ベン・フランクリン効果(ベンジャミン・フランクリン効果) | あむぶろ 学校では教えてくれない大切なこと

心理学

ベン・フランクリン効果(ベンジャミン・フランクリン効果)

投稿日:2019年12月29日 更新日:

ベンフランクリン効果

ベン・フランクリン効果(ベンジャミン・フランクリン効果)とは

概要

ベン・フランクリン効果は心の中で均衡を保とうとする心理です。

基本的に人の心は論理的・心理的に納得できない場合にストレスを受けてしまうため、ストレスを軽減するための要因を無意識で探す傾向がありますが、矛盾を解決するためには真実と異なっても無理に理由付けをしてしまいます。

この心理をわかりやすく表現しているのは「手のかかる子ほど可愛い」と言われる現象です。

本来ならば手がかかるという事は多くの労力がかかってしまうため、手のかからない子の方が優秀で大切にされるはずだともう人も多いと思います。

しかし、人の脳はここで「手をかける理由」を探し、特に際立って目立つ大きな理由がない場合は「好き」「気に入っている」などの事実に左右されない感情面の理由をつける事で自分を納得させようとする傾向が強いです。

つまり、手のかかる子供に対して「そこまで手をかける必要はない」という考えと「手をかけている」という現実には矛盾がありますが、この矛盾によって起こるストレスは矛盾しないための要因を見つける事で解決します。

その解決策として、「好意がある」という理由を後からつける事で「好意がある相手を助けるのは普通の事である」と結論づけます。

このように人の心は無意識に均等を保とうとする傾向があります。

これは脳が持つ自己防衛本能で、矛盾している状態は脳にとっては大きなストレスとなるためストレスを軽減するように理由を作り出して納得させています。

具体例

日本は豊かな国で心に余裕がある人が多いため、迷子になっても道を尋ねると多くの人は親切に教えてくれます。

このような小さな親切を身近な特定の人に何度も繰り返し行っていると、最初は好きではなかったはずなのに次第に好感度が上がっていきます。

人によっては最初は「めんどくさい」と思うかもしれませんが、次第にそういう人だと思うようになり、気がつくと助ける事に慣れている事も多いと思います。

この時、脳の中では「なぜ助ける必要があるのだろう?」という認識があるはずですが、脳は助けた要因を「好感度がある人」だから助けたと矛盾がないようにつじつまを合わせます。

好感度があれば仲良くしたいと思う人も多いでしょうし、助けるのは自然な流れです。

そのため、好感がない場合でも心の均衡を保つために好感度が上がっていきます。

助ける要因は他にもあるため必ずしもこうなるわけではありませんし、その人への好感度や親密度などと助けた状況などによって影響は異なります。

反対に、人によっては好感度が大きく下がって嫌われてしまう事もあるため注意が必要です。

良好な人間関係のために

ベン・フランクリン効果は恋愛などの対人関係や円滑なコミュニケーションのために用いる事ができ、この効果は本人(ベンジャミン・フランクリン)によって実証されています。

ベンジャミン・フランクリンはあまり仲のよくなかった人を味方につけるために「本を貸してほしい(親切にしてほしい)」と頼み事をしたのです。
その後は仲が良くなかった人の態度が一変して優しくなりました。
※政治活動で使った方法なので有名な出来事として語られています。

このような、無理なくできる簡単なお願いをして助けてもらう事で好感度をあげていきました。

多くの場合は無償で人を助ける要因はポジティブな感情になることが多いため、助けた人に好感を持ちやすいです。

ポイントなのは「簡単な事」を「お願い」する事です。

心理的負担を軽減するための作用ですので、難易度が上がりすぎると依頼自体が負担となる事もあるので注意が必要です。

具体的には、世界の数人しかできない事を「やれ」と命令するような態度では好感度はあがりません。
※十人十色と言われるため好感度があがる人もいるかもしれません。

ベン・フランクリン効果の問題点

この効果の問題点は「悪い事をした時」です。

代表的な例では、いじめがわかりやすいと思います。

いじめはよくないと多くの人は思っています。

しかし、実際にいじめている人は「いじめは良くない」という考えと「実際にいじめている」という現実に矛盾が発生しないように「いじめる原因は被害者」にあると脳内で正当化します。

このような状況になるといじめは減少せず、最悪の場合は周りを巻き込んで増加していきます。

周囲にいる人もいじめを止められない原因を脳内で正当化していくため、いじめが慢性化している状態からいじめを無くすためには大きな流れの変化が必要になります。

まとめ

ベンフランクリン効果は心の均衡を保つために、もっともらしい理由を後からつける心理です。

しかし、実際に社会ではこのような心理は多くの場面で目にする機会があると思います。

例えば

  • できる子供よりもできない子供をかわいがる親
  • 勉強が得意な生徒よりも勉強が苦手な生徒に対して親身になって教える先生
  • 能力が高く仕事が早い部下よりもいつも失敗している部下と仲良くする上司

このように多くの組織で目にする事がある現象です。

特に女性はできない人を見ると「母性本能」が刺激される人も多いと言われます。

このような心理効果があると知れば実践してみたいと思う人も多いと思います。

実践する際の注意点として気を付けなければいけないのは、助けてもらう側も「基本的な礼儀ができない」「不衛生」などの強すぎるマイナス要素がある場合は、ベンフランクリン効果が作用しにくいです。

そのため、世間で言われる「ヒモ」と言われるような人は身なりに気を付けて弱者を演じるているように描かれる事が多いです。
※実際はいろいろな人がいると思います。

備考

ベン・フランクリン効果は、アメリカの政治家だったベンジャミン・フランクリンが政治活動で活用したことから、ベンジャミンフランクリン効果となり、略されて現在のベンフランクリン効果の名称で呼ばれています。
ベンジャミン・フランクリンは物理学者で政治家で、米合衆国大統領にはなりませんでしたが、米国の100ドル札に彼の顔が描かれています。

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

5秒ルール(5秒の法則)

5秒ルール(5秒の法則)について 概要 5秒ルールはやる気を出す方法です。どうしてもやる気がでない時がある人も多いと思います。また、やる気をだして始めたとしても三日坊主になってしまう人も多いと思います …

シンデレラ症候群(シンデレラシンドローム/シンデレラコンプレックス)

シンデレラ症候群(シンデレラシンドローム/シンデレラコンプレックス)とは 概要 シンデレラ症候群は男性に高い理想を求める女性の考えです。童話のシンデレラのように理想の相手を待ち続ける事が由来とされてい …

親近効果

親近効果は最後に与えられた情報の影響が強くなる現象です。親近効果は多くの情報を得る事で効果がより現れやすいです。多くの情報を得る事で全体の把握が困難になり、最後の情報の影響が大きくなる傾向を示す心理効 …

学習無力感

学習無力感は、無力である事を学習してしまう心理です。理不尽な事が起こる場合、通常はそれを回避しようと行動します。しかし、回避する事が困難な状態が続くと、抵抗しても結果が変わらない事を学習するため、回避 …

相補性の法則

相補性(そうほせい)の法則は自分と対照的な人に惹かれる心理です。自分と対照的な性格や長所を持った人に惹かれる人は多いと思います。これは自分の不足しいている部分(欠点)を補ってくれる相手を無意識で求める …

Google AdSense



管理人


あむぶろ
管理人情報


名前:

鈴木 歩(すずき あゆむ)

自己紹介:

日本の未来を支える若者を応援したいので
「有料情報よりも価値がある情報を無料で
提供する」事を目指しています。


ブログについて:

当ブログでは生活をするためには大切でも
学校では教えもらえない事をメインに
取り扱っています。
知識のみではなく価値観を見直す事のできる
情報を提供したいと考えています。

外部リンク

応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ