カラーバス効果 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

カラーバス効果

投稿日:

カラーバス効果は意識していると認識しやすくなる現象です。

カラーバス効果は視覚に限らず、聴覚、触覚など意識的に感じる事ができるもの全般に起きる現象です。

毎日目にしていても詳細を覚えていない事はよくある事で、確実に目にしているのに意識していないとそれを認識できていない事にすら気づきません。

しかし、一度意識すると積極的に情報を収集するようになるため、それまで気づかなった情報が認識できるようになります。

具体例

道案内する際には基本的に案内する人が気にしているものが目印となる事が多いです。
そのため、同じ道を案内する場合でも目印は異なる事があります。

〇〇のある十字路という表現の場合は〇〇は人により異なります。
例えば

  • 右奥 ジュエリーショップ
  • 右前 カスタムカーショップ
  • 左奥 公民館
  • 左前 駄菓子屋さん

の場合、女性に案内してもらう場合はジュエリーショップが目印になる可能性が高いですし、男性に案内してもらう場合はカスタムカーショップが目印になる可能性が高いです。
しかし、この場所の案内を行う場合、女性から男性、男性から女性に伝える際に目印が伝わらない可能性もあります。

実際に行って初めて認識する可能性もあります。

このように、普段から意識しているものはどこになにがあるのかを詳細まで認識していますが、意識しないものは記憶として残らない事が多いです。

まとめ

人は興味や関心があるものには自然と意識が向きます。
意識が向くと認識が強くなり記憶に残ります。

恋愛はいい例です。
好きな人の事は気になりますし、興味や関心が高まるので意識しないでも情報がはいってきます。
そして、気が付くとその情報を得るための行動を取っている事もあります。

そうこうしているうちに好きな人の好きな事に興味がでて共通の趣味になるこtもあります。

しかし、この興味や関心が強すぎて歪んでしまわないように気を付ける必要はあります。

いずれにしても、認識をすることでその情報を無意識のうちに収集するような行動を起こしている事が多いです。

集団の中で会話する際に起こるカクテルパーティー効果もこれを裏付けています。

関連記事

 カクテルパーティー効果(カクテルパーティー現象/音の選択的聴取)

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

正常性バイアス(恒常性バイアス/正常化の偏見)

正常性バイアスは自分にとって都合の悪い事を過小評価する心理です。認めなくない事などは突き詰めて考える事を放棄したりします。そして、その結果がどうなるのかを考慮する事をやめ、結果による被害を過小評価しま …

一貫性の法則(一貫性の原理)

一貫性の法則は、自分の行動や発言、態度など、最初から最後まで矛盾がない状態でありたいという心理傾向です。「一度始めれたら最後までやりたい」「途中で投げ出すのは良くない」などの心理です。誠実性や虚栄感、 …

ドクターフォックス効果(Dr.Fox effect)

ドクターフォックス効果は非言語メッセージの影響が大きいという心理効果の実験です。ドクターフォックス効果は非言語メッセージ(言葉で発するメッセージではなく、身振りや表情などの動作などで伝わるメッセージ) …

決定麻痺

決定麻痺は選択回数が多くなるほど適切な決定が難しくなる心理効果です。複数の選択肢から選択するためにはエネルギーを使います。選択は朝出かける間に服を選んだり、髪型が整っているか整っていないかなどの判断も …

バンドワゴン効果

バンドワゴン効果は流行に乗る心理です。バンドワゴン効果は同調効果の一種で大多数と共通の選択をしやすい心理効果です。そのため、みんなが持っているものを欲しくなったたり、みんながやっているからやったりする …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ