寛大効果(寛容効果/寛大化傾向) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

寛大効果(寛容効果/寛大化傾向)

投稿日:

寛大効果は他者の良い面は過大に悪い面は過少に評価する心理です。

寛大効果は他者の良い面は過大評価し、悪い面は過小評価するため、実際の評価よりも寛大な評価となります。

これは愛着を持つ事や自身が寛容な人間であると周囲へ周知されたい心理などのバイアスが働き陥りやすい心理とされています。

特にその人を深く理解していない状態の場合は不透明な要素が多いため、感情面の影響を多く受けます。(このような場合の多くは評価者の能力不足による影響が大きいです。)

このような傾向から寛大に対応する事が多いですが、本音とは別の可能性もあるため、気を付けなくてはいけません。

具体例

友人や家族や同僚など、親しい関係ではお互いにダメなところを言い合ったりしますが、他者へ紹介する時は良いところを誇大気味に伝えてしまう事があります。
その結果実際の評価(性格、能力、実力など)よりも寛大な評価(特に数値として表現しにくい部分について)となります。

この影響が誇張してしまうと、日常的に過度なストレスを受ける環境(心的外傷後ストレス障害を発症するような機能不全家族)でも周囲にはその事実を伝えられないなどの弊害が発生してしまいます。
その結果鬱病などを発症してしまう事もあります。

まとめ

寛大評価な紹介を受けた人は良い面を多く紹介されます。
そのため、仲の良い人に紹介してもらう事で好感度が通常よりも高くなりやすいです。
これは初対面で「良い人」というラベルを付けて紹介されるため、ラベリング効果ハロー効果の影響を受け、良い面がより強調されて認識されやすいためです。

また、寛大効果は人事評価などでも見られます。
そのため評価基準を明瞭化し、数値として検討する事は重要です。
特に人事評価の平均が全体的に向上傾向にある場合は寛大効果の影響を受けている可能性あります。
その反面、新入社員などの能力に未知数の部分が多く、親密度も低い場合は実際の能力や実力に満たない評価を付けてしまう可能性もあり、そのような場合は優秀な人材を失う可能性もあるので注意が必要です。

備考

寛大効果は寛容効果や寛大化傾向とも呼ばれます。

関連記事

 心的外傷後ストレス障害(PTSD)
 機能不全家族
 鬱病(うつびょう)
 ラベリング効果
 ハロー効果(後光効果/ハローエラー)

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

新奇恐怖症(ネオフォビア)

新奇恐怖はネオフォビア(neophobia)ともいわれ知らないものへの恐怖です。ネオフォビアの心理が働くのは生存本能による影響が強く。不確定な要素を減らす事で、生存確率を伸ばそうとする本能があります。 …

ベン・フランクリン効果

ベン・フランクリン効果は心の中で均衡を保とうとする心理です。論理的、心理的に納得できない場合、その要因を無意識で探します。これは脳がストレスを軽減するようできているためです。 矛盾によって起こるストレ …

囚人のジレンマ(社会的ジレンマ)

囚人のジレンマはお互い協力する方が、協力しないよりも良い結果になることが分かっていても、協力しない者が利益を得る状況ではお互いに協力しなくなるというジレンマです。 各個人が合理的に選択した結果が社会全 …

ロサダ比(ロサダの法則/3対1の法則)

ロサダ比(ロサダの法則)は「3対1の法則」とも呼ばれています。幸福になるためには感情の黄金比がポジティブ(※1)な感情3に対してネガティブ(※2)な感情が1になるという心理学の法則として提唱されました …

一貫性の法則(一貫性の原理)

一貫性の法則は、自分の行動や発言、態度など、最初から最後まで矛盾がない状態でありたいという心理傾向です。「一度始めれたら最後までやりたい」「途中で投げ出すのは良くない」などの心理です。誠実性や虚栄感、 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援いただけると幸いです。


PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ