パブロフの犬 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

パブロフの犬

投稿日:2019年12月19日 更新日:

パブロフの犬は、条件反射の実験例です。

犬に限ったことではなく、人にも同様の現象がおき、数多くの条件反射があります。
広義には癖や習慣、トラウマなどもこの条件反射の一つといえます。
そしてこれらは人生に大きく影響します。

家に帰って暗ければ無意識に明かりをつけます。
これは条件反射の一例で、無意識に条件に対しての行動を行います。

この場合の条件は「部屋が暗い」です。
これに対して、「明かりをつける」という行動を行います。

帰宅のたびに行うことで習慣づけられることで、条件定義され無意識に条件に対する行動が行われます。

悪い癖の改善

条件反射には悪いものもあるので改善しましょう。
まずはジョハリの窓を確認し、友人などと無意識下の悪い癖を確認しましょう。

悪い癖を改善するのには、今までついた癖を上書きしなくてはなりません。
これを改善するのは容易ではありません。
しかし、努力次第で改善することはできます。

条件がそろう時に意識して改善することで治します。
最初は10回に1回から始まっても大丈夫ですので、続けることが大事です。

実際の実験内容

犬に餌を与える時、ベルを鳴らしてから与えるという行動を繰り返します。
繰り返すことによって、ベルを鳴らすだけで犬がよだれを垂らすようになります。
これはベルを鳴らす=エサを与えられるという条件が確立されたためです。

ソビエト連邦の生理学者、イワン・パブロフが発見したもので、条件反射の実験です。

関連記事

 ジョハリの窓

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

サブリミナル効果

サブリミナル効果は認識できない刺激によって行動を誘導する効果です。サブリミナル効果で用いられる認識できない刺激は、サブリミナル刺激と言われ、意識や潜在意識よりも深い閾下知覚(いきかちかく)に刺激を与え …

囚人のジレンマ(社会的ジレンマ)

囚人のジレンマはお互い協力する方が、協力しないよりも良い結果になることが分かっていても、協力しない者が利益を得る状況ではお互いに協力しなくなるというジレンマです。囚人のジレンマでは、囚人というモデルケ …

親近効果

親近効果は最後に与えられた情報の影響が強くなる現象です。親近効果は多くの情報を得る事で効果がより現れやすいです。多くの情報を得る事で全体の把握が困難になり、最後の情報の影響が大きくなる傾向を示す心理効 …

パーソナルスペース(対人距離)

パーソナルスペースは自分と他者の物理的な距離感です。この距離感は相手をどこまで信用しているかで距離が異なるため、親密度が高ければ近く、親密度が低ければ遠くなります。自分が確保したい距離以上に踏み込まれ …

サトルネガティブ

サトルネガティブは質問に対してどう答えても正解になる質問の仕方です。サトルネガティブで使うのは基本的に否定疑問文です。これは否定疑問文に対する答えを「YES・NO」で答える事は難しいため、質問なのか否 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ