クーリングオフ | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

クーリングオフ

投稿日:2020年6月5日 更新日:

クリーングオフは一定条件の契約を特定の期間に限り解除できる制度です。

クーリングオフは一般消費者(商人などを除く)に適用される制度で、特定の条件で契約された場合に限り、その契約を一定期間の間は解除できる制度です。

この制度は商品を強引に売りつける商法の抑止力となっており、この制度によって自分の意志を通せない状態で取引が成立した場合でも、後からその取引を無効にできる制度です。
概ね1週間~2週間以内の契約がクーリングオフの対象期間となります。

クーリングオフの主な対象

  • 訪問販売
  • 電話勧誘販売
  • マルチ商法
  • 預託取引契約
  • 宅地建物取引
  • 投資顧問契約
  • 保険契約

クーリングオフの適用外となる主な対象

  • 解約期間を過ぎた場合
  • 一般消費者でない場合
  • 代金が少額な場合
  • 指定された消耗品の使用済みの分
  • 商品やサービスの一部

具体例

隔離された空間で長時間に渡って強引に押し売りをされる事があります。

このような状態ではそこから抜け出すためには契約を行わなくてはいけない状況のため、多くの人が契約を結んでしまいます。
しかし、このような強引な取引は購入者にとって不利益となる事が多いです。

そのため、このような強引な取引をしても後からそれを解約できるとすることで、強引な販売方法によって契約をさせても後から無効にされるリスクがあるという認識が生まれるため、強引な取引は減少します。

まとめ

クーリングオフは消費者を守るための制度です。
この制度は文部科学省が定めた現行学習指導要領にも含まれている内容ですが、その具体的な内容については理解が浅いと思います。

そのため、実際にクーリングオフ制度を利用する際の詳細は消費生活センターへ相談する事が望ましいです。

独立行政法人 国民生活センター
消費者ホットラインで最寄りの相談窓口を案内していただけます。
TEL→ 局番無し 188
URL→ http://www.kokusen.go.jp/map/

クーリングオフはその制度を利用するために特定の条件があるため、制度の適用外となる場合もあるので、キャンセルできるからと無暗に契約してしまい、キャンセルができない場合は大きな不利益となる可能性があるため注意が必要です。

備考

法的には「特定商取引に関する法律」「割賦販売法」「特定商品等の預託等取引契約に関する法律」「宅地建物取引業法」「有価証券に係る投資顧問業の規制等に関する法律」「保険業法」「初期契約解除制度」などが関係します。

関連記事

 割賦販売(かっぷはんばい)

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

小規模個人再生

小規模個人再生は借金返済の一部を免除してもらう制度です。小規模個人再生は民事再生の一種で、借金の総額に対して収入が少ない状態が続く事で生活が困窮する方を対象に、借金の返済を法的に一部免除してもらう制度 …

福利効果

福利効果は運用で得た利益を再投資する事で元本を増やし、増やした元本によって利益が増加していく効果です。当然利回りが良いほど利幅が膨らみますが、福利効果ではこの利回りが非常に重要な要素となってきます。 …

多重債務

多重債務は複数の会社から借金をしていて返済が難しい状態です。多重債務の人は借金の総額が多くなったことで、金利も増加し返済が追い付かない状況となっています。多重債務者の中には借金返済のために他の金融機関 …

資産三分割法

資産三分割法は性質の異なる三種類の資産を保有する投資方法です。三分割する事でリスクを分散させる方法です。基本的に三種類のうちの一種類は預金とする事が多いです。代表的な選択肢は下記になります。 預金(普 …

ステルスマーケティング(ステマ)

ステルスマーケティングは販売促進活動だと気付かれない様に広告を流す事です。ステマという言葉の知名度はまだ低いと思います。しかし、サクラやヤラセのように聞きなれた言葉には嫌悪感を抱くと思います。ステマも …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ