カントリーリスク | あむぶろ 学校では教えてくれない大切なこと

お金

カントリーリスク

投稿日:2020年8月24日 更新日:

カントリーリスクは投資対象が特定の地域に偏っているため、リスクが上がっている状態です。

投資対象が特定の地域に偏るとその地域で政治・経済・社会情勢などでなにかしらの問題が起きた場合、大きく資産価値が低下する可能性が高いです。

私たちの住む日本は世界でも恵まれた大国であるため、日本株や日本国債、日本円などを多く保有しがちです。

しかし、保有資産が国内に偏っていると災害などの影響で日本に大きな被害があった時に資産価値が大きく減少してしまう危険性があります。

日本は優秀であるがゆえに安心材料も多く、情報もすぐに入るためホームカントリーバイアスが強くなってしまう傾向があるので注意が必要です。

特に国債は国の情勢に左右される銘柄ですが、国は潰れないという先入観を持っている人は多いです。
しかし、国が破産して債務不履行になる事もあります。

特に国債の利回りが良い発展途上国はリスクプレミアムがついている事を忘れないように心がける事は大切です。

具体的なカントリーリスク

  • 市場動向の変化
  • 急激なインフレ
  • 通貨の大幅な下落
  • 国債の債務不履行
  • 政権交代による政策変更
  • 争い(戦争・内乱・暴動・)
  • 自然災害

国の政策と国民感情の不合意や、政策の失敗はいつ起こるかわかりません。
また、カントリーリスクはその国に原因があるとは限りません。
結びつきが強い同盟国がなにかしらの問題を抱えている場合はその問題が他国へと影響を与える事もあります。

サブプライムローンによって引き起こされたリーマンショックは日本にも強い影響を与えたのは記憶に新しいと思います。

国の格付け

ソブリン格付けと呼ばれる各国の中央政府の発行する債券・債務などを評価した格付けがあります。

国名ムーディーズ評価S&P評価
オーストラリアAaaAAA
カナダAaaAAA
ドイツAaaAAA
スウェーデンAaaAAA
シンガポールAaaAAA
米国AaaAA+
香港Aa2AA+
フランスAa2AA
英国Aa2AA
韓国Aa2AA
台湾Aa3AA-
中国A1A+
日本A1A+
スペインBaa1A
タイBaa1BBB+
インドBaa2BB-
ギリシャB1B+
※2019年の外貨通貨建て長期債務データです。

主要な国だけピックアップして表にしました。
基本的にはA以上の評価はリスクが少ないと考えられています。
しかし、情勢によって大きく変動する事もあるため参考程度にとどめておくことが良いです。
※リーマンショック時のリーマンブラザーズの格付けはAAAだったため、格付け機関の信用度は現在はあまり重要視されていない傾向があります。
また、BBB+以下は債務不履行になる可能性を常に考慮するべきだと認識する必要がると考えられています。

GDPについて

GDP(国内総生産)は経済活動を測定する指標です。

日本のGDPは約5.8%(2019年)で世界で第三位となっています。

  • 1位 米国(24.4%)
  • 2位 中国(16.3%)
  • 3位 日本(5.8%)
  • 4位 ドイツ(4.4%)
  • 5位 インド(3.3%)
  • 6位 英国(3.2%)
  • 7位 フランス(3.1%)

日本は比較的上位ですが、資産運用の視点から考えると日本にすべての資産を預ける事はリスクがあると考える人が多いです。

そのため、日本では米国の資産を保有する人が比較的多いです。
また、新興国(南アフリカ・トルコ・ブラジルなど)は価格の乱高下が激しいため、ハイリスクハイリータンな商品として組み入れる人も居ますが、変動が激しく難しい資産なので注意が必要です。

まとめ

カントリーリスクは特定の地域に偏った投資を行っているために起きるリスクのため、常に国際情勢に注目する事は重要です。
リスクプレミアムの付いた高配当な投資は一時的に高い収益性を確保できる可能性が高くフルインベストメントを考える事もがあると思いますが、特定の地域に集中して大きく利益が得られたとしても、それが今後も継続するとは限らない点には注意が必要です。

そのため、カントリーリスクから目を背けることなく、アセットアロケーションを考え事は重要です。

関連記事

 リスクプレミアム
 サブプライムローン(サブプライム・モーゲージ)
 リーマンショック
 フルインベストメント
 アセットアロケーション(資産配分)

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

生き金(いきがね)・死に金(しにがね)

生き金・死に金とは 概要 「生き金・死に金」はお金の用途が活かされているかそうでないかの表現で使われる言葉です。お金の使い方には個人の価値観に応じて大きな違いが生まれますが、多くの人は毎日のようにお金 …

泡銭効果(ハウスマネー効果)

泡(あぶく)銭効果は運の要素が高い状態で得た利益は使い方が荒くなってしまう心理傾向です。良くあるのがカジノなどのギャンブルで得た利益を再び元手として投資してしまい、最終的に利益がなくなってしまうなどで …

金利(利息/利子)

金利は借金に対しての追加費用です。お金の貸し借りを行う際には、貸す側は返ってこない可能性が有る事ため、見返りがなければお金を貸すメリットがありません。そのため、基本的にはお金を借りる際には元本に追加し …

ボラティリティ(ボラ)

ボラティリティ(Volatility)は価格の変動を表現しています。ボラ(ボラティリティの略)が大きいと表現される場合は価格の変動が激しい事を意味しています。そのため、ボラが大きいほどリスクも大きいで …

リボルビング払い(リボ払い)

リボルビング払いは分割払いの一種です。リボ払いは割賦販売(かっぷはんばい)の一種で、主にクレジットカードの支払いを分割して支払うカードローンの一種です。手軽に借り入れができる反面、基本的に金利(利息/ …

Google AdSense



管理人


あむぶろ
管理人情報


名前:

鈴木 歩(すずき あゆむ)

自己紹介:

日本の未来を支える若者を応援したいので「有料情報よりも価値がある情報を無料で提供する」事を目指しています。

ブログについて:

当ブログでは生活をするためには大切でも学校では教えもらえない事をメインに取り扱っています。
知識のみではなく価値観を見直す事のできるような情報を提供したいと考えています。

外部リンク

応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ