アダルトチルドレン(AC) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

アダルトチルドレン(AC)

投稿日:2020年1月29日 更新日:

アダルトチルドレンは容姿よりも精神的に成熟して見える方に多く、大人のような子供と表現される事もあります。

アダルトチルドレンは幼少期の家庭環境で、親がアルコール依存症やギャンブル中毒であったり、親からの虐待や育児放棄(ネグレクト)などの問題のある家庭でトラウマや、酷い方は心的外傷後ストレス障害(PTSD)を持って育った方に多いです。

この結果、自尊心が低く内向的で自立意識が高い性格となるケースが多く、他人から見ると、謙虚で物静かで自立しているように見え、精神的成熟と実年齢が釣り合わない状態となる事が多いです。

また、親からの過度な期待を受けたり、マスコットの様に演じたりと、周囲からの要求に答え続けてきた方も、本来の自分は愛されず、成果のある自分が愛される対象として認識してしまう方も多いです。

このようにアダルトチルドレンは総じて生きづらさを抱える事が多いです。
その要因は様々ですが、いずれも幼少期の家庭環境に起因する事が多いです。

具体例

親の愛情を感じられないまま育った方は他者とのコミュニケーションを取ることが苦手になる方が多いです。
そのため、対人関係でのトラブルや、精神的に疲弊してストレスを抱える事が多いです。
最悪の場合、自らの命を絶つという選択をする方もいます。

また、虐待を受けて育った方は子供を大切に育てたいという思いがあっても、親と同じ振る舞いをしてしまう事があります。
これは幼少期に自分が育った環境以外を知る術が少ないため、 接し方がわからないためです。
接し方に不安を覚える方は、専門の機関への相談をしてみてください。

アダルトチルドレンの特徴

  • 自分の判断に自信を持てず賛同や許可を求めます。
  • 傷つきやすく、孤独感を抱きやすいため、コミュニケーションが苦手なため、引きこもりがちになります。
  • 罪悪感を持ちやすく、自虐的思考や、自己犠牲をしやすいです。

まとめ

アダルトチルドレンは幼少期の家庭環境に大きな問題を抱えて育った方です。
いわば、アダルトチルドレンは被害者です。

その影響は大人になっても大きく、問題を抱えやすいです。
自身の存在価値を低く見積もりやすいので、精神的な改善や心のケアが必要です。
身近な人に抱えている問題を話す事で改善に向かう事もあります。

大きな問題として子供を育てる場合、他の家の家庭環境を知ることは難しく、自身が育った環境を基本に考えてしまいます。
そのため、被害者が加害者となる事も珍しくはありません。

備考

アダルトチルドレンは実年齢よりも精神的に成熟している方です。
一方で真逆な、実年齢よりも精神年齢が幼いピーターパンシンドロームの患者もいます。
どちらも成長の過程に原因があるとされています。

関連記事

  心的外傷後ストレス障害(PTSD)
 ピーターパンシンドローム(ピーターパン症候群)

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

スノッブ効果

スノッブ効果は希少なものほど価値が高いと認識する心理作用です。スノッブ効果における希少性とは 需要に対して供給が少なければ希少性が高い需要に対して供給が多ければ希少性は低い のように、需要に対しての供 …

レミニセンス効果

レミニセンス効果は情報を記憶した直後よりも一定時間たってからのほうが記憶をよく思い出せる現象です。基本的に脳は短期記憶と長期記憶を分けて記憶します。 短期記憶 短期記憶は短時間(数秒~数分)の記憶とさ …

シンデレラ症候群(シンデレラシンドローム/シンデレラコンプレックス)

シンデレラ症候群は、男性に高い理想を求める考えです。童話のシンデレラのように理想の相手を待ち続ける事が由来とされています。これは貧困層が富裕層へもつ憧れが、シンデレラストーリーの普遍的な魅力となってい …

初頭効果

初頭効果は最初に与える影響が大きい現象です。最初に与えられる刺激に対しては感情的に受け止める事が多いです。最初は未知の部分がほとんどで、その未知の部分に対して予想を立てる事で、合理的な判断と異なった印 …

ハロー効果(後光効果/ハローエラー)

ハロー効果は認知バイアスの影響で顕著な特徴が過大に捉えられる現象です。後光効果やハローエラーとも呼ばれます。ハロー効果は特徴的な印象を元に先入観で情報を予想するため、実際の人物像とは異なった現象となる …

Google AdSense



ジャンル

ジャンル一覧
ホーム
心理学
健康
雑学
ブログ関連
お金

アマゾン


外部リンク