アキレスと亀のパラドックス | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

アキレスと亀のパラドックス

投稿日:2020年3月17日 更新日:

アキレスと亀はアキレス(人)が亀に追いつけないパラドックスです。

本来ならば 追いこせるはずの亀をアキレス(人)が追い越せない理論になります。
これは着眼点による通常は考える事のすくない視点からの理論です。

理論的には正しいですが、問に違和感を覚える方が多いと思います。
数学的な問題にとどまらず、哲学の分野でも取り扱われるため、多くの意見があります。

パラドックスの内容

内容は下記の通りです。

  1. アキレスが地点A1にいるとき、亀は地点A2にいます。
  2. アキレスは亀に追いつくためA2を目指します。
     アキレスがA2についたとき、亀はA3にいます。
  3. アキレスはA2から亀のいるA3を目指します。
     アキレスがA3についたとき、亀はA4にいます。

この繰り返しが無限に続きます。

この理論のポイントは目的地が亀のいる地点という点です。
亀を追い続けるという前提条件がある限り、アキレスは亀に追いつくことはできません。
しかし、亀との距離はどんどん近づいていきます。

これはアキレスと亀のパラドックスに限った事ではありません。

具体例

ケーキが1つあります。
このケーキを半分ずつ食べていきます。
1回目は元の1/2食べれます。
2回目は元の1/4食べれます。
3回目は元の1/8食べれます。
これを無限に繰り返します。

徐々に食べる量が減っていきますが、何回ケーキを食べても元の1つを超える事はありません。
これを無限級数が有限級数に近づくと表現します。

まとめ

本来なら追いこせるはずの亀を無限回数の試行の結果追いつけないのがアキレスの亀です。
理論的には正しいので理論を考え直しても答えはでません。
しかし、そもそもの問である着眼点が異なっています。

このように着眼点が異なる場合は答えがなかなか見つからない事があります。

代表的なのはコペルニクス的転回で知られるコペルニクスの地動説です。
周囲の人が天動説を信じる中、コペルニクスは地動説を提唱しました。
以前から地動説を提唱する方はいましたが、時代背景も後押しし、コペルニクスの地動説は周知される事となりました。
このように物事の本質を見極め、周囲の人が見えてない物を見れれば答えに一歩近づくことができます。

しかし、それは時に今までの原理原則を無視したものとなるため、大きな反感を買う可能性もあります。

関連記事

 パラドックス
 コペルニクス的転回(コペ転/パラダイムシフト)

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

技術的特異点(シンギュラリティ)

技術的特異点(シンギュラリティ)は今までの技術を飛躍的に向上させる出来事の到来を指します。近年は技術的特異点(シンギュラリティ)だと考えられているのは自己学習を行える人工知能(人間のように自律的に学習 …

テセウスのパラドックス(テセウスの船)

テセウスのパラドックスは船の部品を全て交換し、元の船の部品が全て入れ替わっても同じであるか、そうでない場合はどこから変わるのかというパラドックスです。船などの大きなものは、長期間使う事が多いです。その …

シングルタスク

シングルタスクは一つの処理を集中的に行う事です。基本的に人の脳はシングルタスクをに適しています。そのため、一つの事に集中して処理したほうが生産性が高いです。また、マルチタスクに比べてシングルタスクの方 …

論理的思考(ロジカルシンキング)

論理的思考は主観的な感情を除いた客観的な思考です。視点が自分のみではなく、他者からの視点を用い判断します。物事要点を抑え順序立てて矛盾が無いように効率よく判断します。論理的思考は要点を抑えるため、無駄 …

メアリーの部屋(スーパー科学者メアリー/一人ぼっちのメアリー)

メアリーの部屋は色を知らない科学者が色を目にする事でどの様に変化するのかを考える思考実験です。物理学的な知識を全てと考える場合は色についての知識が全てある状態で見る色から学ぶ事はありません。しかし、色 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ