スリーパー効果(仮眠効果) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

スリーパー効果(仮眠効果)

投稿日:

スリーパー効果は発信源の情報が時間経過によって忘却される現象です。

情報の内容の信頼性は情報の発信源の信頼性に比例します。
しかし、「情報の内容」と「発信源の情報」では、「情報の内容」の方が記憶に残りやすいという心理を元に提唱されました。

時間経過と共に「発信源の情報」が忘却され、「情報の内容」のみが記憶に残ります。
発信源の情報が失われるまでの期間は一般的に1か月と言われています。

「情報の発信源」の信頼性が低い場合、「発信源の情報」が失われた事で、「情報の内容」についたマイナスの要素がなくなり情報に対する信頼度が向上します。
反対に、「情報の発信源」の信頼性が高い場合、「発信源の情報」が失われる事で、「情報の内容」についたプラスの要素がなくなり、情報に対する信頼性が低下します。

具体例

親友のAさんへの信頼度を100%とします。
初めて会うBさんへの信頼度を0%とします。
情報Xの信頼度を50%とします。

Aさんから情報Xを聞く場合、信頼度が75%とします。
Bさんから情報Xを聞く場合、信頼度が25%とします。

しかし、1か月後には情報の発信源がだれなのかを忘れています。

そのため、情報Xの最終的な信頼度は50%となります。

つまり、1か月期間をあける事で、始めた会う人の話も親友の人の話も情報の信頼度だけで判断してもらえるようになります。

まとめ

情報の信頼性は発信者に対する信頼度に短期的には比例します。
これはミルグラム効果でも実証されています。

学者や指導者のような権威がある人からの指示を受けると自身の判断が揺らぎ、過っていると思うような内容でもその指示に従ってしまいます。
しかし、後になって冷静に考えると過ちだったと考える事が多いです。

ビジネスではこれを活用して一定期間をあける事で、情報の信頼性のみで勝負する事ができます。
しかし、ここで大切なのは、情報そのものを忘れてしまわないように印象に残る様に工夫する事です。
発信者の不審さだけ印象に残ってしまっては当然だめです。
情報の発信者は平凡でいる事で情報を印象付ける事で、後に同じ情報を与えられた時に情報を疑う確率が下がります。

備考

スリーパー効果はアメリカの心理学者のカール・ホブランドが提唱しました。

情報源の信頼性が眠ってしまう事から、居眠り効果、仮眠効果などとも呼ばれています。

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

囚人のジレンマ(社会的ジレンマ)

囚人のジレンマはお互い協力する方が、協力しないよりも良い結果になることが分かっていても、協力しない者が利益を得る状況ではお互いに協力しなくなるというジレンマです。 各個人が合理的に選択した結果が社会全 …

ロングテールの法則(ログテール効果/ロングテール現象)

ロングテールの法則は、高成績は一部でその他の需要は大幅に下がっている現象です。成績が悪いものは、成績が良いものの成績をさらに向上させることもあります。商品販売などで考えるとわかりやすいです。パレートの …

アダルトチルドレン(AC)

アダルトチルドレンは容姿よりも精神的に成熟しているように思える人に多く、大人のような子供と表現される事もあります。アダルトチルドレンは幼少期に機能不全家族で育った人に多いです。機能不全家族は親が依存症 …

帰結主義(結果主義)

帰結主義は結果を重要視し、その結果から行動が正しいのかを判断します。基本的に何かを進めるには行動を行った後に結果が生まれます。帰結主義では結果を見る事で、その行動の有効性を判断します。そのため、帰結主 …

割れ窓理論

割れ窓理論は始めの些細な犯罪が後に大きな犯罪へと繋がる例です。割れ窓理論はバタフライ効果の様に、最初の些細な切っ掛けが後の大きな犯罪への布石となってしまうモデルケースで、軽微な犯罪でも徹底的に取り締ま …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ