レミニセンス効果 | あむぶろ 学校では教えてくれない大切なこと

心理学

レミニセンス効果

投稿日:2020年4月18日 更新日:

レミニセンス効果は情報を記憶した直後よりも一定時間たってからのほうが記憶をよく思い出せる現象です。

基本的に脳は短期記憶と長期記憶を分けて記憶します。

短期記憶
  • 短期記憶は短時間(数秒~数分)の記憶とされています。
  • 情報を整理しないまま乱雑に記憶します
  • メモ帳をイメージしてみてください。
長期記憶
  • 長期記憶は長期間(数時間~数十年)の記憶とされています。
  • 要点をまとめ、整理整頓し保管します。
  • ノートをイメージしてみてください。

このようにそれぞれの役割があるため、時間を空け整理し保存された長期記憶の方が鮮明に思い出せる現象(レミニセンス効果)が発生します。

具体例

お財布の中身を確認します。

硬貨の種類枚数金額
1円玉5枚5円
5円玉4枚20円
10円玉4枚40円
50円玉1枚50円
合計14枚115円

内訳を1分後に覚えていられる方よりも、1時間後に覚えていられる方は少ないと思います。
しかし、この合計が115円である事を覚えている事は簡単です。
そして思い出せない内訳も忘れているのではなく、重要度が低い情報として記憶の奥深くにしまわれています。
なにかのきっかけで重要度が低かった情報が必要になった時にも思い出す事ができるのが人間の脳です。

これは情報を整理し、必要な情報を効率よく処理するための仕組みです。

まとめ

見聞きしたものは基本的には短期記憶に記憶されます。
しかし、その記憶できる情報量には限界があるため、重要な記憶は長期記憶に記憶されます。

長期記憶にシフトされた重要な記憶は要点を抑えて整理されるため、記憶が鮮明になります。
また、記憶の底に眠った思い出せない情報は、生活での優先度が低い情報のため、必要になるまでその記憶が思い出せないという事も記憶には残らない事が多いです。

このように脳を整理するために、人が寝ている時は脳の整理に時間を割いています。
そのため、良質な睡眠をとれない場合には脳の中では情報が整理されずに散らかったままとなってしまうため、作業効率が低下してしまいます。

頭をたくさん使ったら睡眠をしっかりとる事で、脳が整理され作業効率が向上します。
そのため、テスト勉強などを寝ずにやるよりも、集中して勉強を行い仮眠をとる方が効果的です。

関連記事

 仮眠
 睡眠

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

ABCDE理論(ABC理論)

ABCDE理論(ABC理論)は受け取り方で解釈が異なるとする考えです。ABCDE理論はA~Eの流れで物事を結論まで導くとする考え方です。A=Activating event(出来事・環境)B=Beli …

ダニング=クルーガー効果

ダニング=クルーガー効果とは 概要 ダニング・クルーガー効果は「能力が低い人ほど自己評価が高く、能力が高い人ほど自己評価が低い」評価になってしまう現象です。ダニングクルーガー効果が起きてしまう原因はそ …

茹でガエル現象(茹でガエルの法則/茹でガエル症候群)

茹(ゆ)でガエル現象は環境の変化に対応する事の危険性の例えで使われています。熱湯にカエルを入れるとカエルは逃げてしまいます。しかし、カエルを入れてから徐々に水温を上げていくと逃げるタイミングを失って、 …

教師期待効果(ピグマリオン効果/ローゼンタール効果)

教師期待効果は心理行動の一つで、教育者が学習者に対して期待をする事で、成績の向上に影響を与える効果です。教師に期待されることでその期待に応じた働きを見せる心理行動です。教師期待効果、ピブマリオン効果、 …

囚人のジレンマ(社会的ジレンマ)

囚人のジレンマ(社会的ジレンマ) 概要 囚人のジレンマは最善策がわかっていても協力して成し遂げることは難しいという定説です。お互い協力する方が協力しない方がメリットが大きいという結果がわかっているにも …

Google AdSense



管理人


あむぶろ
管理人情報


名前:

鈴木 歩(すずき あゆむ)

自己紹介:

日本の未来を支える若者を応援したいので
「有料情報よりも価値がある情報を無料で
提供する」事を目指しています。


ブログについて:

当ブログでは生活をするためには大切でも
学校では教えもらえない事をメインに
取り扱っています。
知識のみではなく価値観を見直す事のできる
情報を提供したいと考えています。

外部リンク

応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ