帰結主義(結果主義) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

帰結主義(結果主義)

投稿日:

帰結主義は結果を重要視し、その結果から行動が正しいのかを判断します。

基本的に何かを進めるには行動を行った後に結果が生まれます。
帰結主義では結果を見る事で、その行動が有効かを判断します。

帰結主義では努力しても報われない事があります。
努力は結果までの過程です。
そのため、帰結主義で重要視されている結果という要素がなければ、その努力は評価されません。
また、反対に努力しなくとも結果が出せればそれは評価されます。

具体例

学校のテストを例に考えます。

テストで60点を取るAさんBさんがいます。

Aさんは授業を理解しテスト前に勉強することなく60点を取ります。
Bさんは授業をあまり聞かないため、テスト前にテスト範囲のみを勉強をして60点をとります。

どちらも同じ60点ですが、知識量に差がでます。
Aさんはテスト範囲外がでてもそれなりの点数を取ることができるはずです。
しかし、Bさんはテスト範囲外の内容はわかりません。

授業時間内に必要な知識を得ているAさんはBさんよりも勉強時間は短く、多くの知識を得ています。

多くの時間と知識を得られたAさんの方が私は優秀だと思いますが、帰結主義ではどちらも同じ点数を取っているため同じ評価となります。

まとめ

帰結主義では結果に重点を置いた判断が行われます。
そのため、どのような手段で目標を達成したかを問いません。

本来であれば同じ目標を達成しても、その過程で異なる知識や経験を得る事がその後の伸びしろに影響を及ぼす事が考えられます。

しかし、それでも帰結主義が推奨されるのは、結果に至るまでの経緯を確認する事が困難なためです。

個人が結果を出すための過程を全て見ている事はとても難しいです。
遊んでいるように見えても、裏で努力している人はたくさんいます。
そして、そういう人達は何食わぬ顔で努力し、その努力を自慢したりはしない事が多いです。

社会にでるとより一層差が生まれます。

日本人が学校を卒業してからの平均勉強時間は数分です。
しかし、勉強をしていない方が多くいます。
つまり、長時間勉強を行って平均勉強時間を上げている方がいるという事です。

備考

帰結主義は結果主義とも呼ばれ、結果を重視します。
その反対に、過程を重視するのが、非帰結主義と呼ばれます。

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

スポットライト効果

スッポットライト効果は他者からの認識を過剰に考えてしまい、自身が注目されていると錯覚をしてしまう現象です。自身の見られている意識と、周囲から見られている意識の差が大きい現象です。スポットライト効果は集 …

ザイガニック効果(ツァイガルニク効果)

ザイガニック効果は途中の状態が気になる心理です。ザイガニック効果は目標を達成できなかったり、中断している事についての印象が強く残るの心理で、目標に向かっている間は鮮明に記憶に残ります。特に進度が進むに …

サブリミナル効果

サブリミナル効果は認識できない刺激によって行動を誘導する効果です。サブリミナル効果で用いられる認識できない刺激は、サブリミナル刺激と言われ、意識や潜在意識よりも深い閾下知覚(いきかちかく)に刺激を与え …

メラビアンの法則(7-38-55ルール/3Vの法則)

メラビアンの法則は矛盾した情報に対しての影響に関する法則です。コミュニケーションを取ろうとすると、言語を用いて表現する事が主流です。その際に会話の内容以外にも多くの情報があります。しかし、会話の内容や …

スリーパー効果(仮眠効果)

スリーパー効果は発信源の情報が時間経過によって忘却される現象です。情報の内容の信頼性は情報の発信源の信頼性に比例します。しかし、「情報の内容」と「発信源の情報」では、「情報の内容」の方が記憶に残りやす …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援いただけると幸いです。


PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ