出産手当金 | あむぶろ 学校では教えてくれない大切なこと

お金

出産手当金

投稿日:2020年9月11日 更新日:

出産手当金は出産で会社を休んだ時に支給されます。

出産するために会社を休んだ場合に給料を受け取る事ができない人が出産給付金を支給してもらう事ができます。

しかし、申請が必要なので必要な書類を用意し申請しましょう。

会社で申請の手続きを進めてくれる場合もありますし、自分で申請の手続きを進めないといけない場合もあります。

会社によって異なるので申請の方法は会社に確認していただく方が正確な情報がわかると思います。

出産手当金の条件

出産手当金を支給してもらうにはいくつかの条件があります。

  • 出産をするために会社を休み給料の支払いがない
  • 会社の健康保険に1年以上加入している
  • 妊娠4ヶ月(85日)以降に出産(早産、死産、流産、中絶など)した
  • 扶養にはいっていない
  • 自営業ではない

これらの条件を満たす場合に出産手当金を支給してもらえます。

出産手当金の対象期間(産休期間)

  • 出産予定日の6週間前から(42日間)
  • 出産予定日の8週間後まで(56日間)

出産前後の合計14週間(98日)が産休期間になります。
出産予定日よりも出産が遅れてしまった場合は産休期間も伸びます。
※出産日は産前にカウントされます。

支給される金額の目安

出産予定日の6週間前が支給開始日とし、産休が終わるまでの期間で算出されます。

基本的には日給の2/3が産休期間分の給付額になります。

出産手当金=平均月収÷30×産休日数×2/3
例えば、月収20万円で産休期間が98日の場合
 月収20万円÷30×産休期間98日×2/3≒44万円

出産給付金の目安

月収給付額
20万円44万円
25万円54万円
30万円65万円

※申請後、産休明けに受理され1~2か月しないと支給されません。

まとめ

出産手当金は産休前の収入と休んだ期間で変動します。
そのため、支給額には差があります。

また、出産手当金とは別に、出産育児一時金(通常42万円)や育児休業制度などの幼児を育てる環境を推進する制度があります。

これらの制度を利用する事で出産前と後で生活に大きな影響を与えないようにと配慮されています。

しかし、家族が一人増えると出費も増えます。

一般的には幼稚園から大学卒業まで、全て公立でも約1,000万円程度かかると考えられています。

無駄な支出は避けて将来に備える事も大切です。

関連記事

 出産育児一時金
 育児休業制度

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

マネースクリプト

マネースクリプトとは 概要 マネースクリプトはお金に対する価値観です。お金に対する価値観は過去の経験や知識から形成されているため、全く同じ価値観を持つ人と出会う事はとても珍しいです。しかし、お金の価値 …

リスクオン

リスクオンはリスクを好んで取る事です。通常はリスクが増加する事でリターンも増加します。つまり、リスクとリターンが比例するため、リスクを増やす事でハイリスクハイリターンとなります。つまり、リスクオンはリ …

現在価値(PV)

現在価値(PV)は現在を基準に価値を算出する方法です。ものの価値は変動しているため、同一のものでも過去・未来で異なった価値になります。(現在の価値を現在価値、未来の価値を将来価値と言います。)現在価値 …

内部者取引(インサイダー取引)

インサイダー取引は一般の投資家が知らない情報を利用し利益を上げる事です。会社関係者が重大な影響を与える未公開の事実を元に売買を行う事は一般投資家と比べ有利となります。そのため、会社関係者が利益を上げる …

複利効果

複利効果とは 概要 複利効果は運用で得た利益を再投資する事で投資元本を増やし、増やした元本によって得られる利益が増加していくため、単利よりも大きな利益を得る事ができる複利の効果です。複利効果で重要なの …

Google AdSense



管理人


あむぶろ
管理人情報


名前:

鈴木 歩(すずき あゆむ)

自己紹介:

日本の未来を支える若者を応援したいので
「有料情報よりも価値がある情報を無料で
提供する」事を目指しています。


ブログについて:

当ブログでは生活をするためには大切でも
学校では教えもらえない事をメインに
取り扱っています。
知識のみではなく価値観を見直す事のできる
情報を提供したいと考えています。

外部リンク

応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ