スーパースプレッダー | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

健康

スーパースプレッダー

投稿日:2020年2月16日 更新日:

スーパースプレッダーは感染症を通常の想定以上に感染させる恐れのある感染源です。

一般的な感染源は3人程度までへの感染で収束する一方で、スーパースプレッダーは10人以上へ感染させる感染源と定義され、数十人規模で感染を広める事もあります。

スーパースプレッダーは感染症の拡散能力が高いのが特徴ですが、二つのタイプに分類されます。

  • 短期集中型
     通常の潜伏期間中に多くの感染者を増やすタイプ
  • 長期分散型
     長期間にわたって感染者を増やすタイプ

どちらのタイプも感染拡大に大きな影響をもたらすキーパーソンとされるため、スーパースプレッダーによる感染拡大事例をスーパースプレッティングと区別する事もあります。

スーパースプレッティングはいくつかの要因が重なる事で起こる危険性が上昇します。

スーパースプレッティングが起こりやすい状態

  • 集団的に免疫が低下している状況
     院内感染、高齢者施設など
  • ウィルス感染の誤認
     病院の誤診や個人の誤った判断
  • 重感染
     複数の病原が重なる事が要因

上記の条件を回避する事が感染を拡大させないためには重要視されています。
そのため、公衆衛生や、医療、保健分野を通常時から高い水準で維持する事が、被害の拡大を未然に防ぐためには有効な手段と考えられています。

まとめ

感染症が広まる事で多くの被害者を生み、深刻な事態を招きます。
パンデミックによる被害では感染者が約6億人(当時の人口の1/3程度)、死亡者が5千人とする報告もあります。
しかし、感染の拡大を引き起こす恐れがあるスーパースプレッダーを隔離する際には、人権の問題もあり対応が難しいです。
チフスのメアリーは長期的に多くの感染者を生んだため、感染源としての人権について議論される一方で、感染源本人の認識の甘さから死者も出している事から、公衆衛生を高める教材として使われる事もあります。

関連記事

 パンデミック

アドセンス

アドセンス

-健康

執筆者:

関連記事

自立神経失調症

自律神経失調症(じりつしんけいしっちょうしょう)は全身の器官をコントロールする自律神経に支障をきたし、多くの不調が出てしまう状態です。自律神経は全身の器官を無意識的にコントロールしています。つまり、自 …

全般性不安障害(GAD)

全般不安性障害は日常生活に問題がなくても不安な気持ちが常にある状態です。全般性不安障害は不安障害の一種とされていますが、不安の原因が漠然としているたため、その解決方法も明確になりません。そのため、不安 …

セルフ・ネグレクト(自己放任)

セルフ・ネグレクトは自身の生活を放任する事で心身の安全や健康が脅かされます。セルフ・ネグレクトはなにもする気力がなくなり、生活を維持する事ができなくなり、生活環境や栄養状況が悪化してもそれを改善しない …

感染経路

感染経路は病原体が感染者を増やす経路です。感染経路は「空気感染」「接触感染」「飛沫感染」「媒介感染」などがあり、対応策も異なるため、感染経路がわからなければ対応が難しいです。 空気感染 特徴:空気中に …

論理療法(理性感情行動療法)

論理療法は心理療法の一種で、論理的な観点からメンタルケアを行う方法です。論理療法は心理的問題や生態的反応は論理的な思考が心理に影響を及ぼすというアルバート・エリスのABCDE理論(ABC理論)が基礎的 …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ