リスクオン | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

リスクオン

投稿日:2020年4月2日 更新日:

リスクオンはリスクを好んで取る事です。

通常はリスクが増加する事でリターンも増加します。
つまり、リスクとリターンが比例するため、リスクを増やす事でハイリスクハイリターンとなります。

つまり、リスクオンはリターンを多く獲得したいのが主な理由となります。

金融緩和や景気回復によって景気が良くなると、経済に対する先行き明るくなる事で、投資リスクに対して楽観視する方が増加し、金融危機意識の低下が社会全体に広まります。

しかし、その反面利益も薄くなるため、リスクが高い投資を選択する方が増加します。

具体例

100株100万円のA社株があるとします。
配当金が5万円とすると配当利回りは5%となります。

景気が良くなる場合
100株で150万円となったとします。
配当金が5万円とすると配当利回りは3%となります。

景気が悪くなる場合
100株で50万円となったとします。
配当金が5万円とすると配当利回りは10%となります。

景気が良くなることで配当利回りが低下します。
景気が悪くなることで配当利回りが向上します。

景気が悪くなる場合は倒産のリスクなどが向上しているため、投資家がリスクを回避するために株が売りにだされます。

反対に景気が良くなるとリスクが現象するため、投資家が株を購入するようになります。
しかし、株価が上がれば利益率も低下します。

そのためより多くのリターンが見込める投資先を検討するようになります。

まとめ

景気が良くなると投資リスクの減少と資金の増加が起こり、不景気の時よりも投資の需要が高まります。
そのため、投資家が積極的にリスクを取るようになります。
そこで、リスクが高くリターンが多く望めるハイリスクハイリターンな投資需要も増加します。
このように経済の先行きが明るいためリスクを取る投資家が多い状態はリスクオン相場と言われ、景気が良くなっている兆候です。

このような相場ではフルインベストメントを行う方もいますが、いつ相場の下落が起こるかわかりません。
「災害は忘れたころにやってくる」と言われるように、生活防衛資金の確保は必ず行ってください。

備考

リスクオンはリスク選好やリスク志向とも呼ばれます。
リスクオンはリスクを増やす事、反対にリスクオフはリスクを減らす事です。

関連記事

 配当金
 生活防衛資金
 フルインベストメント

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

安全余裕率(経営安全率)

安全余裕率は売上に対して利益が占める割合です。売上高と損益分岐点との差を示す指標です。そのため、安全余裕率が高ければ損失への耐性が高くなります。つまり、経営の安全度を示す指標の一つとして考える事もでき …

無リスク資産(リスクフリー資産)

無リスク資産はリスクが少なく収益が得られる安全性の高い資産を指します。一般的に元本が保証された安全資産を指します。国債、銀行貯金などが主に該当します。完全にリスクが存在しない事はありませんが、国債は国 …

複利効果

複利効果は運用で得た利益を再投資する事で元本を増やし、増やした元本によって利益が増加していく効果です。当然利回りが良いほど利幅が膨らみますが、複利効果ではこの利回りが非常に重要な要素となってきます。 …

親リッチ

親リッチは大きな資産を持つ親の子供で、生活面をはじめとして様々な支援を期待できる環境にある人です。一般的に、お金持ちと呼ばれる富裕層は資産1億円以上を指す事が多く、富裕層の家庭で育つ子供は親リッチと呼 …

アセットアロケーション(資産配分)

アセットアロケーションは各資産の配分です。資産には種類があり各資産毎に期待できるリターンやリスクが異なります。そのため、投資資金を複数の異なる資産として保有する事で、リスクを抑えながら投資を行う事がで …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ