世界五分前仮説 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

世界五分前仮説

投稿日:2020年11月11日 更新日:

世界五分前仮説は、「世界は五分前に始まった」という仮説です。

この仮説では、私たちの知識や記憶という根源的な要素が覆されます。
そのため、例えば5分以上前の記憶があるのはそのように創生されたためであると考えられます。
このように、根源的な要因が否定されるため、この考えを完全に否定する事はできません。

概要

世界5分前仮説の要点をまとめると

  • 世界は五分前に創生された。
  • 私たちの持つ過去の情報は、それを記憶した状態で創生された。
  • 過去と現在を結びつける必然的な結びつきはないため、過去が存在しなくてもそこには理論的な問題はありません。

過去との必然的な結びつきについて疑問に思う人も多いと思います。
これは、人の思考は基本的に知識や過去の経験からの推測によって導き出されるものとなっているため、その根源である知識や経験をもって生まれてしまえば、そこに必然性はなくなってしまいます。

具体例

日本の小~中学校の教育課程では基本的に留年はありません。
そのため、7歳ならば小学校1・2年生、14歳ならば中学校2・3年生となります。
しかし、そのような状態で5分前に創生され、5分前に創生された学童でも定められた年齢によって位置づけされます。

このように、条件を満たした状態で創生されているため、過去という概念は記憶や状況証拠としてあるだけで、実際に存在した証明にはなりません。

まとめ

世界5分前仮説は水槽の脳(水槽脳仮説)のように私たちが感じている根源的な要素を否定する考えです。

現在を生きる私たちが昨日の証拠としているものを、そのようにして作られていると言われてしまうのは水槽の脳(水槽脳仮説)でも考えられているものです。
このような根本的な要素を覆されると矛盾はないため否定する事は難しいです。

今現在の私たちはこれらの事を受け入れる事が難しい人が多いと思いますが、コペルニクス的転回(コペ転/パラダイムシフト)のように、認識が全て逆転することもあるのかもしれません。

関連記事

 水槽の脳(水槽脳仮説)
 コペルニクス的転回(コペ転/パラダイムシフト)



アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

水平思考(ラテラルシンキング)

水平思考はラテラルシンキングともいわれ、既成概念や固定観念のような前提条件に支配されない自由な発想です。物事を多面的に捉え、多くの視点から見て発想を広げ、新たな要素を取り入れたり、既存の要素を取り除く …

グレートフィルター(The Great Filter)

グレートフィルターは生命の特異点のようなもので、生命が次の段階に発展するための大きな障害となるものです。宇宙は広大であるため、私たちのような文明をもつ知的生命体が私たちの他にいなくてはおかしい(フェル …

シンプソンのパラドックス(ユール=シンプソン効果)

シンプソンのパラドックスは、統計において直観的な印象と事実が異なる現象です。 統計によって導き出された内容は、その統計の分析方法や収集の際の情報不足などの問題によって、正しい分析結果を導きだせない事が …

クオリア

クオリアは感覚意識やそれにともなう経験のことです。クオリアはなんらかの脳活動によって生み出されていますが、具体的なメカニズムはわかっていません。また、脳の活動でクオリアを生み出す場合と生み出さない場合 …

批判的思考(クリティカルシンキング)

批判的思考は客観的に物事を判断し、物事の本質を捉える能力です。常に正しいか疑い、事実を確かめ、本質を見極める事です。論理的思考のように論理だけでなく、経験や他者の表情や感情なども考慮し思考します。真実 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ