カサンドラ症候群(カサンドラ情動剥奪障害) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

カサンドラ症候群(カサンドラ情動剥奪障害)

投稿日:2020年4月7日 更新日:

カサンドラ症候群は意思疎通に問題がある事で、身体・精神に影響及ぼす状態です。

カサンドラ症候群は自閉症スペクトラム障害(アスペルガー症候群/ASD)の親族と一緒にいる時間が長い事が原因で、他者とのコミュニケーションに問題を抱え孤立しやすくなります。
孤立している事を周囲に気づいてもらいたくても、孤立状態では気づいてもらう相手がいません。
そのため、孤立し始めると悪循環に陥ってしまい抜け出す事が困難になってしまいます。

また、カサンドラ症候群の方の中には適応能力に優れている方もいます。
そのため、社会的に問題が無いように振る舞っていてもプライベートな関係が悪化している可能性もあります。

カサンドラ症候群の判断基準

カサンドラ症候群は女性に多いです。
これは自閉症スペクトラム障害の人が男性に多いため、パートナーの女性がなりやすいと考えられています。
また、カサンドラ症候群の方の性格は、真面目、完璧主義、我慢強い、責任感が強いなどの傾向があります。

まとめ

カサンドラ症候群は身内の間で起こる事が多いため個人的な問題だと周囲から思われる事もあり、協力を得る事も難しい事が孤立を助長しています。
そのため、自閉症スペクトラム障害の二次障害といわれる事もあります。

しかし、これは自閉症スペクトラム障害に限った事ではありません。
親の介護や子供の世話などを一人で抱え込んでしまう事で、カサンドラ症候群のように社会から孤立してしまう可能性があります。

孤立してしまうと助けを求める事が出来ずに、親や子供、自分にまで危害を加えてしまう可能性や、無気力感からネグレクトする可能性もあります。

このような問題は当事者にならないと意識する事が少ないのが現状です。
社会的な対応や、周知が遅れている状況のため、被害者を減らす事ができる環境を整備する事が重要です。

備考

カサンドラ症候群は、カサンドラ情動剥奪障害やカサンドラ愛情剥奪障害などと呼ばれています。

カサンドラはギリシャ神話で登場する未来予知の能力がある王女の名前です。
カサンドラ王女の話を理解してくれる人がいなかったとされているため、社会から理解されない状態をカサンドラ症候群と呼ぶようになりました。

関連記事

 自閉症スペクトラム障害(アスペルガー症候群/ASD)
 心的外傷後ストレス障害(PTSD)
 ネグレクト

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

フレンドシップパラドックス

フレンドシップパラドックスは「あなたの友達はあなたよりも友達が多い」というパラドックスです。多くの方の場合、自分の友達よりも友達の友達の方が多いのには数学的トリックが隠されています。友達と話をしている …

マルチタスク

マルチタスクは複数の仕事を並列処理、または短期間に切り替えながら処理する事です。マルチタスクは同時に複数の処理を進めるのが特徴です。そのため作業効率が上がる様に感じるかもしれませんが、基本的には作業効 …

全能のパラドックス(全能の逆説)

全能のパラドックスは、全能には論理的な矛盾が発生してしまうため、全能を否定するパラドックスになっています。全能のパラドックスの論理的な矛盾は物理的に無理があったり、正反対のことを同時に満たす事はできな …

フリン効果

フリン効果はIQ(アイキュー)の推移が向上する事です。反対にIQの推移が低下する場合は、負のフリン効果と呼ばれます。フリン効果によるIQ(アイキュー)の推移の研究では、1970年代をピークにIQ(アイ …

テセウスのパラドックス(テセウスの船)

テセウスのパラドックスは船の部品を全て交換し、元の船の部品が全て入れ替わっても同じであるか、そうでない場合はどこから変わるのかというパラドックスです。船などの大きなものは、長期間使う事が多いです。その …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ