スポットライト効果 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

スポットライト効果

投稿日:

スッポットライト効果は他者からの認識を過剰に考えてしまい、自身が注目されていると錯覚をしてしまう現象です。
自身の見られている意識と、周囲から見られている意識の差が大きい現象です。
スポットライト効果は集団の中で起こりやすいです。

人は主観が先行しやすいため、自意識過剰気味になる傾向があります。
そのため、自分のした些細なことでも、大きくとらえてしまいます。
これは透明性の錯覚により、他者の認識以上の認識をされていると錯覚する事が原因となり、目立っていると錯覚してしまいます。
それは、スポットライトを当てられてるような気持ちです。
しかし、他人は自分が思う以上に自分の事を認識していません。

具体例

服を裏返しに着て出かけても案外周囲からは認識されないものです。
これは逆の立場で考えていただければわかりやすいと思います。
今朝一番最初に挨拶した方の服装を正確に思い出せるでしょうか?
多くの人はぼんやりとしか思い出せないと思います。

髪型を変えると、気づいてくれ方はがどのくらいいるでしょうか?
ばっさり切ると、みんな気づいてくれると思いますが意外と気づかないです。

まとめ

他者への関心は自分が思う以上に少なく、自己中心性が高い方ほど、他者への関心は少なくなります。
それに反比例し、自己中心性の高い方は自身への関心が高くなります。
このため、自己中心性が高いかたほど、スポットライト効果を受けやすい傾向があります。
このことからスポットライト効果は自己中心性バイアスともいわれています。
自己意識は自己認識スケールという測定によって測定する事もできます。

自己中心性が低い方は周囲に流されやすく、他者への関心が強いため、他者の事を深く考える傾向があります。
そのため、他者との交流では疲れやすい傾向があります。

関連記事

 透明性の錯覚

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

メラビアンの法則(7-38-55ルール/3Vの法則)

メラビアンの法則は矛盾した情報に対しての影響に関する法則です。コミュニケーションを取ろうとすると、言語を用いて表現する事が主流です。その際に会話の内容以外にも多くの情報があります。しかし、会話の内容や …

おとり効果

おとり効果は選択肢の中に不適切な選択肢を入れて特定の選択肢を選ぶ可能性をあげる心理効果です。おとり効果は主にマーケティングで用いられています。そのため、商品の陳列の際にはこれを意識した陳列がされている …

親和欲求(親和動機)

親和欲求は他者と友好的になりたいと思う心理です。人は基本的に他者と友好的になりたい気持ちがあります。これは生存率が集団で生活した方が高いためだと思います。しかし、親和欲求は状況によって強くなったり、弱 …

シンデレラ症候群(シンデレラシンドローム/シンデレラコンプレックス)

シンデレラ症候群は、男性に高い理想を求める考えです。童話のシンデレラのように理想の相手を待ち続ける事が由来とされています。これは貧困層が富裕層へもつ憧れが、シンデレラストーリーの普遍的な魅力となってい …

相補性の法則

相補性(そうほせい)の法則は自分と対照的な人に惹かれる心理です。自分と対照的な性格や長所を持った人に惹かれる人は多いと思います。これは自分の不足しいている部分(欠点)を補ってくれる相手を無意識で求める …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ