原価 | あむぶろ 学校では教えてくれない大切なこと

お金

原価

投稿日:

原価はその製品を作成する際にかかる費用です。

原価を正確に把握するためには原価の計算を行う必要があります。
原価計算には材料費、労務費、経費などを計算する事で原価がわかります。

通常は原価に利益を載せて販売を行う事で、その製品が売却された時に利益が発生します。
しかし、慈善団体や公共事業などでは利益がないものもあります。

具体例

日本で使われている1円玉の製造コストは1円よりも高いです。
(2003年に1枚13円の赤字と考えられています。)
そのため、1円玉を発行すればするほど国にとっては損失が膨らみます。

しかし、1円玉を製造しない場合は利便性が損なわれるため経済的な損失が発生する可能性があります。

1円玉の材質はアルミニウム100%です。
アルミニウムは高い時期には300円/kgを超える事もあります。

1kg(1,000g)=300円とすると
1g=0.3円

つまり、1円玉の30%は原材料価格です。
ここに労務費や経費などが加算される事で1円の製造コストは1円を超えます。

近年の製造技術の発展により、2003年の13円の赤字とされていた時期よりも製造コストを抑える事に成功しています。
現在(2015年)では1円玉の製造コストは3円とされています。

技術が発展する事で製造コストを下げる事に成功した現在でも、1円を発行する事で損失が発生しています。

まとめ

製造する際には原価のみではなくその他の費用もかかります。
設計費・製造費・運搬費など製造にかかる費用は多種多様です。
この費用の合計が製造原価になります。

しかし、製造原価で商品を販売すると利益がありません。
そのため、製造したものには利益見込んだ商品価格をつけなくては商売は成立しません。

仮に1円玉を商品として運用するならば、製造費用が3円かかっているので、最低でも4円で売却しなくては商売は成り立ちません。

このように、実際にかかる費用の原価計算を行わなくては、取引をしていて利益がでているのかがわからなくなってしまいます。

備考

現在は1円よりも金属としてのアルミの価格の方が低いですが、仮にこれが逆転し、アルミの価格が1円を超えても、日本の法律では硬貨を故意に損傷・鋳潰す(いつぶす:溶かして素材として使う)事は貨幣損傷等取締法という法律によって禁止されています。



アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

運用報告(2022年5月末)

今月の経済状況 注目 ドル円は2月まで115円前後を推移していましたが3月から急に円安が加速して4月には130円程度まで急激に変化しました。今月は円高に少し傾き120円台後半で推移していたので、先月・ …

内在価値

内在価値は時価に左右されない本質的な価値です。主に投資の際に用いられる用語で、株式投資などで用いられる事が多いです。株式では株の需要と供給のバランスが一致する価格がその企業の株価となるため常に変動しま …

リボルビング払い(リボ払い)

リボルビング払いは分割払いの一種です。リボ払いは割賦販売(かっぷはんばい)の一種で、主にクレジットカードの支払いを分割して支払うカードローンの一種です。手軽に借り入れができる反面、基本的に金利(利息/ …

運用報告(2022年4月末)

今月の経済状況 注目 先月に引き続き今月もドル円の動きがとても激しく、先月「2021年の10月くらいから115円程度で推移していたドル円が3月に入ってからあっという間に122円台まで変動しました。」と …

ノーワーク・ノーペイ

ノーワーク・ノーペイは「働かなくして給料なし」という原則です。ノーワーク・ノーペイは会社などの組織の基本概念で、働いた分についての給料を支払わなくてはいけませんが、働いていない分についての給料は支払う …

Google AdSense



管理人


あむぶろ
管理人情報


名前:

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: f81fd2e4c52864042852c112ce927ae2-1.png鈴木 歩(すずき あゆむ)

自己紹介:

日本の未来を支える若者を応援したいので
「有料情報よりも価値がある情報を無料で
提供する」事を目指しています。


ブログについて:

当ブログでは生活をするためには大切でも
学校では教えもらえない事をメインに
取り扱っています。
知識のみではなく価値観を見直す事のできる
情報を提供したいと考えています。

外部リンク

応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ