ベン・フランクリン効果 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

ベン・フランクリン効果

投稿日:2019年12月29日 更新日:

ベン・フランクリン効果は心の中で均衡を保とうとする心理です。
論理的、心理的に納得できない場合、その要因を無意識で探します。

これは脳がストレスを軽減するようできているためです。
矛盾によって起こるストレスは矛盾しない要因を見つければ解決します。

具体例

好きでもない人をがんばって助ける事があります。
しかし、なぜがんばって助けたのか疑問に思う時があると思います。
その人への好感度や親密度などと助けた際の頑張りとの差が大きいほどこの疑問は大きいです。
これがストレスとなるため、助けた理由を考えます。

そこで脳は助けた要因を好きな人だから助けたとします。
助ける対象へ好意があれば助けるのは当然ですよね。
好意がない場合でも心の均衡を保つために好きになってしまいます。
助ける要因は他にもあるため、必ずしもこうなるわけではありません。

良好な人間関係のために

ベン・フランクリン効果は恋愛などの対人関係や円滑なコミュニケーションのために用いる事ができます。
何か簡単なお願いをすることで、助ける要因を探します。
無償で人を助ける要因はその人へのポジティブな感情になることが多いため、助けた人に好感を得やすいです。
ポイントなのは簡単なお願いです。
心理的負担を軽減するための作用ですので、難易度が上がりすぎると依頼自体が負担となる事もあります。

問題点

この効果の問題点は、悪いことをした時です。
いじめがわかりやすいと思います。
いじめはよくないと思いますが、いじめる原因は被害者にあるとします。
こうする事で、いじめている側は自分の行動を正当化しているため、いじめは減少せず、最悪増加します。

備考

ベン・フランクリン効果は、アメリカの政治家だったベンジャミン・フランクリンが政治活動で活用したことから、ベンジャミンフランクリン効果となり、略されて現在のベンフランクリン効果の名称で呼ばれています。

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

新奇恐怖症(ネオフォビア)

新奇恐怖はネオフォビア(neophobia)ともいわれ知らないものへの恐怖です。ネオフォビアの心理が働くのは生存本能による影響が強く。不確定な要素を減らす事で、生存確率を伸ばそうとする本能があります。 …

バーナム効果(フォアラー効果)

バーナム効果は個人を診断する準備行動の後に、誰にでも該当する曖昧で一般的な特徴を示すことで、個人の特徴でるあると錯覚させる心理学の現象です。占いでよく用いられ、生年月日や名前などの個人情報を聞き出す事 …

カリギュラ効果(心理的リアクタンス)

カリギュラ効果は禁止されている事に対しての興味や関心が強くなる効果です。禁止されている事を破りたくなった事は誰しもあると思います。普段だったらやらないような事でも禁止されると気になってしまうものです。 …

寛大効果(寛容効果/寛大化傾向)

寛大効果は他者の良い面は過大に悪い面は過少に評価する心理です。寛大効果は無意識のうちに他者の良い面は過大評価し、悪い面は過小評価する心理のため、実際の評価よりも寛大(全体的に良い)な評価となります。こ …

ラベリング効果

ラベリング効果はそのものの本質ではなく、提示されたラベルによる効果です。ラベルング効果は周囲が評価するための指標です。基本的には一番最初にだれかがラベルを張り、その後は周知されたり、変更されたりが繰り …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ