コペルニクス的転回(コペ転/パラダイムシフト) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

コペルニクス的転回(コペ転/パラダイムシフト)

投稿日:2020年2月22日 更新日:

コペルニクス的転回は価値観や考え方が全く異なったものになる事です。

コペルニクス的転回はコペ転と略され、パラダイムシフトと同じ意味で用いられ、根本が覆る事、考え方や発想が全く異なった事の例えで用いられるようになりました。

概略

昔は天動説が信じられ地球を中心に太陽が動いていると考えられていました。
しかし、コペルニクスは動いているのは地球の方であるとし、地動説を提唱し普及させました。
この話をカントが真逆の発想の例として用いた事が由来となります。

※天動説、地動説、カントの定説は複雑なため、要点だけをまとめています。

具体例

株を100万円で購入し、年利5%だとします。
毎年5万円入るので20年で100万円になります。

しかし、配当が2.5万円となると、40年かかってしまいます。
さらに、40年しないで倒産してしまう場合は回収できずに終わります。

100万円が20年で200万円になると思っていたのに。
実際には100万円以下の資産になってしまう。

最初の定義はリスクを考慮してない盲目的な思案です。
本質的にはリスクとリターンを考慮し、それが本当に良い選択なのかを考える必要があります。

まとめ

根本的な観点から見直す事は大切です。
しかし、本質を見極める事は難しく、すぐにはできるようにはなりません。

そのためには好きな事を本気で取り組むのが一番効果的だと思います。
好きな事を本気でできない人が、嫌いな事を本気するのは難しいからです。
本気で取り組んでいると批判的思考論理的思考などが必要になっていきます。
本質を見極められるようするのに必要な要素が自然に身についていきます。

備考

天動説はアリストテレスが提唱し、長く信じられていました。

地動説はポーランドの天文学者、コペルニクスが広めたことで有名です。
コペルニクスが提唱する以前から提唱される事がありましたが、それが普及することはなく、コペルニクスが周知させたため、地動説ではコペルニクスが代表的な存在となっています。

哲学者のイマヌエル・カントはコペルニクスの地動説は、それまで信じられていた天動説を信じる人にとって、物事が根本的から覆される事だと言及しました。

人は自分の中で決められた常識が覆る事に対して、偏った目で物事を認識してしまう傾向があります。

コペルニクス的転回の地動説はコペルニクス以前にも地動説を主張する人がいましたが、それが周知される事はありませんでした。

このような偏った視点で物事を見るのではなく、多面的に分析を行う事は大切です。

関連記事

 批判的思考(クリティカルシンキング)
 論理的思考(ロジカルシンキング)

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

アキレスと亀のパラドックス

アキレスと亀はアキレス(人)が亀に追いつけないパラドックスです。本来ならば 追いこせるはずの亀をアキレス(人)が追い越せない理論になります。これは着眼点による通常は考える事のすくない視点からの理論です …

臓器くじ

臓器くじは健常者の臓器を取り出して多くの人の命を救う事は善い事かを考える思考実験として提案されました。臓器くじは功利主義、モラルジレンマを考える際の題材として取り上げられることが多いです。健常者の臓器 …

ワニのパラドックス(人食いワニのジレンマ)

人食いワニのパラドックスはワニが出題する問題に矛盾があるために起こってしまうパラドックスです。子供を助けたい親が「ワニが子供を食べる」を選択してしまうと矛盾が発生してしまいます。 ワニのパラドックスの …

大数の法則(多数の法則)

大数の法則(たいすうのほうそく)は確率や統計の分母を大きくすることで理論値に近づく法則です。大数の法則は実験を証明する際の偏りを減らすために用いられることが多いです。試行回数が少ないと偏りによる影響が …

HSP(エイチエスピー/ハイリー・センシティブ・パーソン)

HSPは先天的に刺激に対して敏感な人です。HSPは日本人に比較的多く約20%(5人に1人)と考えられています。しかし、HSPではない人が約8割(5人のうち4人)なので、日常的には少数派になってしまう事 …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ