ブーメラン効果(ブーメラン現象/説得の逆効果) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

ブーメラン効果(ブーメラン現象/説得の逆効果)

投稿日:

ブーメラン効果は物事の結果がブーメランの軌道の様に投げた当事者へと戻ってくる現象です。

ブーメラン効果は主に負の要素が戻ってくる現象を指す事が多いです。

嫌悪感を抱いている時に干渉されるとより強い嫌悪感を抱くのがブーメラン効果です。
嫌いな人からこれして、あれして、と言われると反発の感情が強くなり、嫌いな感情が強くなる人は多いと思います。
特にあなたのために言っているなどと言われると、言われたおかげでやる気が削がれると思う方も多いと思います。

やってもらおうと説得する事でその効果(生産性)が落ちてしまう事から、説得の逆効果などと呼ばれる事もあります。

具体例

恋愛でもブーメラン効果が作用します。

基本的にはお互いに初めて会う第一印象のイメージで好感が持てるか持てないかが大きく分かれます。(ハロー効果
そして、頻繁に会う方では3か月程度でハロー効果の影響は薄くなっていきます。
そのため、第一印象が悪くても3か月程度たてばその人の本質的な面が徐々に開示されていきます。

第一印象が良くて好きになる事もあると思いますし、一緒にいる事で好きになる事もあると思います。
しかし、相手からも好感を得ているとは限らないのが恋愛の難しい点です。

そのため、相手から嫌悪感を抱かれている場合、努力して好感も持ってもらおうとしても、相手からすると関わりたくないという心理が働いていいるため、接触すること自体が嫌悪感を強めます。

ニュースなどで取り上げられるストーカー事件はブーメラン効果が働いている事も珍しくはありません。

このように嫌悪感を持っている相手に対して、接触を繰り返す事で嫌悪感が増加するのがブーメラン効果の特徴です。

まとめ

ブーメラン効果は良いことをしても、それが受け手にとって必ずしも良い事とならないのが特徴です。
返報性の原理では良い事をしたらいい事が返ってくるとされていますが、ブーメラン効果はその例外的な要素に含まれます。

しかし、問題の多くは言い方や認識のずれである事が多いです。
このような原因を認識する事ができれば、ブーメラン効果を避け、返報性の原理を上手に活用する事ができます。

ここで大切なのは早く相手の気持ちを察する事です。
相手が少し嫌悪を抱くようならそこで一回立ち止まる必要があります。
それに気づかないで嫌悪感が強くなると、最終的には視界に入るだけで嫌悪感が増えるようになります。
ここまで行くと悪循環で嫌悪感が増大するだけとなってしまい手の付けようがありません。

何事も初動が肝心です。

関連記事

 ハロー効果(後光効果/ハローエラー)
 返報性の原理(返報性の法則)

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

ウィンザー効果

ウィンザー効果は直接的な意見よりも、第三者から間接的に聞いたほうが信憑性、信頼性が高まる心理効果です。当事者は自分に都合がいいように話を展開する傾向があります。そのため、当事者以外の第三者から得られる …

自己顕示欲

自己顕示欲は他者に認識してもらいたい心理的欲求です。自己顕示欲は承認欲求の一種とされ、他者から確立した個人として認識されたいと思う心理です。しかし、自己顕示欲が強くなりすぎると周囲へのアピールが過剰に …

ロミオとジュリエット効果

ロミオとジュリエット効果は恋愛に障害がある事で、恋愛感情が強くなる効果です。ロミオとジュリエット効果はカリギュラ効果(禁止されると興味や関心が強くなる)の一種で、恋愛を禁止されたり、障害が多くなる事で …

相補性の法則

相補性(そうほせい)の法則は自分と対照的な人に惹かれる心理です。自分と対照的な性格や長所を持った人に惹かれる人は多いと思います。これは自分の不足しいている部分(欠点)を補ってくれる相手を無意識で求める …

正常性バイアス(恒常性バイアス/正常化の偏見)

正常性バイアスは自分にとって都合の悪い事を過小評価する心理です。認めなくない事などは突き詰めて考える事を放棄したりします。そして、その結果がどうなるのかを考慮する事をやめ、結果による被害を過小評価しま …

Google AdSense



ジャンル

ジャンル一覧
ホーム
心理学
健康
雑学
ブログ関連
お金

アマゾン


外部リンク