ピーターパンシンドローム(ピーターパン症候群) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

ピーターパンシンドローム(ピーターパン症候群)

投稿日:

ピーターパンシンドロームは実年齢は大人ですが、精神が幼い方です。

ピーターパンシンドロームの方は、実年齢は大人ですが、精神的に大人になれていないため、言動が子供と同じ水準です。
そのため、容姿と精神のバランスが取れていない状態となり、社会への適応は難しく、孤立しやすい傾向があります。

ピーターパンシンドロームの方は現実逃避する方が多く、就職、結婚、子育てなど社会的に多くの方が経験する事を避ける傾向があります。
自意識過剰なナルシストに多く、現実に目を向ける事ができないため、悪循環に陥りやすく、現実と向き合っても長く続かなかったり、周囲との差が埋められずに孤立する事が多いです。
このようにピーターパンシンドロームの方が社会生活を行うには周囲と開いた差を埋める事が現実と向き合う事の障害となりやすく、それが原因でさらに大人になる事を拒む傾向が強く出やすいです。

特徴

  • 自制心の欠如
  • 社会的常識がない
  • 精神的に未熟
  • 自己中心的
  • 責任感が無い
  • 反抗的
  • 他者への依存度が高い
  • ルールやマナーを守れない

原因

  • マザーコンプレックス(マザコン)の延長
  • 過保護に育てられている
  • 幼少期から虐められて育った
  • 大人になりたくない
  • 脳の障害

まとめ

ピーターパンシンドローの患者は大人としての意識がないため、現実的な将来への思考を持つことができず、結婚して家庭を築く事が困難です。
そのため異性との関係では失敗しやすい傾向があります。

本来であれば成長の過程で育つはずの自制心が欠如している事が主な原因なため、傲慢、怠惰、無責任、虚偽など数多くの問題を改善しないまま年を重ねた影響で、周囲が精神的に大人になる中で一人だけ精神的に子供の状態なので、周囲との差が開き孤立する傾向が強いです。

周囲から大人でいる事を強要されたアダルトチルドレンとは対極の存在といえると思います。

備考

アメルカの心理学者、ダン・カイリーが提唱しました。
ピーターパンシンドロームはピーターパン症候群とも呼ばれ、パースナリティー障害の一種とされています。
精神的な成長の遅れは検査をしても数字に表れにくいです。

関連記事

 アダルトチルドレン(AC)
 ナルシスト

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

レミニセンス効果

レミニセンス効果は情報を記憶した直後よりも一定時間たってからのほうが記憶をよく思い出せる現象です。基本的に脳は短期記憶と長期記憶を分けて記憶します。 短期記憶 短期記憶は短時間(数秒~数分)の記憶とさ …

スリーパー効果(仮眠効果)

スリーパー効果は発信源の情報が時間経過によって忘却される現象です。情報の内容の信頼性は情報の発信源の信頼性に比例します。しかし、「情報の内容」と「発信源の情報」では、「情報の内容」の方が記憶に残りやす …

ラベリング効果

ラベリング効果はそのものの本質ではなく、提示されたラベルによる効果です。ラベルング効果は周囲が評価するための指標です。基本的には一番最初にだれかがラベルを張り、その後は周知されたり、変更されたりが繰り …

単純接触効果(ザイアンスの法則)

単純接触効果は接触回数が増加するほど好感度が増加する現象です。最初は好感がなくても、接触回数(見たり聞いたり触れたり)が増加することで、その頻度に比例して好感が強くなり評価が高まっていきます。これは人 …

透明性の錯覚

透明性の錯覚は、自分の内向的状態の情報伝達を過大評価する心理的傾向です。自分の考えや感情を他者が理解していると考える現象で、時には心を読まれていると感じることもあります。 透明性の錯覚が起こる理由 透 …

Google AdSense



ジャンル

ジャンル一覧
ホーム
心理学
健康
雑学
ブログ関連
お金

アマゾン


外部リンク