ベン・フランクリン効果 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

ベン・フランクリン効果

投稿日:2019年12月29日 更新日:

ベン・フランクリン効果は心の中で均衡を保とうとする心理です。
論理的、心理的に納得できない場合、その要因を無意識で探します。

これは脳がストレスを軽減するようできているためです。
矛盾によって起こるストレスは矛盾しない要因を見つければ解決します。

具体例

好きでもない人をがんばって助ける事があります。
しかし、なぜがんばって助けたのか疑問に思う時があると思います。
その人への好感度や親密度などと助けた際の頑張りとの差が大きいほどこの疑問は大きいです。
これがストレスとなるため、助けた理由を考えます。

そこで脳は助けた要因を好きな人だから助けたとします。
助ける対象へ好意があれば助けるのは当然ですよね。
好意がない場合でも心の均衡を保つために好きになってしまいます。
助ける要因は他にもあるため、必ずしもこうなるわけではありません。

良好な人間関係のために

ベン・フランクリン効果は恋愛などの対人関係や円滑なコミュニケーションのために用いる事ができます。
何か簡単なお願いをすることで、助ける要因を探します。
無償で人を助ける要因はその人へのポジティブな感情になることが多いため、助けた人に好感を得やすいです。
ポイントなのは簡単なお願いです。
心理的負担を軽減するための作用ですので、難易度が上がりすぎると依頼自体が負担となる事もあります。

問題点

この効果の問題点は、悪いことをした時です。
いじめがわかりやすいと思います。
いじめはよくないと思いますが、いじめる原因は被害者にあるとします。
こうする事で、いじめている側は自分の行動を正当化しているため、いじめは減少せず、最悪増加します。

備考

ベン・フランクリン効果は、アメリカの政治家だったベンジャミン・フランクリンが政治活動で活用したことから、ベンジャミンフランクリン効果となり、略されて現在のベンフランクリン効果の名称で呼ばれています。

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

フレーミング効果

フレーミング効果は同じ事を意味する内容でも、表現方法が異なる事で受け取り方に影響する心理です。内容が同じでも視点を変えたり、具体例を与えたりと表現を変える事で印象が変わります。また、フーレミング効果に …

単純接触効果(ザイアンスの法則)

単純接触効果は接触回数が増加するほど好感度が増加する現象です。最初は好感がなくても、接触回数(見たり聞いたり触れたり)が増加することで、その頻度に比例して好感が強くなり評価が高まっていきます。これは人 …

ハロー効果(後光効果/ハローエラー)

ハロー効果は認知バイアスの影響で顕著な特徴が過大に捉えられる現象です。後光効果やハローエラーとも呼ばれます。ハロー効果は特徴的な印象を元に先入観で情報を予想するため、実際の人物像とは異なった現象となる …

サトルネガティブ

サトルネガティブは質問に対してどう答えても正解になる質問の仕方です。サトルネガティブで使うのは基本的に否定疑問文です。これは否定疑問文に対する答えを「YES・NO」で答える事は難しいため、質問なのか否 …

カラーバス効果

カラーバス効果は意識していると認識しやすくなる現象です。カラーバス効果は視覚に限らず、聴覚、触覚など意識的に感じる事ができるもの全般に起きる現象です。毎日目にしていても詳細を覚えていない事はよくある事 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ