ロングテールの法則(ログテール効果/ロングテール現象) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

ロングテールの法則(ログテール効果/ロングテール現象)

投稿日:2019年12月22日 更新日:

ロングテールの法則は、高成績は一部でその他の需要は大幅に下がっている現象です。
成績が悪いものは、成績が良いものの成績をさらに向上させることもあります。

商品販売などで考えるとわかりやすいです。
パレートの法則を参考にした場合、高成績の分布は上位2割の商品が8割のシェアを占め、残りの8割の商品は全体の2割のシェアとなります。

ロングテールの法則は8割の商品に注目した概念です。
販売戦略として、この8割を削減する事で、全体の成績が向上するように思います。
しかし、それは必ずしもそうではありません。

具体例

スーパーにお買い物に行きます。
お肉や魚、お惣菜などの消費しやすいものは販売数が多い売れ筋商品です。
調味料や洗剤などの消費が少ないものは販売数少ない商品です。
あるお店とないお店では、一回で用事が済むお店へと足を運びます。
一店舗で欲しい商品が全て揃えば多少高くても、購入する傾向が強いです。

備考

具体例のような現象によってスーパーや百貨店などは成長しました。
しかし、近年になり、ネットショップが豊富な商品を取り扱うようになりました。
基本的に売ってない物はないほどです。
このような状態になると商品はネットショップで購入する方が増加していきます。
その結果ネットショップの一部では売れ筋上位2割よりもその他8割の売り上げの方が多いという現象までおきています。

これは店頭で陳列する必要がないため、場所を比較的確保しやすく、その結果売れ筋以外の商品の取り扱いを豊富にすることができます。

成績が良いものを集めるだけではなく、成績が悪いものでもそろえる事によって、消費者になんでもある、ここになければどこにもない、という気持にさせる事で全体の成績を上げる事に成功しているものもあります。

※ここでは解説のため上位2割とその他8割に分類して記載しましたが、この割合は異なる事があります。

関連記事

 パレートの法則(働きアリの法則/ばらつきの法則)

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

パレートの法則(働きアリの法則/ばらつきの法則)

パレートの法則は集団の上位2割がその集団の8割を占める活躍をしているという原理です。ここから、2対8の法則や、8対2の法則ともいわれます。 パレートの法則は2:6:2に分けて分析を行います。上位の2割 …

アンダードック効果(判官贔屓効果/負け犬効果)

アンダードック効果は立場や状況が劣勢な状況の人を応援したくなる心理現象です。アンダードック効果は弱い立場や劣勢な状況では同情や共感が集まるため、その状況を打開しようと頑張っている人を応援したくなる心理 …

サトルネガティブ

サトルネガティブは質問に対してどう答えても正解になる質問の仕方です。サトルネガティブで使うのは基本的に否定疑問文です。これは否定疑問文に対する答えを「YES・NO」で答える事は難しいため、質問なのか否 …

損失回避性(損失回避の法則/プロスペクト理論)

損失回避性は、利益から得られる満足感よりも、損失による不満感を大きく評価する心理です。つまり、損をしたくないという感情が強いという事です。人は失う事に対して強い嫌悪感を示します。これは生き残るために遺 …

ハロー効果(後光効果/ハローエラー)

ハロー効果は認知バイアスの影響で顕著な特徴が過大に捉えられる現象です。後光効果やハローエラーとも呼ばれます。ハロー効果は特徴的な印象を元に先入観で情報を予想するため、実際の人物像とは異なった現象となる …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ