シングルタスク | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

シングルタスク

投稿日:

シングルタスクは一つの処理を集中的に行う事です。

基本的に人の脳はシングルタスクをに適しています。
そのため、一つの事に集中して処理したほうが生産性が高いです。

また、マルチタスクに比べてシングルタスクの方が精度や完成度が高くなりやすい傾向があります。
これは、一連の処理内容に一貫性があり連続して処理を行えるため、ミスや抜けが少ないです。

しかし、複数の処理を同時にしたほうが効率が良いと思う人も多いと思います。
確かに一定の条件を満たす事でマルチタスクの方が効率が良くなりますが、基本的にはシングルタスクの方が効率が良いです。

シングルタスクとマルチタスクの違い

人の頭の中には机が一つしかないと考えてください。
作業を行うためにはその机の上に資料やメモを置きます。

シングルタスクの場合は一通りの仕事が終わってから次の仕事をします。

しかし、マルチタスクは机の上が散らかった状態で作業したり、机の上の整理と広げるのを繰り返して作業を進めます。

そのため、同時進行している作業の記憶が混ざってしまったりしてしまうと、完成度が下がる原因にもなります。

しかし、コンピューターのように複数の記憶領域や処理領域がある場合は、その処理毎に机と担当者が用意されます。
そのため、並列処理したほうが処理能力が向上します。

別々の処理を別々の机で行えれば、その資料が混ざる事もなく、机の整理や片付けに取られる時間も少ないです。

このように、人の脳は基本的に複数の事を同時には行えないため、シングルタスクを切り替える事でマルチタスクをこなしているため、厳密な意味でのマルチタスクではありません。

そのため、切り替える頻度が多ければ多いほど余計なエネルギーを使うため、処理能力は低くなります。

そのため、会社のように組織になるとそれぞれの役割が分離していて、その処理毎に担当がついています。

しかし、シングルタスクよりもマルチタスクの方が生産性が高い場合があります。
それは、処理と処理の隙間時間を活用できる場合です。
切替の時間よりも待機時間が長い場合はマルチタスクを行う事で隙間時間を有効活用できるため生産性が向上します。

まとめ

マルチタスクができる人は基本的に能力が高いため、複数の処理を同時行い効率が低下している状態でも、高いパフォーマンスを発揮できる能力があります。

そのため、能力が低い人がこれをしてしまうと、全てのパフォーマンスが低下してしまうため、効率がとても悪くなってしまいます。
最悪の場合は疲労感に対しての生産性が極端に低く、時間をけて作業していてもその成果は表れない事も多いです。

これは、それぞれが中途半端な状態になってしまい、完成に費やす時間も完成度も低くなってしまうためです。
俗に言う「二兎を追う者は一兎をも得ず」がこの状態です。

こうならないためには、優先順位をつけて処理することが大切です。

関連記事

  マルチタスク

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

スーパーコネクター

スーパーコネクターは、人脈が広い人です。スーパーコネクターは人と人を結びつけるのが好きで、広く多種多様な人脈(コネクト)を持ち、人間関係の輪を広げてくれます。また、その人脈は数だけでなく、質も良く、年 …

パレート最適(パレート効率性)

パレート最適はパレート効率性とも呼ばれ、個の犠牲がなければ他が満足する事がない状態です。つまり、全体で見た時にそれ以上の最適は存在しない状態です。 具体例 AさんBさんの二人で一枚のビスケットを分ける …

論理的思考(ロジカルシンキング)

論理的思考は主観的な感情を除いた客観的な思考です。視点が自分のみではなく、他者からの視点を用い判断します。物事要点を抑え順序立てて矛盾が無いように効率よく判断します。論理的思考は要点を抑えるため、無駄 …

モラルジレンマ

モラルジレンマとは道徳的に矛盾した二者択一です。モラルジレンマは複数の選択を迫られた時にどの選択も正しく、どの選択も間違っているとする矛盾を抱えています。実社会ではモラルジレンマが起きないようにするこ …

貧困(絶対的貧困と相対的貧困)

貧困には定義があり、絶対的貧困と相対的貧困に分類されます。絶対的貧困と相対的貧困ではその生活水準が大きく異なります。 絶対的貧困 人としての水準を維持する事が難しい(貧困線を下回る)状態相対的貧困 文 …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ