パブロフの犬 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

パブロフの犬

投稿日:2019年12月19日 更新日:

パブロフの犬は、条件反射の実験例です。

犬に限ったことではなく、人にも同様の現象がおき、数多くの条件反射があります。
広義には癖や習慣、トラウマなどもこの条件反射の一つといえます。
そしてこれらは人生に大きく影響します。

家に帰って暗ければ無意識に明かりをつけます。
これは条件反射の一例で、無意識に条件に対しての行動を行います。

この場合の条件は「部屋が暗い」です。
これに対して、「明かりをつける」という行動を行います。

帰宅のたびに行うことで習慣づけられることで、条件定義され無意識に条件に対する行動が行われます。

悪い癖の改善

条件反射には悪いものもあるので改善しましょう。
まずはジョハリの窓を確認し、友人などと無意識下の悪い癖を確認しましょう。

悪い癖を改善するのには、今までついた癖を上書きしなくてはなりません。
これを改善するのは容易ではありません。
しかし、努力次第で改善することはできます。

条件がそろう時に意識して改善することで治します。
最初は10回に1回から始まっても大丈夫ですので、続けることが大事です。

実際の実験内容

犬に餌を与える時、ベルを鳴らしてから与えるという行動を繰り返します。
繰り返すことによって、ベルを鳴らすだけで犬がよだれを垂らすようになります。
これはベルを鳴らす=エサを与えられるという条件が確立されたためです。

ソビエト連邦の生理学者、イワン・パブロフが発見したもので、条件反射の実験です。

関連記事

 ジョハリの窓

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

初頭効果

初頭効果は最初に与える影響が大きい現象です。最初に与えられる刺激に対しては感情的に受け止める事が多いです。最初は未知の部分がほとんどで、その未知の部分に対して予想を立てる事で、合理的な判断と異なった印 …

パレートの法則(働きアリの法則/ばらつきの法則)

パレートの法則は集団の上位2割がその集団の8割を占める活躍をしているという原理です。ここから、2対8の法則や、8対2の法則ともいわれます。 パレートの法則は2:6:2に分けて分析を行います。上位の2割 …

自己顕示欲

自己顕示欲は他者に認識してもらいたい心理的欲求です。自己顕示欲は承認欲求の一種とされ、他者から確立した個人として認識されたいと思う心理です。しかし、自己顕示欲が強くなりすぎると周囲へのアピールが過剰に …

サブリミナル効果

サブリミナル効果は認識できない刺激によって行動を誘導する効果です。サブリミナル効果で用いられる認識できない刺激は、サブリミナル刺激と言われ、意識や潜在意識よりも深い閾下知覚(いきかちかく)に刺激を与え …

類似性の法則

類似性の法則は共通点が多い人に好感を抱く心理です。類は友を呼ぶというように、共通点が多い人は自然と集まります。これは共通点が多い人に親近感を抱きやすいためで、共通点が多ければ多いほど、より好感度は上が …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援いただけると幸いです。


PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ