サトルネガティブ | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

サトルネガティブ

投稿日:2020年11月14日 更新日:

サトルネガティブは質問に対してどう答えても正解になる質問の仕方です。

サトルネガティブで使うのは基本的に否定疑問文です。

これは否定疑問文に対する答えを「YES・NO」で答える事は難しいため、質問なのか否定なのかを判断する事が難しいためです。

この曖昧な表現を使う事で他者の答えを最初から知っていたように振る舞う事ができます。

そのため、答えを知らないのに必ず正解します。

具体例

例えば占い師などの使うテクニックの場合

「あなたが買った宝くじは当たっていませんよね?」
「当たりました。」
「そうですよね。今運気が上がっていますよ。」

「あなたが買った宝くじは当たっていませんよね?」
「外れました。」
「そうですよね。これから運気が上がりますよ」

否定疑問文を使うと真逆の回答をしても相手の答えに対して臨機応変に対応する事ができる状態となります。

簡単に例えると後出しじゃんけんです。

まとめ

サトルネガティブは異なる意味を同時に二つ持つ文章を使う事で答えを言い当てたかのように他者を認識させる手法です。

基本的に誤解が生まれやすい発言はトラブルの原因となる事が多いため、日常生活では否定疑問文は使わない傾向が強いです。

しかし、このような文章を好んで使う人もいます。

このような言葉は短期間で好感度や信頼を上げるために使われるため、営業員・占い師・詐欺師などが使うテクニックとして知られています。

そのため、否定疑問文を使っていると感じた場合は、こちらが回答する前に、相手が何を指しているのかを具体的に確認する事が大切です。

そして、このような文章をストックスピールとしていくつか用意する事で円滑なコミュニケーションに役立ちます。

関連記事

 ストックスピール

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

カリギュラ効果(心理的リアクタンス)

カリギュラ効果は禁止されている事に対しての興味や関心が強くなる効果です。禁止されている事を破りたくなった事は誰しもあると思います。普段だったらやらないような事でも禁止されると気になってしまうものです。 …

教師期待効果(ピグマリオン効果/ローゼンタール効果)

教師期待効果は心理行動の一つで、教育者が学習者に対して期待をする事で、成績の向上に影響を与える効果です。教師に期待されることでその期待に応じた働きを見せる心理行動です。教師期待効果、ピブマリオン効果、 …

親和欲求(親和動機)

親和欲求は他者と友好的になりたいと思う心理です。人は基本的に他者と友好的になりたい気持ちがあります。これは生存率が集団で生活した方が高いためだと思います。しかし、親和欲求は状況によって強くなったり、弱 …

ウィンザー効果

ウィンザー効果は直接的な意見よりも、第三者から間接的に聞いたほうが信憑性、信頼性が高まる心理効果です。当事者は自分に都合がいいように話を展開する傾向があります。そのため、当事者以外の第三者から得られる …

ロングテールの法則(ログテール効果/ロングテール現象)

ロングテールの法則は、高成績は一部でその他の需要は大幅に下がっている現象です。成績が悪いものは、成績が良いものの成績をさらに向上させることもあります。商品販売などで考えるとわかりやすいです。パレートの …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ