ファンダメンタルズ分析 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

ファンダメンタルズ分析

投稿日:

ファンダメンタルズ分析は国や企業などの経済状況を重点に分析を行う方法です。

ファンダメンタルは経済の基礎的条件と言われ、ファンダメンタルズ分析は経済状況を分析し、将来への影響を想定するために行われます。

ファンダメンタルズ分析は市場の現在価値(PV)よりも本質的な価値を考える事に重点を置いているため、投資をするための基本的な要素となっていますが、ファンダメンタルズによる影響が市場に反映されるまでには時間がかかる事が多いです。
そのため、中長期的な運用をする人が重点を置く傾向が強いです。

しかし、経済へ大きな影響を与えるような出来事があった場合は反映されるまでの時間が短く、市場へ大きな影響を与える事もあります。

ファンダメンタルズについて

ファンダメンタルズは経済活動を示す基本的な要因です。

具体的には
国の経済状況を示す「国際収支、インフレ率、経済成長率、物価上昇指数、失業率財政収支」などの経済活動の変化がわかるものがファンダメンタルズに代表されます。

また、企業の場合は財務状況の「売上、利益、業績、資産、負債」などがファンダメンタルズに代表されます。

ファンダメンタルを構成する情報の要因の範囲の定めはないため、検討する要素に制限がありません。
また、基本的に数字として結果が出ているのは過去のデータであるため、未来を示すものではありません。
そのため、常に最新の精度の高い情報を入手する事が重要です。

ファンダメンタルズ分析について

ファンダメンタルズ分析は全体的な経済の流れや、個別企業の財務状況などを分析する事で、現在価値(PV)需給バランス将来価値(FV/ファンダメンタル・バリュー)需給バランスの変化を見極める方法です。
そのため、株価や為替、コモディティなどの中長期投資を行う際に重要な要素になります。

しかし、市場の動向は多数の意思や思惑によって常に変動しているため、ファンダメンタルではわからないような動きもありますし、市場価格がどこまでを織り込み済みなのかも正確にはわからないです。

このように不確定な要素はゼロにすることができないため、ファンダメンタル分析が正しく行えれば必ず儲かるとは限りません。

まとめ

ファンダメンタル分析を正しく行えたとしても、その結果が必ずしも正しくなるとは限りません。

しかし、ファンダメンタルズ分析は中長期廷な傾向を掴むためには重要な要素になります。

そのため、常に経済情報を確認し最新の情報を得る事は需要です。

また、どの分析方法にもメリット・デメリットがあるため、その長所を上手に組み合わせて投資を行う事でより現実的な分析が行えるようになります。

つまり、ファンダメンタル分析は必要な分析方法ですが、1つの分析方法のみではなく、テクニカル分析(基本的にチャートを見て値動きのサイクルから分析する方法)などをはじめとする幅広い分析方法を知る事はメリットが大きいです。

また、投資を行う際には市場の分析方法だけではなく、ファイナンシャルリテラシー(金融リテラシー/マネーリテラシー)などを学ぶ事でより安定したアセットマネジメント(資産管理・運用)を行えるようにする事も必要になります。

備考

ファンダメンタルズ分析はファンダメンタル分析ともいわれます。

関連記事

 現在価値(PV)
 投資
 需給バランス
 将来価値(FV/ファンダメンタル・バリュー)
 ファイナンシャルリテラシー(金融リテラシー/マネーリテラシー)
 アセットマネジメント(資産管理・運用)

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

ラットレース

ラットレースは「金持ち父さん、貧乏父さん」で知られるロバート・キヨサキが 働いても働いても現状維持で終わってしまう事を表現するのに用いた言葉です。多くの方が毎月支払いに追われ収入を得てもお金は生活費に …

エンジェル投資家

エンジェル投資家は資金が少ない企業へ投資をする方です。特に創業間もない企業は資金が少なく、運用資金を集めるのが大変です。新規事業を起こすと融資を受ける際の審査を通すことが難しく、資金繰りに苦労する事が …

フルインベストメント

フルインベストメントは資産の多くを投資する方法です。フルインベストメント(full=全力、investment=投資)は直訳すると全力投資です。資産のほぼ全てを投資に回し最低限必要な現金しか持たない投 …

インデックス投資(インデックス運用)

インデックス投資は株価指数など連動した運用成績を目指す投資です。株価指数はその基準となる銘柄がある(日経225ならば東証一部に上場している225社の株価が対象)ため、その対象銘柄の推移に連動した価格変 …

株主優待

株主優待は企業が株主に対して、利益を現金以外の形で還元するものです。株主優待を行っている上場企業は数多くあり現在1500社程度あります。しかし、上場している全ての会社が株主優待を行っているわけではあり …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ