不安障害 | あむぶろ 学校では教えてくれない大切なこと

健康

不安障害

投稿日:2020年6月19日 更新日:

不安障害は不安や恐怖によって日常生活に支障をきたす症状です。

不安になる事は誰でもあります。
特に新しい事をするときは不安になり、心身共にストレスを受けるため、普段よりも疲労度が高くなるようなことがあると思いますが、その環境から離れることでストレスからは解放されます。

しかし、不安障害の人は些細な事でも不安を感じてしまうため、常にストレスを感じるためストレス過多な状態が続き心身共に疲弊してしまいます。

統計では10人中1人が不安障害になる事があるとされます。

不安症の症状

不安症は精神的な影響だけではなく、身体にも影響をあたえます。

精神的な症状身体的な症状
・常に不安
・疲れが取れない
・注意散漫
・感情の起伏が激しい
・睡眠不足
・動悸、過呼吸、めまい
・自律神経の乱れ
・血色が悪くなる
・体の震え、緊張
・筋肉や節々の痛み

このような症状が続くと心身共に疲弊し、状況が悪化する可能性があります。

不安障害が悪影響を及ぼしていると考えられているのは

などが代表的です。

などは不安症とは別のグループとして扱われています。

まとめ

不安障害は苦手意識が強いという認識に留まってしまう事もあるため、治療を受けない人も多いと考えられています。

精神的に安定しない時は十分な睡眠が効果的だと考えられていて疲労が原因が人の人には効果が高いです。
しかし、不安障害は遺伝・心的外傷・薬物・誤解ななどが原因の場合も多いと考えられています。
※科学的な根拠はありません。

そのため不安障害を少しでも疑うようならば病院への受診をオススメします。
不安障害は病院で適切な治療によって症状を改善する事ができるので、早期発見早期治療が望ましです。

関連記事

 ストレス
 パニック障害
 強迫性障害(OCD)
 急性ストレス障害(ASD)
 心的外傷後ストレス障害(PTSD)
 睡眠

アドセンス

アドセンス

-健康

執筆者:

関連記事

ソシオパス(反社会性パーソナリティ障害)

ソシオパスは反社会的な言動が目立つ状態です。ソシオパスは精神疾患の一種と考えられていて、社会的な規律や他者の感情などを軽視しする事が特徴的で、環境などの後天的要因からの影響が強いようです。そのため、共 …

論理療法(理性感情行動療法)

論理療法は心理療法の一種で、論理的な観点からメンタルケアを行う方法です。論理療法は心理的問題や生態的反応は論理的な思考が心理に影響を及ぼすというアルバート・エリスのABCDE理論(ABC理論)が基礎的 …

空気感染

空気感染とは 概要 空気感染は空気中を漂う病原体を吸い込む事で病気が発症してしまう事です。空気感染は空気を感染経路とするため感染者から離れていても感染してしまう可能性があるため、感染源の特定・観戦原因 …

全般性不安障害(GAD)

全般不安性障害は日常生活に問題がなくても不安な気持ちが常にある状態です。全般性不安障害は不安障害の一種とされていますが、不安の原因が漠然としているたため、その解決方法も明確になりません。そのため、不安 …

適応障害

適応障害は過度のストレスによって精神的・肉体的な障害がでる症状です。特定の状況や出来事によって過度のストレスを与えられる事で精神的・肉体的な障害が現れ適応障害となります。適応障害の一般的な定義としては …

Google AdSense



管理人


あむぶろ
管理人情報


名前:

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: f81fd2e4c52864042852c112ce927ae2-1.png鈴木 歩(すずき あゆむ)

自己紹介:

日本の未来を支える若者を応援したいので
「有料情報よりも価値がある情報を無料で
提供する」事を目指しています。


ブログについて:

当ブログでは生活をするためには大切でも
学校では教えもらえない事をメインに
取り扱っています。
知識のみではなく価値観を見直す事のできる
情報を提供したいと考えています。

外部リンク

応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ