収穫加速の法則 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

収穫加速の法則

投稿日:2020年11月23日 更新日:

収穫加速の法則は技術的革新のスピードは指数関数的な伸びを見せるという考えです。

収穫加速の法則は新しい発見や、既存の定義の証明が進む事で革新的な方法が次々と立証される事で、さらに次の革新的な方法の発見までの時間が短縮されていくという概念です。

つまり、一つの重要な発見は、次の発見の足掛かりとなる事で次第に発展速度が早くなります。

そのため、技術が発展する際には直線的な右肩上がりのグラフではなく、指数関数的な向上になると考えられています。

私たちの技術力は数世紀で大幅な急成長を遂げました。
このことから、技術的特異点(シンギュラリティ)も近いと考えられています。

収穫加速の法則の具体例

私たちが学校で習う事は基本的に過去の偉人たちが残してくれた功績のたまものです。

特に理系分野では私たちが証明する事が難しいような理論を使った学習を行います。

例えば化学式は化学反応を考える際に用いられます。
しかし、化学式を使うためにはその前提となる元素の理解から考えなくてはいけませんし、それれらを私たちが個人的に証明する事は難しいものが多いです。

これらの証明を最初から始めたら一生かけてそれだけで終わってしまいます。

しかし、私たちの祖先はこれらの多くの部分について、既に証明がされているため、それらの情報を基本として化学式を考える事ができます。

このように、私たちは何世代にもよって研究された結果を知識として使う事ができます。
そのため、技術革新は日々急成長を遂げています。

まとめ

私たちは祖先が残した過去の理論や法則などを知るだけで使う事ができます。

過去の偉人たちはその理論や法則などを証明するために膨大な時間を費やしましたが、そのおかげで私たちはそれらの証明を省くことができます。

このように過去の実績を活かす事で、新し革新的な技術の開発を行う際に大きく時間が短縮されます。

そのため、私たちはコロンブスの卵のように今まで常識だと考えられていた事を覆すような革新的な技術を発想する必要があります。

このようなコペルニクス的転回(コペ転/パラダイムシフト)的な発想は受け入れがたく、障害も多いです。

過去にも進み過ぎた研究は周囲がそれを理解できなかったり、感情的な問題によってその成果が受け入れられない事が何度もありました。

これはギフテッドのような過ぎた能力を持つ人達が浮きこぼれ(吹きこぼれ)てしまうのと同じで、社会全体にとって良い事ではありません。

私たちは自分の能力を過信せずに他者の意見を聞き入れる事は大切です。

そして、この事が理解されない場合、グレートフィルター理論で問題となる、自己破壊へつながってしまうのかもしれません。

関連記事

 技術的特異点(シンギュラリティ)
 コロンブスの卵
 コペルニクス的転回(コペ転/パラダイムシフト)
 ギフテッド
 浮きこぼれ(吹きこぼれ)

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

カサンドラ症候群(カサンドラ情動剥奪障害)

カサンドラ症候群は意思疎通に問題がある事で、身体・精神に影響及ぼす状態です。カサンドラ症候群は自閉症スペクトラム障害(アスペルガー症候群/ASD)の親族と一緒にいる時間が長い事が原因で、他者とのコミュ …

タレンテッド

タレテッドは芸術、運動など感覚的能力が高い人を指します。タレンテッドは先天的な素質や遺伝によって高い感性を持っていて、絵が上手、音楽が得意、話が面白い、運動が得意などEQ(イーキュー)が高くなる傾向が …

大数の法則(多数の法則)

大数の法則(たいすうのほうそく)は確率や統計の分母を大きくすることで理論値に近づく法則です。大数の法則は実験を証明する際の偏りを減らすために用いられることが多いです。試行回数が少ないと偏りによる影響が …

フェルミ推定(フェルミの問題)

フェルミ推定とはいくつかの手がかりを元に論理的な概算を求める方法です。求めたい数値を仮定とする情報を元に論理的に分析するため、答えのわからない問いに対しての一つの解決方法として重宝されています。しかし …

親殺しのパラドックス

親殺しのパラドックスは過去に戻り自分が生まれる前に親を殺した場合、自分が存在できるのかについての思考実験です。親殺しのパラドックスは、タイムマシンのように過去に戻れるという前提での推測となるため、論理 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ