単純接触効果(ザイアンスの法則) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

単純接触効果(ザイアンスの法則)

投稿日:2020年1月15日 更新日:

単純接触効果は接触回数が増加するほど好感度が増加する現象です。

最初は好感がなくても、接触回数(見たり聞いたり触れたり)が増加することで、その頻度に比例して好感が強くなり評価が高まっていきます。
これは人に限らず、物でも接触する機会が多いほど好感を得やすいです。
そのため広報などで活用される頃が多く、何度も繰り返し広告を見聞きする事で、好感度が上がります。
また、恋愛でその効果を活用できれば、恋を成就させるのに一役かってくれるはずです。

単純接触効果が高い条件

  • 接触回数>接触時間
     接触している時間よりも、回数が多いほうが好感を持たれやすいです。
     1回で1時間会うよりも、5分で12回の方が好感度が高いです。
     接触回数を稼ぐには挨拶が重要です。
  • 接触の方法は問いません。
     必ずしも会っていないと効果がないわけではありません。
     電話やメール、SNSでも効果が発揮されます。
  • 印象に残ることが大切です。
     印象に残る事で実際に接触がない時間も相手はあなたの事を考えます。
     良い印象が望ましいですが、嫌われない印象なら効果は十分に発揮されます。

具体的な方法

  • 基本は挨拶からです。
    短くても、接触回数を増やせる一番効果的な手段です。
    ポイントは印象に残る事、相手に聞こえないと意味がありません。
    相手から挨拶を返してもらえるような挨拶をしましょう。
  • 最初の10回は大きな分かれ目です。
    短期間で10回以上あっても好感度に大きな差はありません。しかし、この10回の質や間隔が重要です。
  • 接触回数を増やしてください。
    理想は毎日会う事です。しかし、毎日会う事が難しい方もいると思います。その場合は電話やメール、SNSなどの間接的な接触でも大丈夫です。
  • 印象に残るものや事を提供してください。
    プレゼントなどは簡単で印象に残りやすいです。
    あなたが上げたのを思い出す回数が多くなるものが望ましいです。
    例えば玄関を通すのが大変なほど大きい熊のぬいぐるみをプレゼントされたら、その人は熊のぬいぐるみを見るたびにあなたの事を思い出すはずです。

注意事項

単純接触効果は基本的には好感度をあげます。
しかし、元の評価が悪すぎると悪い評価が上がってしまいます。
つまり、嫌になっていきます。

そのため、相手に嫌われていない事が前提条件となります。
嫌われている状態で接触を繰り返してしまうと嫌悪感が強くなります。

そのため、好感度が下がる事はしないでください。
特に無理強いはしないでください。
相手の都合を考えず無理に会おうとすると好感度は下がってしまいます。
自分の会いたいという気持ちを抑える事は大切です。

まとめ

人は初めて接触する際は警戒心が強いです。
単純接触効果は会う頻度を増やすことで警戒心をとき、信頼を上げていく事で成り立ちます。
そのため、知り合って間もない関係であれば効果が大きく、特に最初の10回は重要とされています。
また、警戒心を解く事で信頼を得るので、信頼を損なうような事をしてしまうと効果の影響がなくなってしまいます。
わずかな接触時間、回数でも印象に残れば接触していない時間でも相手が考えてくれます。
そのため接触しない間も好感度が上がります。

備考

単純接触効果はアメリカの心理学者ロバート・ザイアンスが提唱したため、ザイアンス効果とも呼ばれます。

単純接触効果に近い現象で、対象を知るほど好感を持つようになる「熟知性の原則」や、肉体の距離と心の距離は比例するとする「ボッサードの法則」があります。

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

ザイガニック効果(ツァイガルニク効果)

ザイガニック効果は途中の状態が気になる心理です。ザイガニック効果は目標を達成できなかったり、中断している事についての印象が強く残るの心理で、目標に向かっている間は鮮明に記憶に残ります。特に進度が進むに …

カラーバス効果

カラーバス効果は意識していると認識しやすくなる現象です。カラーバス効果は視覚に限らず、聴覚、触覚など意識的に感じる事ができるもの全般に起きる現象です。毎日目にしていても詳細を覚えていない事はよくある事 …

一貫性の法則(一貫性の原理)

一貫性の法則は、自分の行動や発言、態度など、最初から最後まで矛盾がない状態でありたいという心理傾向です。「一度始めれたら最後までやりたい」「途中で投げ出すのは良くない」などの心理です。誠実性や虚栄感、 …

現状維持バイアス

現状維持バイアスは変化や知らないものを避ける心理です。人は安定を求める思いが強く、わからないものを恐怖として認識します。そのため、現状維持しようとする傾向が強いです。これには複数の心理的作用が働いてい …

レミニセンス効果

レミニセンス効果は情報を記憶した直後よりも一定時間たってからのほうが記憶をよく思い出せる現象です。基本的に脳は短期記憶と長期記憶を分けて記憶します。 短期記憶 短期記憶は短時間(数秒~数分)の記憶とさ …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ