リスクアセスメント | あむぶろ 学校では教えてくれない大切なこと

お金

リスクアセスメント

投稿日:2020年3月16日 更新日:

リスクアセスメントはリスクの分析を行うプロセスです。

現状問題が無い場合でも状況の変化によってトラブルが発生する可能性があります。
トラブルの発生を未然に防ぐことや、対応方法の検討、その後の影響など、リスクを多面的な視点で判断する事で、そのリスクが寛容できるレベルであるのかを判断します。
リスクアセスメントは各工程ごとに細分化し分析します。

具体例

株式投資を行う際のリスクを検討します。

1.リスクの特定
 株式投資は元本が保証されていません。
2.リスクの分析
 株式の下落よって元本が現象する可能性があります。
3.リスクの対応
 下落が明確な場合は損切を行わなくてはいけません。
4.ドラブル後の影響
 損切額が損失となります。
5.リスクレベル
 元本の減少による影響が及ぼすリスクの判断を行います。

この場合のリスクレベルは株式投資を行う状況に応じて大きく変動します。
別の収入があり余剰資金で投資を行っている場合は全て失っても生活に困る事はありません。
その反面投資一本のフルインベストメントではリスクが高くなります。
投資以外の収入がない方は生活防衛資金の金額を上げる事でリスクレベルを下げる事ができます。
このようにそれぞれに適した寛容できるリスクを判断し、過度なリスクを取らないように気を付けてください。

まとめ

無リスク資産の様にリスクを考慮しない投資は収益性が低いため、リスクプレミアムを求めリスク資産を手にすることが多いと思います。

リスクとリータンを増やす際に重要になるのがリスクアセスメントです。
このリスクアセスメントが正しく行えない場合は後に大きな損失を抱える原因となります。

アセットマネジメントを行う際にはリスクアセスメントが重要となり、ポートフォリオやリスクアセスメントを考慮した投資を行う事が必要です。
代表的な資産三分割法をはじめ分散投資が有効とされています。

しかし、実際に投資を始めると損切などの撤退の判断は難しく、損失が大きくなりやすい傾向があります。
そのため、知識(リスクアセスメント)だけではなく行動(リスクマネジメント)ができるように心がけてください。

備考

リスクは悪い影響を与える事で、リスクレベルはこの影響力です。

関連記事

 損切(ロスカット/スロップロス)
 フルインベストメント
 生活防衛資金
 無リスク資産
 リスクプレミアム
 アセットマネジメント
 資産三分割法
 ポートフォリオ

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

損益分岐点(採算点/BEP)

損益分岐点(採算点)は損益(損失と利益)がプラスマイナスゼロになるところです。基本的には個人でも、企業でも利益を出さなくてはいけません。一般的には利益を得るためには損失が発生します。そのため損失以上の …

資本主義(資本制)

資本主義は営利目的の資本によって経済が動いている環境です。資本主義は取引を行い、競争が起き、発展していくのが特徴とされています。しかし、放任するだけで経済成長が伸び続けるわけではなく、金融危機の影響な …

就業規則

就業規則は会社が労働基準法に基づいて作成される会社のルールです。会社の規模が大きくなるにつれて従業員も増加します。しかし、従業員がそれぞれ自分のルールで行動していては秩序が保てません。そのため会社では …

金銭崇拝

金銭崇拝はお金が善であると考える傾向が強い人です。マネースクリプトによる金銭崇拝の意識が高い人は、お金は問題の多くを解決してくれる善であると考える傾向があり金銭忌避とはほぼ対局の考えです。そのため、お …

プロフィットファクター(PF)

プロフィットファクターは投資の安定性を見る指標です。投資では収益のみ発生する事は基本的にはありません。そのため、損益のバランスを考慮し、安定して収益を出せるかが重要なため、その指標としてPFが用いられ …

Google AdSense



管理人


あむぶろ
管理人情報


名前:

鈴木 歩(すずき あゆむ)

自己紹介:

日本の未来を支える若者を応援したいので「有料情報よりも価値がある情報を無料で提供する」事を目指しています。

ブログについて:

当ブログでは生活をするためには大切でも学校では教えもらえない事をメインに取り扱っています。
知識のみではなく価値観を見直す事のできるような情報を提供したいと考えています。

外部リンク

応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ