レミニセンス効果 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

レミニセンス効果

投稿日:2020年4月18日 更新日:

レミニセンス効果は情報を記憶した直後よりも一定時間たってからのほうが記憶をよく思い出せる現象です。

基本的に脳は短期記憶と長期記憶を分けて記憶します。

短期記憶
  • 短期記憶は短時間(数秒~数分)の記憶とされています。
  • 情報を整理しないまま乱雑に記憶します
  • メモ帳をイメージしてみてください。
長期記憶
  • 長期記憶は長期間(数時間~数十年)の記憶とされています。
  • 要点をまとめ、整理整頓し保管します。
  • ノートをイメージしてみてください。

このようにそれぞれの役割があるため、時間を空け整理し保存された長期記憶の方が鮮明に思い出せる現象(レミニセンス効果)が発生します。

具体例

お財布の中身を確認します。

硬貨の種類枚数金額
1円玉5枚5円
5円玉4枚20円
10円玉4枚40円
50円玉1枚50円
合計14枚115円

内訳を1分後に覚えていられる方よりも、1時間後に覚えていられる方は少ないと思います。
しかし、この合計が115円である事を覚えている事は簡単です。
そして思い出せない内訳も忘れているのではなく、重要度が低い情報として記憶の奥深くにしまわれています。
なにかのきっかけで重要度が低かった情報が必要になった時にも思い出す事ができるのが人間の脳です。

これは情報を整理し、必要な情報を効率よく処理するための仕組みです。

まとめ

見聞きしたものは基本的には短期記憶に記憶されます。
しかし、その記憶できる情報量には限界があるため、重要な記憶は長期記憶に記憶されます。

長期記憶にシフトされた重要な記憶は要点を抑えて整理されるため、記憶が鮮明になります。
また、記憶の底に眠った思い出せない情報は、生活での優先度が低い情報のため、必要になるまでその記憶が思い出せないという事も記憶には残らない事が多いです。

このように脳を整理するために、人が寝ている時は脳の整理に時間を割いています。
そのため、良質な睡眠をとれない場合には脳の中では情報が整理されずに散らかったままとなってしまうため、作業効率が低下してしまいます。

頭をたくさん使ったら睡眠をしっかりとる事で、脳が整理され作業効率が向上します。
そのため、テスト勉強などを寝ずにやるよりも、集中して勉強を行い仮眠をとる方が効果的です。

関連記事

 仮眠

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

バーナム効果(フォアラー効果)

バーナム効果は個人を診断する準備行動の後に、誰にでも該当する曖昧で一般的な特徴を示すことで、個人の特徴でるあると錯覚させる心理学の現象です。占いでよく用いられ、生年月日や名前などの個人情報を聞き出す事 …

新奇恐怖症(ネオフォビア)

新奇恐怖はネオフォビア(neophobia)ともいわれ、知らないものへの恐怖を指します。ネオフォビアの心理が働くのは生存本能による影響が強いです。人は生存確率を伸ばすために、不確定な要素を減らそうとす …

パーキンソンの法則

パーキンソンの法則は余裕があるとそれを使い切ってしまう心理です。第1法則と第2法則に分類されていますが、どちらも与えられた分を使い切ってしまうという点は同じです。 第1の法則について 期限が決められて …

決定麻痺

決定麻痺は選択回数が多くなるほど適切な決定が難しくなる心理効果です。複数の選択肢から選択するためにはエネルギーを使います。選択は朝出かける間に服を選んだり、髪型が整っているか整っていないかなどの判断も …

ロングテールの法則(ログテール効果/ロングテール現象)

ロングテールの法則は、高成績は一部でその他の需要は大幅に下がっている現象です。成績が悪いものは、成績が良いものの成績をさらに向上させることもあります。商品販売などで考えるとわかりやすいです。パレートの …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ