一貫性の法則(一貫性の原理) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

一貫性の法則(一貫性の原理)

投稿日:2019年12月18日 更新日:

一貫性の法則は、自分の行動や発言、態度など、最初から最後まで矛盾がない状態でありたいという心理傾向です。
「一度始めれたら最後までやりたい」「途中で投げ出すのは良くない」などの心理です。
誠実性や虚栄感、責任感が強い方や、理性的な方はこの法則に沿いやすいです。
特に集団の中や、注目されている状況ではより顕著におこります。

一貫性の法則が生まれる2つの理由

 1. 他者からの評価

社会生活を送るうえでは誠実性、論理性が大切です。
誠実で論理的な方は他者からの信頼も厚く、良い評価を受けます。
そのため、一貫性がなく支離滅裂な言動が目立つ方は他者からの評価が下がってしまう可能性が高いです。
オオカミ少年で知られるように、評価が下がりきってしまった方の発言はそれが他者を守るためであったとしても、耳を傾けてくれる方はいなくなってしまいます。

  2 . 行動のパターン化

行動をパターン化する事によって選択回数を減少させる事ができます。
選択回数を減少させる必要性について、疑問に思う方もいると思いますが、脳は1日に処理できる上限があるため、選択回数にも上限があるとされています。
この上限を超えた選択を迫られると、間違った選択や、欲望のままに選択をしてしまいます。
しかし、小さい選択も含めると1日当たり数万回の選択を行うとも言われているため、少しでも選択の回数を減らして、脳への負担を抑える事によって、より良い選択を行えます。

具体例

仕事を始めるまではやりたくないと思っていても、初めると気づいたら数時間経過している事などありませんか?
これは一貫性の法則によるもので、仕事を始めAが終わったらBも処理する、Bも終わったらCも処理するとパターン化されている事が多いからです。
自然な流れで、次々と仕事が処理されていくため不自然さがありません。
不自然さが少ない状態は脳が意思決定を行いやすいです。
このため、流れが終わるまでが一連の動作となります。

応用

一貫性の法則はビジネスで応用されています。
有名なのは、段階的要請法(フット・イン・ザ・ドア・テクニック)や特典除去方法(ローボール・テクニック)です。
どちらも小さな要求を先に通し、その後徐々に要求を大きくしていき、最終的に目標の要求を通す手法です。

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

透明性の錯覚

透明性の錯覚は、自分の内向的状態の情報伝達を過大評価する心理的傾向です。自分の考えや感情を他者が理解していると考える現象で、時には心を読まれていると感じることもあります。 透明性の錯覚が起こる理由 透 …

熟知性の原則

熟知性の原則は相手の事を知れば知るほど好きになるものです。人は知らないものに対して恐怖や敵意がわきます。そのため、他者を知る事でその恐怖や敵意が払拭(ふっしょく)されていきます。 ジョハリの窓で知られ …

損失回避性(損失回避の法則/プロスペクト理論)

損失回避性は、利益から得られる満足感よりも、損失による不満感を大きく評価する心理です。つまり、損をしたくないという感情が強いという事です。人は失う事に対して強い嫌悪感を示します。これは生き残るために遺 …

ラベリング効果

ラベリング効果はそのものの本質ではなく、提示されたラベルによる効果です。ラベルング効果は周囲が評価するための指標です。基本的には一番最初にだれかがラベルを張り、その後は周知されたり、変更されたりが繰り …

カラーバス効果

カラーバス効果は意識していると認識しやすくなる現象です。カラーバス効果は視覚に限らず、聴覚、触覚など意識的に感じる事ができるもの全般に起きる現象です。毎日目にしていても詳細を覚えていない事はよくある事 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ