり注意が必要です。

また、反対に他の精神的要因から愛着障害となる事もあります。

対応策

  • 居場所を作る事が大切です。
  • 自己評価が低いため、能力を過小評価しやすいため、正当な評価を受けれる環境が望ましいです。
  • 困った時に頼れる人間関係を構築できると精神的に安定します。
  • 全員に好かれる事ができる人はいないと理解する事が大切です。
  • 人間関係で疲弊したら距離を取って休息する事も大切です。
  • 苦手な所を意識するよりも得意な所を意識する事が大切です。

まとめ

愛着障害はその過程で愛情を受ける機会が少ないという前提があるため、何事も自分で行えるように生きなくてはいけない環境で育っている事が多いです。
そのため、愛着障害の人の多くは自立している傾向が強いです。

また、感情をないがしろにされて育っているため、感情を表現する事が苦手な反面、論理的思考(ロジカルシンキング)が得意な人が多いです。

そのため、能力が高いため一人の方が効率が良い事が多い反面、協力を求める事やコミュニケーションを取ることが苦手です。

そのため、相談する事も苦手な方が多いので、一人で抱え込んでしまう方が多いようです。

医療機関へ行き相談やサポートを受ける事を検討してみるのもいいと思います。

備考

愛着障害はイギリスの精神科医ボウルビィが提唱しました。

関連記事

 アダルトチルドレン(AC)
 論理的思考(ロジカルシンキング)

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

寛大効果(寛容効果/寛大化傾向)

寛大効果は他者の良い面は過大に悪い面は過少に評価する心理です。寛大効果は無意識のうちに他者の良い面は過大評価し、悪い面は過小評価する心理のため、実際の評価よりも寛大(全体的に良い)な評価となります。こ …

ブーメラン効果(ブーメラン現象/説得の逆効果)

ブーメラン効果は物事の結果がブーメランの軌道の様に投げた当事者へと戻ってくる現象です。ブーメラン効果は主に負の要素が戻ってくる現象を指す事が多いです。嫌悪感を抱いている時に干渉されるとより強い嫌悪感を …

透明性の錯覚

透明性の錯覚は、自分の内向的状態の情報伝達を過大評価する心理的傾向です。自分の考えや感情を他者が理解していると考える現象で、時には心を読まれていると感じることもあります。 透明性の錯覚が起こる理由 透 …

初頭効果

初頭効果は最初に与える影響が大きい現象です。最初に与えられる刺激に対しては感情的に受け止める事が多いです。最初は未知の部分がほとんどで、その未知の部分に対して予想を立てる事で、合理的な判断と異なった印 …

親和欲求(親和動機)

親和欲求は他者と友好的になりたいと思う心理です。人は基本的に他者と友好的になりたい気持ちがあります。これは生存率が集団で生活した方が高いためだと思います。しかし、親和欲求は状況によって強くなったり、弱 …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ