レミニセンス効果 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

レミニセンス効果

投稿日:

レミニセンス効果は情報を記憶した直後よりも一定時間たってからのほうが記憶をよく思い出せる現象です。

基本的に脳は短期記憶と長期記憶を分けて記憶します。

短期記憶

  • 短期記憶は短時間(数秒~数分)の記憶とされています。
  • 情報を整理しないまま乱雑に記憶します
  • メモ帳をイメージしてみてください。

長期記憶

  • 長期記憶は長期間(数時間~数十年)の記憶とされています。
  • 要点をまとめ、整理整頓し保管します。
  • ノートをイメージしてみてください。

このようにそれぞれの役割があるため、時間を空け整理し保存された長期記憶の方が鮮明に思い出せる現象(レミニセンス効果)が発生します。

具体例

お財布の中身を確認します。

種類枚数小計
1円玉5枚5円
5円玉4枚20円
10円玉4枚40円
50円玉1枚50円

内訳を1分後に覚えていられる方よりも、1時間後に覚えていられる方は少ないと思います。
しかし、この合計が1,150円である事を覚えている事は簡単です。
そして思い出せない内訳も忘れているのではなく、重要度が低い情報として記憶の奥深くにしまわれています。
なにかのきっかけで重要度が低かった情報が必要になった時にも思い出す事ができるのが人間の脳です。

これは情報を整理し、必要な情報を効率よく処理するための仕組みです。

まとめ

見聞きしたものは基本的には短期記憶に記憶されます。
しかし、その記憶できる情報量には限界があるため、重要な記憶は長期記憶に記憶されます。

長期記憶にシフトされた重要な記憶は要点を抑えて整理されるため、記憶が鮮明になります。
また、記憶の底に眠った思い出せない情報は、生活での優先度が低い情報のため、必要になるまでその記憶が思い出せないという事も記憶には残らない事が多いです。

このように脳を整理するために、人が寝ている時は脳の整理に時間を割いています。
そのため、良質な睡眠をとれない場合には脳の中では情報が整理されずに散らかったままとなってしまうため、作業効率が低下してしまいます。

頭をたくさん使ったら睡眠をしっかりとる事で、脳が整理され作業効率が向上します。
そのため、テスト勉強などを寝ずにやるよりも、集中して勉強を行い仮眠をとる方が効果的です。

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

統制の所在(帰属意識の在処/ローカスオブコントロール)

統制の所在はローカスオブコントロールや帰属意識の在処などと呼ばれ、評価を受けた際、責任の所在が内側か、外側か分類する考え方です。周囲のせいにする方が精神的に安定しますが成長には繋がりません。そのため、 …

相補性の法則

相補性(そうほせい)の法則は自分と対照的な人に惹かれる心理です。自分と対照的な性格や長所を持った人に惹かれる人は多いと思います。これは自分の不足しいている部分(欠点)を補ってくれる相手を無意識で求める …

熟知性の原則

熟知性の原則は相手の事を知れば知るほど好きになるものです。人は知らないものに対して恐怖や敵意がわきます。そのため、他者を知る事でその恐怖や敵意が払拭(ふっしょく)されていきます。 ジョハリの窓で知られ …

ブーメラン効果(ブーメラン現象/説得の逆効果)

ブーメラン効果は物事の結果がブーメランの軌道の様に投げた当事者へと戻ってくる現象です。ブーメラン効果は主に負の要素が戻ってくる現象を指す事が多いです。嫌悪感を抱いている時に干渉されるとより強い嫌悪感を …

スポットライト効果

スッポットライト効果は他者からの認識を過剰に考えてしまい、自身が注目されていると錯覚をしてしまう現象です。自身の見られている意識と、周囲から見られている意識の差が大きい現象です。スポットライト効果は集 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援いただけると幸いです。


PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ