パンデミック | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

健康

パンデミック

投稿日:2020年2月16日 更新日:

パンデミックは感染症が世界的に増加する現象です。

免疫を持つ人が少なかった感染症が、効率的に感染者を増やす能力を得る事で、二次感染、三次感染と次第に感染者が増加しパンデミックを起こします。
そのためパンデミックは突然起こるわけではなく、パンデミックが起こるまでには過程があり、感染症の規模に応じて

  1. エンデミック(endemic)
     小規模で限られた範囲での少数の感染が見られる状態
  2. エピデミック(epidemic)
     小規模な限られた範囲で感染者が多い状態
  3. アウトブレイク(outbreak)
     限られた範囲での大多数が感染している状態
  4. パンデミック(pandemic)
     感染範囲が広く、感染者が多い状態

と徐々に移行していきます。

WHOではパンデミックの過程を細分化し下記の6段階に分類しています。

フェーズ 1人間を除く動物での感染が拡大している状態
フェーズ 2人間への感染が確認され、被害の拡大が予想される状態
フェーズ 3限定的(病院や施設など)に感染が拡大している状態
フェーズ 4国レベルで感染が拡大している状態
フェーズ 5二国間以上で感染が拡大している状態
※多くの国に脅威が差し迫った状態
フェーズ 6世界的に感染が拡大している状態

対応の仕方

  • 具体的な情報を集め(感染経路、感染源等)、その対策(隔離等)を決める。
  • 未発見の同一感染者(発症者や潜伏期間中の感染者など)の捜索。
    スーパースプレッダーのような特異体質は特に注意が必要。
  • 感染者の治療と共に、隔離を行う。
  • 感染場所の消毒を行う。
  • 感染者と接触の可能性を考慮した対策(うがい、手洗い、マスク等)を行う。
  • 人が多いところは避ける。

まとめ

現在は交通手段の発達によって短時間で長距離を移動する方法が増加しました。
そのため、感染者が潜伏期間内に移動する距離も増加した事で感染経路の特定は難しくなり、感染地域も拡大しやすくなりました。

そのため、早い段階での迅速かつ正確な対応が重要です。
しかし、パンデミックとなる前段階で、効果的な治療法が確立されなかったためパンデミックとなってしまっているため、個人で行える方法は限られてきます。

特に、チフスのメアリーのように、スーパースプレッダーの存在は脅威となります。

備考

過去にパンデミックを起こした病気

  • 黒死病(ペスト)
  • 天然痘(てんねんとう)
  • コレラ
  • インフルエンザ(スペイン風邪、アジア風邪、香港風邪、新型インフルエンザ)
  • 後天性免疫不完全症候群
  • ブリオン病
  • 高病原性鳥インフルエンザ
  • SARS(重症急性呼吸器症候群)

関連記事

 アウトブレイク(感染爆発/感染症集団発生)
 スーパースプレッダー

アドセンス

アドセンス

-健康

執筆者:

関連記事

急性アルコール中毒

急性アルコール中毒は短時間に大量の飲酒を行うことで中毒症状を引き起こし、体調に悪影響を及ぼします。アルコール中毒は血中のアルコール濃度が一気に高くなり、意識障害、血圧低下、嘔吐などの中毒症状を起こしま …

算数障害(ディスカリキュア)

算数障害(ディスカリキュア)は計算が苦手な症状です。ディスカリキュア(dyscalculia)は学習障害(LD)の一種で、数の理解や扱い、計算などが困難症状です。原因は特定されていませんが、人口の3~ …

注意欠損・多動性障害(ADHD)

注意欠損・多動性障害(ADHD)は注意散漫な状態が続く症状です。ADHDは先天的・後天的に発症する症状で、注意散漫が原因で過活動・衝動性・不注意などがみられる症状でが、幼少期にADHDと通常の行動の差 …

パニック障害

パニック障害は急に理由もなく不安や恐怖を感じるため日常生活に支障がでます。パニック障害の「突然」「理由もなく」強い不安や恐怖、動機や発汗手足の震えなどの症状が起きます。また、パニック障害は特定の場所や …

ニコチン依存症(煙草依存症)

ニコチン依存症は依存症の一種でニコチンに依存している病気です。ニコチンは喫煙をすることで体内に吸収され脳に幸福感を与えるます。この幸福感がやめられずに依存してしまう人がニコチン依存症です。ニコチン依存 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ