パブロフの犬 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

パブロフの犬

投稿日:2019年12月19日 更新日:

パブロフの犬は、条件反射の実験例です。

犬に限ったことではなく、人にも同様の現象がおき、数多くの条件反射があります。
広義には癖や習慣、トラウマなどもこの条件反射の一つといえます。
そしてこれらは人生に大きく影響します。

家に帰って暗ければ無意識に明かりをつけます。
これは条件反射の一例で、無意識に条件に対しての行動を行います。

この場合の条件は「部屋が暗い」です。
これに対して、「明かりをつける」という行動を行います。

帰宅のたびに行うことで習慣づけられることで、条件定義され無意識に条件に対する行動が行われます。

悪い癖の改善

条件反射には悪いものもあるので改善しましょう。
まずはジョハリの窓を確認し、友人などと無意識下の悪い癖を確認しましょう。

悪い癖を改善するのには、今までついた癖を上書きしなくてはなりません。
これを改善するのは容易ではありません。
しかし、努力次第で改善することはできます。

条件がそろう時に意識して改善することで治します。
最初は10回に1回から始まっても大丈夫ですので、続けることが大事です。

実際の実験内容

犬に餌を与える時、ベルを鳴らしてから与えるという行動を繰り返します。
繰り返すことによって、ベルを鳴らすだけで犬がよだれを垂らすようになります。
これはベルを鳴らす=エサを与えられるという条件が確立されたためです。

ソビエト連邦の生理学者、イワン・パブロフが発見したもので、条件反射の実験です。

関連記事

 ジョハリの窓

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

相補性の法則

相補性(そうほせい)の法則は自分と対照的な人に惹かれる心理です。自分と対照的な性格や長所を持った人に惹かれる人は多いと思います。これは自分の不足しいている部分(欠点)を補ってくれる相手を無意識で求める …

サトルクエスチョン

サトルクエスチョンは状況や言動を予測した質問をすることで、相手から話や情報を引き出すテクニックです。サトルクエスチョンは基本的には他者への質問ですが、質問している事を相手に意識させないようにする事が重 …

現状維持バイアス

現状維持バイアスは変化や知らないものを避ける心理です。人は安定を求める思いが強く、わからないものを恐怖として認識します。そのため、現状維持しようとする傾向が強いです。これには複数の心理的作用が働いてい …

アンカリング効果

アンカリングは評価する際の基準点が感情的な影響によって作り上げられる事で、合理的な判断結果と異なることです。感情的な経験が強いほど強力な基準ができ、その基準を繰り返し用いる事で、さらに基準は強くなりま …

単純接触効果(ザイアンスの法則)

単純接触効果は接触回数が増加するほど好感度が増加する現象です。最初は好感がなくても、接触回数(見たり聞いたり触れたり)が増加することで、その頻度に比例して好感が強くなり評価が高まっていきます。これは人 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ