アンダーマイニング効果(抑制効果) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

アンダーマイニング効果(抑制効果)

投稿日:2020年7月8日 更新日:

アンダーマイニング効果は報酬を用意する事でやる気が低下する心理です。

アンダーマイニング効果(undermining effect)は自発的な行動を行っている人に対して報酬を提示する事で、自発的行動が報酬を得るための行動へと変わってしまい、その報酬がなくなってしまう事が原因となり、やる気がなくなってしまう現象です。

ここで表現している報酬には、金銭的報酬・優遇措置・感謝などが含まれます。

具体例

ゲームを好きでやっているとします。
ここで、ゲームをするごとに100円の報酬を与えるとします。
ゲームは好きですし、報酬も得られるのは良い事と考える人も多いと思います。

しかし、これを続けるうちにゲームをすると100円もらえるという意識が定着します。

そして、ある日を境にゲームをしても100円もらう事ができなくなってしまいます。
ここで100円もらう事ができないならばゲームをしないとなってしまいます。

これは当初はゲームをすることが目的だったのですが、徐々に目的が100円もらう事にすり替わったためです。

まとめ

具体例のような報酬を与えるやり方は、報酬を与えるという前提条件が重要となります。
報酬を与え続ける事ができれば、モチベーションをキープする事ができますが、報酬がなくなればモチベーションは一気に低下してしまいます。

報酬によってモチベーションを保つ方法は会社員などに適用され、一定の仕事をこなす事で一定の報酬を与え、一定のモチベーションを保つ方法です。

しかし、人のやる気は様々な要素で構成されています。
そして、一度モチベーションが低下すると上昇させる事が難しいです。

そのため、やる気が出る要因を明確にし、どのようにしたらモチベーションを高い水準で維持できるのかを考える事が重要です。

そして、他者からモチベーションをコントロールされていない状態だと認識できる状態が良いとされています。

備考

アンダーマイニング効果はアンダーマニング効果や抑制効果と呼ばれます。
また、対義語はエンハンシング効果です。

関連記事

 エンハンシング効果

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

ベン・フランクリン効果

ベン・フランクリン効果は心の中で均衡を保とうとする心理です。論理的、心理的に納得できない場合、その要因を無意識で探します。これは脳がストレスを軽減するようできているためです。 矛盾によって起こるストレ …

パーソナルスペース(対人距離)

パーソナルスペースは自分と他者の物理的な距離感です。この距離感は相手をどこまで信用しているかで距離が異なるため、親密度が高ければ近く、親密度が低ければ遠くなります。自分が確保したい距離以上に踏み込まれ …

割れ窓理論

割れ窓理論は始めの些細な犯罪が後に大きな犯罪へと繋がる例です。割れ窓理論はバタフライ効果の様に、最初の些細な切っ掛けが後の大きな犯罪への布石となってしまうモデルケースで、軽微な犯罪でも徹底的に取り締ま …

ストックスピール

ストックスピールは会話で役に立つテクニックの一つで、信頼を得るための常套句を使う方法です。ストックスピールは他者からの信頼を得るのに効果的な方法で、自分の中で使いやすい会話の定型文をいくつかキープして …

ザイガニック効果(ツァイガルニク効果)

ザイガニック効果は途中の状態が気になる心理です。ザイガニック効果は目標を達成できなかったり、中断している事についての印象が強く残るの心理で、目標に向かっている間は鮮明に記憶に残ります。特に進度が進むに …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ