リスクアセスメント | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

リスクアセスメント

投稿日:2020年3月16日 更新日:

リスクアセスメントはリスクの分析を行うプロセスです。

現状問題が無い場合でも状況の変化によってトラブルが発生する可能性があります。
トラブルの発生を未然に防ぐことや、対応方法の検討、その後の影響など、リスクを多面的な視点で判断する事で、そのリスクが寛容できるレベルであるのかを判断します。
リスクアセスメントは各工程ごとに細分化し分析します。

具体例

株式投資を行う際のリスクを検討します。

1.リスクの特定
 株式投資は元本が保証されていません。
2.リスクの分析
 株式の下落よって元本が現象する可能性があります。
3.リスクの対応
 下落が明確な場合は損切を行わなくてはいけません。
4.ドラブル後の影響
 損切額が損失となります。
5.リスクレベル
 元本の減少による影響が及ぼすリスクの判断を行います。

この場合のリスクレベルは株式投資を行う状況に応じて大きく変動します。
別の収入があり余剰資金で投資を行っている場合は全て失っても生活に困る事はありません。
その反面投資一本のフルインベストメントではリスクが高くなります。
投資以外の収入がない方は生活防衛資金の金額を上げる事でリスクレベルを下げる事ができます。
このようにそれぞれに適した寛容できるリスクを判断し、過度なリスクを取らないように気を付けてください。

まとめ

無リスク資産の様にリスクを考慮しない投資は収益性が低いため、リスクプレミアムを求めリスク資産を手にすることが多いと思います。

リスクとリータンを増やす際に重要になるのがリスクアセスメントです。
このリスクアセスメントが正しく行えない場合は後に大きな損失を抱える原因となります。

アセットマネジメントを行う際にはリスクアセスメントが重要となり、ポートフォリオやリスクアセスメントを考慮した投資を行う事が必要です。
代表的な資産三分割法をはじめ分散投資が有効とされています。

しかし、実際に投資を始めると損切などの撤退の判断は難しく、損失が大きくなりやすい傾向があります。
そのため、知識(リスクアセスメント)だけではなく行動(リスクマネジメント)ができるように心がけてください。

備考

リスクは悪い影響を与える事で、リスクレベルはこの影響力です。

関連記事

 アセットマネジメント
 資産三分割法
 生活防衛資金
 フルインベストメント
 リスクプレミアム

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

無リスク資産(リスクフリー資産)

無リスク資産はリスクが少なく収益が得られる安全性の高い資産を指します。一般的に元本が保証された安全資産を指します。国債、銀行貯金などが主に該当します。完全にリスクが存在しない事はありませんが、国債は国 …

福利効果

福利効果は運用で得た利益を再投資する事で元本を増やし、増やした元本によって利益が増加していく効果です。当然利回りが良いほど利幅が膨らみますが、福利効果ではこの利回りが非常に重要な要素となってきます。 …

金融事故

金融事故は重大な金銭トラブルです。金融情報は履歴が残る取引(クレジットカード・金融機関取引など)が蓄積され、そのデータは信用情報を取扱う機関で管理されます。そのため金融事故を起こすと金融事故情報として …

損害遅延金(遅延賠償)

損害遅延金はお金の引き渡しが遅延した場合に追加で請求される賠償金です。基本的になにか契約を結ぶ時に金額とその引渡期限が決められています。そして、その引き渡し期限を守らない場合には何らかのペナルティーが …

心理会計(メンタルアカウンティング)

心理会計はメンタルアウカウンティングや心の会計、心の家計簿など多くの呼び方があります。いずれもお金の使用目的や入手方法によって評価が異なる心理です。勘定項目毎に価値が異なり、平均評価額が心の中で決まっ …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ