ストックスピール | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

ストックスピール

投稿日:2020年11月15日 更新日:

ストックスピールは会話で役に立つテクニックの一つで、信頼を得るための常套句を使う方法です。

ストックスピールは他者からの信頼を得るのに効果的な方法で、自分の中で使いやすい会話の定型文をいくつかキープしておき、会話の中でそれらを使用しながら、臨機応変に会話を展開していく方法です。

ストックスピールで重要なのは理解度が高いと思わせる事で、コミュニケーションを円滑に進めるために役立ちます。

ストックスピールは他者の反応を見ながら臨機応変にその後の対応を変える事で、他者からの好感を得るのに役立ちます。

具体例

ストックスピールは臨機応変に対応を変えられる言葉がお勧めです。

例えば

「少し疲れていませんか?〇〇さんはいつも頑張っているから心配です。」

このように具体性が全くないのに理解度が高いと錯覚するような言葉が良いです。

基本的には多くの人は疲れていますし、頑張っています。
そのため、このように言われて否定する人は少ないと思います。
否定されなければ流れに合わせて話が膨らんでいきます。

仮に否定された場合でも「気のせいなら良いのですが・・・無理しないでくださいね。」と返せば変に思われる事もないです。

このようにどちらに転んでも相手が不快にならないような言葉を選択する事が重要です。

そのためには相手の返答を想定し、親密度があがるような内容を用意する事がポイントです。

まとめ

ストックスピールは親密度を上げるのに役に立ちます。

そのため、コールド・リーディングなどの手法で使われる事が多い「サトルクエスチョン」や「サトルネガティブ」を参考にする事で効果的で実践的な文章を作りやすくなります。

しかし、ストクスピールは会話の切っ掛けであり、ここから情報を読み取っていき、その読み取った情報を活かしてさらに親密度をあげる足掛かりとする事でコミュニケーションが円滑に行えるようになります。

ここまでの話だとメリットしかないように感じると思いますが、使い過ぎは厳禁です。

人は新奇恐怖症(ネオフォビア)という未知のものに対して恐怖を感じます。
そのため、一般的な交友関係ではあまりにもわかりすぎてしまう人に対しては恐怖を感じてしまいます。

わからないという人間味も、好感度を上げる要素の一つとなっているので、占い師や詐欺師などの極一部に該当しない多くの人はバランスを考えて使うのが良いです。

関連記事

 コールド・リーディング
 サトルクエスチョン
 サトルネガティブ
 新奇恐怖症(ネオフォビア)

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

茹でガエル現象(茹でガエルの法則/茹でガエル症候群)

茹(ゆ)でガエル現象は環境の変化に対応する事の危険性の例えで使われています。熱湯にカエルを入れるとカエルは逃げてしまいます。しかし、カエルを入れてから徐々に水温を上げていくと逃げるタイミングを失って、 …

初頭効果

初頭効果は最初に与える影響が大きい現象です。最初に与えられる刺激に対しては感情的に受け止める事が多いです。最初は未知の部分がほとんどで、その未知の部分に対して予想を立てる事で、合理的な判断と異なった印 …

保有効果(授かり効果)

保有効果は自分が所有しているものは価値が高いと思う心理です。特に保有している期間が長い場合は高い価値を感じて手放したくないという気持ちが強くなります。そのため、客観的に判断した価値との差が大きくなりま …

パブロフの犬

パブロフの犬は、条件反射の実験例です。犬に限ったことではなく、人にも同様の現象がおき、数多くの条件反射があります。広義には癖や習慣、トラウマなどもこの条件反射の一つといえます。そしてこれらは人生に大き …

レミニセンス効果

レミニセンス効果は情報を記憶した直後よりも一定時間たってからのほうが記憶をよく思い出せる現象です。基本的に脳は短期記憶と長期記憶を分けて記憶します。 短期記憶 短期記憶は短時間(数秒~数分)の記憶とさ …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ