内部者取引(インサイダー取引) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

内部者取引(インサイダー取引)

投稿日:2020年2月18日 更新日:

インサイダー取引は一般の投資家が知らない情報を利用し利益を上げる事です。

会社関係者が重大な影響を与える未公開の事実を元に売買を行う事は一般投資家と比べ有利となります。
そのため、会社関係者が利益を上げる事は一般投資家よりも難易度が大幅に下がる不公正取引です。
このような事が横行してしまうと、市場の信頼度が低下し一般投資家がいなくなってしまいます。
そのため、金融商品市場の健全化を目指すべく、内部情報を利用して不当に利益を得る事は金融商品取引法によって禁止されています。
違反すると「不正に得た財産の没収(※1)」や、「懲役」、「罰金」などの罰則があります。
※1. 100万円が200万円になった際に没収されるのは200万円です。

また、会社関係者ではなくなっても、一定期間はインサイダー取引とみなされてしまうので注意が必要です。

具体例

決算で大幅な収益増が発表されれば基本的に株価はあがります。
そのため、株価が上がる前に購入し、上がった後に売却する事で利益を得る事ができます。
(株価が上がる前=決算発表前、株価が上がった後=決算発表後)
つまり、決算発表前に決算情報を知ることができれば、利益を得る事ができます。

しかし、通常は次期決算で収益が出ているかは確定情報とはなりません。
そのため、予想が決算報告と異なったてしまう場合は、利益を得る事が難しくなってしまいます。

まとめ

インサイダー取引が規制されるのは、金融市場の公正性や健全性を守ることで、一般投資家の信頼を得る事が重要視されているためです。
決められた法律となっています。
また、インサイダーとなるのは株式に限らず有価証券などを含み、日本に限らず海外でも不正とみなされる事が多いようです。

しかし、インタネーットの復旧をはじめ、技術が発展しているため、従来よりも不正がわかりやすくなりました。

しかし、簡単に大きな利益を得る事ができるためか、不正とわかっていてもしてしまう人が後を絶ちません。
そのため、インサイダー取引の罰則は従来よりも厳しくなっています。

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

金融事故

金融事故は重大な金銭トラブルです。金融情報は履歴が残る取引(クレジットカード・金融機関取引など)が蓄積され、そのデータは信用情報を取扱う機関で管理されます。そのため金融事故を起こすと金融事故情報として …

安全余裕率(経営安全率)

安全余裕率は売上に対して利益が占める割合です。売上高と損益分岐点との差を示す指標です。そのため、安全余裕率が高ければ損失への耐性が高くなります。つまり、経営の安全度を示す指標の一つとして考える事もでき …

民事再生(個人再生)

民事再生は借金を減額してもらう制度の一つです。民事再生は借金総額の全額返済見込みがない状態の人の借金総額を減額する制度で、減額後の借金を返済する事で減額された分の借金についても法律上の返済義務がなくな …

小規模個人再生

小規模個人再生は借金返済の一部を免除してもらう制度です。小規模個人再生は民事再生の一種で、借金の総額に対して収入が少ない状態が続く事で生活が困窮する方を対象に、借金の返済を法的に一部免除してもらう制度 …

難平(ナンピン)

難平(なんぴん)は売買方法の一種で、価格が下落した場合に買い足す方法です。難平のメリットは平均習得価格を下げる効果です。平均取得単価が下がることで上げ幅が少なくても利益が出やすくなります。その反面、投 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援いただけると幸いです。


PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ