学習無力感 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

学習無力感

投稿日:

学習無力感は、無力である事を学習してしまう心理です。

理不尽な事が起こる場合、通常はそれを回避しようと行動します。
しかし、回避する事が困難な状態が続くと、抵抗しても結果が変わらない事を学習するため、回避することをやめ無気力になってしまいます。

つまり、理不尽な事が継続して行われる環境では、次第にその理不尽を受け入れてしまいます。

理不尽な事はストレスが大きいので、ストレス過多な環境で過ごす事で心身共に疲弊してしまいます。

具体例(会社)

通常は職場で責任感のない上司が言動に一貫性がない場合、部下はその上司のいう事を聞かず、正しいと思ったことをするようになります。
しかし、これを無理やり従わせようとする会社の場合、部下は間違いを直す事をやめ、例え不利益が出ようと指示通りにやる様になります。
その結果会社は大きな損失を生む可能性があります。

具体例(家庭)

親が約束を守らない家庭では、子供は親との約束に興味を持たなくなります。
これは将来を見据えた考え方に興味を持たなくなることでもあります。

有名な実験でマシュマロ実験があります。
対象者は5才以下の子供で、テーブルの上にあるお菓子に手を付けずに、15分待つことができたらお菓子を倍あげるという実験です。

この実験の後に追跡調査を行った結果、待つことができた子供は十数年後も自制心が持続しているとされました。

まとめ

理不尽な結果がもたらされる環境では、考えても無駄な環境ですので、考える事をやめてしまいます。
そのため、将来的な影響がとても大きくなってしまいます。

また、考える事をやめてしまうと、自他共に能力が足りないと認識してしまう可能性が高くなるので注意が必要です。

備考

学習無力感は下記の様に呼ばれる事もあります。

  • 学習性絶望感
  • 獲得された無力感
  • 学習性無気力

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

正常性バイアス(恒常性バイアス/正常化の偏見)

正常性バイアスは自分にとって都合の悪い事を過小評価する心理です。認めなくない事などは突き詰めて考える事を放棄したりします。そして、その結果がどうなるのかを考慮する事をやめ、結果による被害を過小評価しま …

初頭効果

初頭効果は最初に与える影響が大きい現象です。最初に与えられる刺激に対しては感情的に受け止める事が多いです。最初は未知の部分がほとんどで、その未知の部分に対して予想を立てる事で、合理的な判断と異なった印 …

保有効果(授かり効果)

保有効果は自分が所有しているものは価値が高いと思う心理です。特に保有している期間が長い場合は高い価値を感じて手放したくないという気持ちが強くなります。そのため、客観的に判断した価値との差が大きくなりま …

カニバケツ効果(カニバケツ現象)

カニバケツ効果はカニバケツ現象や、蟹バケツなどと言われます。カニバケツの意味は足を引っ張りあう心理を指します。これは実際にカニをバケツの中に入れるとみられる現象が由来とされています。バケツにカニを一匹 …

アフォーダンス

アフォーダンスは環境が与える心理的な効果です。環境によった影響を受けていてもそれに気づかずに過ごしている事が多いです。例えば、水道の蛇口の形状は多種多様です。しかし、迷うことなく水を出すことができると …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ