不安障害 | あむぶろ 学校では教えてくれない大切なこと

健康

不安障害

投稿日:2020年6月19日 更新日:

不安障害は不安や恐怖によって日常生活に支障をきたす症状です。

不安になる事は誰でもあります。
特に新しい事をするときは不安になり、心身共にストレスを受けるため、普段よりも疲労度が高くなるようなことがあると思いますが、その環境から離れることでストレスからは解放されます。

しかし、不安障害の人は些細な事でも不安を感じてしまうため、常にストレスを感じるためストレス過多な状態が続き心身共に疲弊してしまいます。

統計では10人中1人が不安障害になる事があるとされます。

不安症の症状

不安症は精神的な影響だけではなく、身体にも影響をあたえます。

精神的な症状身体的な症状
・常に不安
・疲れが取れない
・注意散漫
・感情の起伏が激しい
・睡眠不足
・動悸、過呼吸、めまい
・自律神経の乱れ
・血色が悪くなる
・体の震え、緊張
・筋肉や節々の痛み

このような症状が続くと心身共に疲弊し、状況が悪化する可能性があります。

不安障害が悪影響を及ぼしていると考えられているのは

などが代表的です。

などは不安症とは別のグループとして扱われています。

まとめ

不安障害は苦手意識が強いという認識に留まってしまう事もあるため、治療を受けない人も多いと考えられています。

精神的に安定しない時は十分な睡眠が効果的だと考えられていて疲労が原因が人の人には効果が高いです。
しかし、不安障害は遺伝・心的外傷・薬物・誤解ななどが原因の場合も多いと考えられています。
※科学的な根拠はありません。

そのため不安障害を少しでも疑うようならば病院への受診をオススメします。
不安障害は病院で適切な治療によって症状を改善する事ができるので、早期発見早期治療が望ましです。

関連記事

 ストレス
 パニック障害
 強迫性障害(OCD)
 急性ストレス障害(ASD)
 心的外傷後ストレス障害(PTSD)
 睡眠

アドセンス

アドセンス

-健康

執筆者:

関連記事

心的外傷後ストレス障害(PTSD)

心的外傷後ストレス障害(PTSD)は強い負の感情が心に残り生活に支障をきたす病気です。強烈なストレス(不安、恐怖、緊張など)が心に大きな負担を与える事で、通常は忘れられるはずの光景や感情が忘れられなく …

薬物依存症

薬物依存症とは 概要 薬物依存症は薬物を使っていないと不快になったり、使用を辞めようとしても辞められない状態です。薬物依存症となる主な要因として、違法な薬物を繰り返し摂取する事で得られる高揚感・幸福感 …

スーパースプレッダー

スーパースプレッダーは感染症を通常の想定以上に感染させる恐れのある感染源です。一般的な感染源は3人程度までへの感染で収束する一方で、スーパースプレッダーは10人以上へ感染させる感染源と定義され、数十人 …

フラストレーション

フラストレーションは欲求が満たされない事生じる不快な気持ちです。基本的に人はなにかしらの欲求がありますが、その欲求は常に満たせるものばかりではありません。欲求を満たすためには行動を起こそうとしますが、 …

算数障害(ディスカリキュア)

算数障害(ディスカリキュア)は計算が苦手な症状です。ディスカリキュア(dyscalculia)は学習障害(LD)の一種で、数の理解や扱い、計算などが困難症状です。原因は特定されていませんが、人口の3~ …

Google AdSense



管理人


あむぶろ
管理人情報


名前:

鈴木 歩(すずき あゆむ)

自己紹介:

日本の未来を支える若者を応援したいので
「有料情報よりも価値がある情報を無料で
提供する」事を目指しています。


ブログについて:

当ブログでは生活をするためには大切でも
学校では教えもらえない事をメインに
取り扱っています。
知識のみではなく価値観を見直す事のできる
情報を提供したいと考えています。

外部リンク

応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ