リスクオン | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

リスクオン

投稿日:2020年4月2日 更新日:

リスクオンはリスクを好んで取る事です。

通常はリスクが増加する事でリターンも増加します。
つまり、リスクとリターンが比例するため、リスクを増やす事でハイリスクハイリターンとなります。

つまり、リスクオンはリターンを多く獲得したいのが主な理由となります。

金融緩和や景気回復によって景気が良くなると、経済に対する先行き明るくなる事で、投資リスクに対して楽観視する方が増加し、金融危機意識の低下が社会全体に広まります。

しかし、その反面利益も薄くなるため、リスクが高い投資を選択する方が増加します。

具体例

100株100万円のA社株があるとします。
配当金が5万円とすると配当利回りは5%となります。

景気が良くなる場合
100株で150万円となったとします。
配当金が5万円とすると配当利回りは3%となります。

景気が悪くなる場合
100株で50万円となったとします。
配当金が5万円とすると配当利回りは10%となります。

景気が良くなることで配当利回りが低下します。
景気が悪くなることで配当利回りが向上します。

景気が悪くなる場合は倒産のリスクなどが向上しているため、投資家がリスクを回避するために株が売りにだされます。

反対に景気が良くなるとリスクが現象するため、投資家が株を購入するようになります。
しかし、株価が上がれば利益率も低下します。

そのためより多くのリターンが見込める投資先を検討するようになります。

まとめ

景気が良くなると投資リスクの減少と資金の増加が起こり、不景気の時よりも投資の需要が高まります。
そのため、投資家が積極的にリスクを取るようになります。
そこで、リスクが高くリターンが多く望めるハイリスクハイリターンな投資需要も増加します。
このように経済の先行きが明るいためリスクを取る投資家が多い状態はリスクオン相場と言われ、景気が良くなっている兆候です。

このような相場ではフルインベストメントを行う方もいますが、いつ相場の下落が起こるかわかりません。
「災害は忘れたころにやってくる」と言われるように、生活防衛資金の確保は必ず行ってください。

備考

リスクオンはリスク選好やリスク志向とも呼ばれます。
リスクオンはリスクを増やす事、反対にリスクオフはリスクを減らす事です。

関連記事

 生活防衛資金
 フルインベストメント

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

金利(利息/利子)

金利は借金に対しての追加費用です。お金の貸し借りを行う際には、貸す側は返ってこない可能性が有る事ため、見返りがなければお金を貸すメリットがありません。そのため、基本的にはお金を借りる際には元本に追加し …

iDeCo(イデコ)・個人型確定搬出年金

iDeCoの詳細はお取引機関で確認お願いいたします。この記事では、 iDeCoの仕組がお得かを考察しています。iDeCoは基本的に60才まで引き出せない積み立てですから、始める前にしっかりと調べたいで …

限界利益(貢献利益)

限界利益は売上から変動費を引いたものです。限界利益は損益計算特融の計算方法で、売上から変動費を引いて計算を行うため、基本的には売上の増加とともに増加する費用です。限界利益の計算式は  限界利益=売上高 …

心理会計(メンタルアカウンティング)

心理会計はメンタルアウカウンティングや心の会計、心の家計簿など多くの呼び方があります。いずれもお金の使用目的や入手方法によって評価が異なる心理です。勘定項目毎に価値が異なり、平均評価額が心の中で決まっ …

マネースクリプト

マネースクリプトはお金に対する価値観です。マネースクリプトを大まかんに分類すると4つに分割する事ができます。分類された傾向や特徴を見る事で、自分の価値観を認識し、苦手な事を理解し改善しやすくなります。 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ