パンデミック | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

健康

パンデミック

投稿日:2020年2月16日 更新日:

パンデミックは感染症が世界的に増加する現象です。

免疫を持つ人が少なかった感染症が、効率的に感染者を増やす能力を得る事で、二次感染、三次感染と次第に感染者が増加しパンデミックを起こします。
そのためパンデミックは突然起こるわけではなく、パンデミックが起こるまでには過程があり、感染症の規模に応じて

  1. エンデミック(endemic)
     小規模で限られた範囲での少数の感染が見られる状態
  2. エピデミック(epidemic)
     小規模な限られた範囲で感染者が多い状態
  3. アウトブレイク(outbreak)
     限られた範囲での大多数が感染している状態
  4. パンデミック(pandemic)
     感染範囲が広く、感染者が多い状態

と徐々に移行していきます。

WHOではパンデミックの過程を細分化し下記の6段階に分類しています。

フェーズ 1人間を除く動物での感染が拡大している状態
フェーズ 2人間への感染が確認され、被害の拡大が予想される状態
フェーズ 3限定的(病院や施設など)に感染が拡大している状態
フェーズ 4国レベルで感染が拡大している状態
フェーズ 5二国間以上で感染が拡大している状態
※多くの国に脅威が差し迫った状態
フェーズ 6世界的に感染が拡大している状態

対応の仕方

  • 具体的な情報を集め(感染経路、感染源等)、その対策(隔離等)を決める。
  • 未発見の同一感染者(発症者や潜伏期間中の感染者など)の捜索。
    スーパースプレッダーのような特異体質は特に注意が必要。
  • 感染者の治療と共に、隔離を行う。
  • 感染場所の消毒を行う。
  • 感染者と接触の可能性を考慮した対策(うがい、手洗い、マスク等)を行う。
  • 人が多いところは避ける。

まとめ

現在は交通手段の発達によって短時間で長距離を移動する方法が増加しました。
そのため、感染者が潜伏期間内に移動する距離も増加した事で感染経路の特定は難しくなり、感染地域も拡大しやすくなりました。

そのため、早い段階での迅速かつ正確な対応が重要です。
しかし、パンデミックとなる前段階で、効果的な治療法が確立されなかったためパンデミックとなってしまっているため、個人で行える方法は限られてきます。

特に、チフスのメアリーのように、スーパースプレッダーの存在は脅威となります。

備考

過去にパンデミックを起こした病気

  • 黒死病(ペスト)
  • 天然痘(てんねんとう)
  • コレラ
  • インフルエンザ(スペイン風邪、アジア風邪、香港風邪、新型インフルエンザ)
  • 後天性免疫不完全症候群
  • ブリオン病
  • 高病原性鳥インフルエンザ
  • SARS(重症急性呼吸器症候群)

関連記事

 アウトブレイク(感染爆発/感染症集団発生)
 スーパースプレッダー

アドセンス

アドセンス

-健康

執筆者:

関連記事

ネグレクト

ネグレクトは義務の不履行や怠慢を意味している言葉です。日本でネグレクトが示すのは子供や動物のように、自分で生きる事ができないものに対して庇護(ひご)を怠る事で、保護者としての義務を果たしていない状態で …

仮眠

仮眠は短時間の睡眠ですが、短時間でも睡眠をとる事で脳が整理され作業効率が向上します。一般的には午後になると疲労が蓄積し能力が低下するため、お昼に仮眠をとる事が効果的だと考えられています。仮眠の効果とし …

心的外傷後ストレス障害(PTSD)

心的外傷後ストレス障害(PTSD)は強い負の感情が心に残り生活に支障をきたす病気です。強烈なストレス(不安、恐怖、緊張など)が心に大きな負担を与える事で、通常は忘れられるはずの光景や感情が忘れられなく …

睡眠負債

睡眠負債は本来8時間の睡眠が必要な人が、何らかの理由により、8時間未満の睡眠しかとれない環境が何日も重なり、数日から数週間以上継続して睡眠不足が続き慢性化した状態です。(※一晩のみの睡眠不足は睡眠負債 …

感染経路

感染経路は病原体が感染者を増やす経路です。感染経路は「空気感染」「接触感染」「飛沫感染」「媒介感染」などがあり、対応策も異なるため、感染経路がわからなければ対応が難しいです。 空気感染 特徴:空気中に …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ