サトルネガティブ | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

サトルネガティブ

投稿日:2020年11月14日 更新日:

サトルネガティブは質問に対してどう答えても正解になる質問の仕方です。

サトルネガティブで使うのは基本的に否定疑問文です。

これは否定疑問文に対する答えを「YES・NO」で答える事は難しいため、質問なのか否定なのかを判断する事が難しいためです。

この曖昧な表現を使う事で他者の答えを最初から知っていたように振る舞う事ができます。

そのため、答えを知らないのに必ず正解します。

具体例

例えば占い師などの使うテクニックの場合

「あなたが買った宝くじは当たっていませんよね?」
「当たりました。」
「そうですよね。今運気が上がっていますよ。」

「あなたが買った宝くじは当たっていませんよね?」
「外れました。」
「そうですよね。これから運気が上がりますよ」

否定疑問文を使うと真逆の回答をしても相手の答えに対して臨機応変に対応する事ができる状態となります。

簡単に例えると後出しじゃんけんです。

まとめ

サトルネガティブは異なる意味を同時に二つ持つ文章を使う事で答えを言い当てたかのように他者を認識させる手法です。

基本的に誤解が生まれやすい発言はトラブルの原因となる事が多いため、日常生活では否定疑問文は使わない傾向が強いです。

しかし、このような文章を好んで使う人もいます。

このような言葉は短期間で好感度や信頼を上げるために使われるため、営業員・占い師・詐欺師などが使うテクニックとして知られています。

そのため、否定疑問文を使っていると感じた場合は、こちらが回答する前に、相手が何を指しているのかを具体的に確認する事が大切です。

そして、このような文章をストックスピールとしていくつか用意する事で円滑なコミュニケーションに役立ちます。

関連記事

 ストックスピール

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

優越の錯覚

優越の錯覚は自分は平均よりも優れていると過大評価する心理です。知識や技術、身体能力や性格など、他者よりも優れていると錯覚しやすい傾向があります。 これは人間の生存本能によるもので、他者よりも優れている …

ホーソン効果

ホーソン効果は期待されることで行動の変化を起こす現象です。一般的に他者は興味や関心を持つと、同時に期待を寄せる傾向があります。そして、期待を寄せられるとその気持ちに応えようとする心理(教師期待効果)が …

保有効果(授かり効果)

保有効果は自分が所有しているものは価値が高いと思う心理です。特に保有している期間が長い場合は高い価値を感じて手放したくないという気持ちが強くなります。そのため、客観的に判断した価値との差が大きくなりま …

ジャム理論(ジャムの法則)

ジャム理論は選択肢が多くなると選択を決定する事をあきらめてしまう事を証明した実験です。ジャム理論では多数の選択肢と、少数の選択肢を提示した際の意志決定に与える影響を調べる実験です。ジャム理論の検証実験 …

ハロー効果(後光効果/ハローエラー)

ハロー効果は認知バイアスの影響で顕著な特徴が過大に捉えられる現象です。後光効果やハローエラーとも呼ばれます。ハロー効果は特徴的な印象を元に先入観で情報を予想するため、実際の人物像とは異なった現象となる …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ