学習無力感 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

学習無力感

投稿日:

学習無力感は、無力である事を学習してしまう心理です。

理不尽な事が起こる場合、通常はそれを回避しようと行動します。
しかし、回避する事が困難な状態が続くと、抵抗しても結果が変わらない事を学習するため、回避することをやめ無気力になってしまいます。

つまり、理不尽な事が継続して行われる環境では、次第にその理不尽を受け入れてしまいます。

理不尽な事はストレスが大きいので、ストレス過多な環境で過ごす事で心身共に疲弊してしまいます。

具体例(会社)

通常は職場で責任感のない上司が言動に一貫性がない場合、部下はその上司のいう事を聞かず、正しいと思ったことをするようになります。
しかし、これを無理やり従わせようとする会社の場合、部下は間違いを直す事をやめ、例え不利益が出ようと指示通りにやる様になります。
その結果会社は大きな損失を生む可能性があります。

具体例(家庭)

親が約束を守らない家庭では、子供は親との約束に興味を持たなくなります。
これは将来を見据えた考え方に興味を持たなくなることでもあります。

有名な実験でマシュマロ実験があります。
対象者は5才以下の子供で、テーブルの上にあるお菓子に手を付けずに、15分待つことができたらお菓子を倍あげるという実験です。

この実験の後に追跡調査を行った結果、待つことができた子供は十数年後も自制心が持続しているとされました。

まとめ

理不尽な結果がもたらされる環境では、考えても無駄な環境ですので、考える事をやめてしまいます。
そのため、将来的な影響がとても大きくなってしまいます。

また、考える事をやめてしまうと、自他共に能力が足りないと認識してしまう可能性が高くなるので注意が必要です。

備考

学習無力感は下記の様に呼ばれる事もあります。

  • 学習性絶望感
  • 獲得された無力感
  • 学習性無気力

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

茹でガエル現象(茹でガエルの法則/茹でガエル症候群)

茹(ゆ)でガエル現象は環境の変化に対応する事の危険性の例えで使われています。熱湯にカエルを入れるとカエルは逃げてしまいます。しかし、カエルを入れてから徐々に水温を上げていくと逃げるタイミングを失って、 …

バンドワゴン効果

バンドワゴン効果は流行に乗る心理です。バンドワゴン効果は同調効果の一種で大多数と共通の選択をしやすい心理効果です。そのため、みんなが持っているものを欲しくなったたり、みんながやっているからやったりする …

アンダードック効果(判官贔屓効果/負け犬効果)

アンダードック効果は立場や状況が劣勢な状況の人を応援したくなる心理現象です。アンダードック効果は弱い立場や劣勢な状況では同情や共感が集まるため、その状況を打開しようと頑張っている人を応援したくなる心理 …

初頭効果

初頭効果は最初に与える影響が大きい現象です。最初に与えられる刺激に対しては感情的に受け止める事が多いです。最初は未知の部分がほとんどで、その未知の部分に対して予想を立てる事で、合理的な判断と異なった印 …

オペラント条件付け

オペラント条件付けは、報酬と罰に適応して行動を行うように学習する事です。オペラント行動の概念は大きく二分され 報酬が与えれられれば報酬を目的に行動するようになります。罰を与えられれば罰を避けるために行 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ