ピーク・エンドの法則 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

ピーク・エンドの法則

投稿日:

ピーク・エンドの法則は一連の中のピークとエンドが与える印象が全体の印象に大きな影響を与える心理です。

ピークは一番感情が揺さぶられた時で、エンドは一連の終わりです。

過去の経験を思い出す時に、一番感情が動い時の記憶とその結果(エンド)は強く残ります。

具体例

恋愛がうまくいかずに別れてしまう事を経験する方もいると思います。

デートして楽しかった・辛かった記憶(ピーク)などは思い出しやすいです。
そして、別れた時の記憶(エンド)も思い出しやすいです。

「別れるなら好きにならなければよかった。」こう思う方も多いです。

しかし、好きな人がいない人生は感情の起伏が少ないです。

楽しい、嬉しい、幸せ、このような感情を生むのは感情の起伏があるからです。

この波の頂点や終わりは印象に残りやすいです。
そのため、全体の印象を決める際には記憶に残っている部分でしか判断を行いないため、印象に残ったピークやエンド全体が判断されてしまいます。

まとめ

記憶に対してはレミニセンス効果の様に時間経過と共に情報が整理される事で鮮明になっていくものや、親近効果の様に最後に与えられる影響が大きくなる心理効果も作用しています。

いずれにしても人の記憶が残りやすいのは感情が大きく変化した時です。
それは物事の重大な決定をする時、自分にとって価値ある瞬間、辛い経験、楽しい経験、このような気持ちが強くなる時は印象に残ります。

人の気持ちは今までの経験が大きな判断材料となります。
普段1時間勉強する人が30分しか勉強をしなかったら少ないと感じますし、普段勉強をしない人が30勉強したら多いと感じます。

そして、これは辛い経験や、苦しい経験にも言えます。
辛い経験や苦しい経験をした方は些細な幸せでもそれが幸せだと気づく事ができます。

些細な事で幸せを感じられる人や、辛い事でも平気でできる人は、今までに多くの苦労ををしていた可能性が高いです。

関連記事

 親近効果
 レミニセンス効果

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

パレートの法則(働きアリの法則/ばらつきの法則)

パレートの法則は集団の上位2割がその集団の8割を占める活躍をしているという原理です。ここから、2対8の法則や、8対2の法則ともいわれます。 パレートの法則は2:6:2に分けて分析を行います。上位の2割 …

ホーソン効果

ホーソン効果は期待されることで行動の変化を起こす現象です。一般的に他者は興味や関心を持つと、同時に期待を寄せる傾向があります。そして、期待を寄せられるとその気持ちに応えようとする心理(教師期待効果)が …

サトルクエスチョン

サトルクエスチョンは状況や言動を予測した質問をすることで、相手から話や情報を引き出すテクニックです。サトルクエスチョンは基本的には他者への質問ですが、質問している事を相手に意識させないようにする事が重 …

ベン・フランクリン効果

ベン・フランクリン効果は心の中で均衡を保とうとする心理です。論理的、心理的に納得できない場合、その要因を無意識で探します。これは脳がストレスを軽減するようできているためです。 矛盾によって起こるストレ …

単純接触効果(ザイアンスの法則)

単純接触効果は接触回数が増加するほど好感度が増加する現象です。最初は好感がなくても、接触回数(見たり聞いたり触れたり)が増加することで、その頻度に比例して好感が強くなり評価が高まっていきます。これは人 …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ