ベン・フランクリン効果 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

ベン・フランクリン効果

投稿日:2019年12月29日 更新日:

ベン・フランクリン効果は心の中で均衡を保とうとする心理です。
論理的、心理的に納得できない場合、その要因を無意識で探します。

これは脳がストレスを軽減するようできているためです。
矛盾によって起こるストレスは矛盾しない要因を見つければ解決します。

具体例

好きでもない人をがんばって助ける事があります。
しかし、なぜがんばって助けたのか疑問に思う時があると思います。
その人への好感度や親密度などと助けた際の頑張りとの差が大きいほどこの疑問は大きいです。
これがストレスとなるため、助けた理由を考えます。

そこで脳は助けた要因を好きな人だから助けたとします。
助ける対象へ好意があれば助けるのは当然ですよね。
好意がない場合でも心の均衡を保つために好きになってしまいます。
助ける要因は他にもあるため、必ずしもこうなるわけではありません。

良好な人間関係のために

ベン・フランクリン効果は恋愛などの対人関係や円滑なコミュニケーションのために用いる事ができます。
何か簡単なお願いをすることで、助ける要因を探します。
無償で人を助ける要因はその人へのポジティブな感情になることが多いため、助けた人に好感を得やすいです。
ポイントなのは簡単なお願いです。
心理的負担を軽減するための作用ですので、難易度が上がりすぎると依頼自体が負担となる事もあります。

問題点

この効果の問題点は、悪いことをした時です。
いじめがわかりやすいと思います。
いじめはよくないと思いますが、いじめる原因は被害者にあるとします。
こうする事で、いじめている側は自分の行動を正当化しているため、いじめは減少せず、最悪増加します。

備考

ベン・フランクリン効果は、アメリカの政治家だったベンジャミン・フランクリンが政治活動で活用したことから、ベンジャミンフランクリン効果となり、略されて現在のベンフランクリン効果の名称で呼ばれています。

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

ピーターパンシンドローム(ピーターパン症候群)

ピーターパンシンドロームは実年齢は大人ですが、精神が幼い方です。ピーターパンシンドロームの方は、実年齢は大人ですが、精神的に大人になれていないため、言動が子供と同じ水準です。そのため、容姿と精神のバラ …

5秒ルール(5秒の法則)

5秒ルールはやる気を出す方法です。どうしてもやる気がでない方、三日坊主になってしまう方などに是非行っていただきたいです。やる気を出すためにやるべき事は、単純です。5秒数えたら行動に移すというルールを実 …

ハロー効果(後光効果/ハローエラー)

ハロー効果は認知バイアスの影響で顕著な特徴が過大に捉えられる現象です。後光効果やハローエラーとも呼ばれます。ハロー効果は特徴的な印象を元に先入観で情報を予想するため、実際の人物像とは異なった現象となる …

カリギュラ効果(心理的リアクタンス)

カリギュラ効果は禁止されている事に対しての興味や関心が強くなる効果です。禁止されている事を破りたくなった事は誰しもあると思います。普段だったらやらないような事でも禁止されると気になってしまうものです。 …

アンダードック効果(判官贔屓効果/負け犬効果)

アンダードック効果は立場や状況が劣勢な状況の人を応援したくなる心理現象です。アンダードック効果は弱い立場や劣勢な状況では同情や共感が集まるため、その状況を打開しようと頑張っている人を応援したくなる心理 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ