アキレスと亀のパラドックス | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

アキレスと亀のパラドックス

投稿日:2020年3月17日 更新日:

アキレスと亀はアキレス(人)が亀に追いつけないパラドックスです。

本来ならば 追いこせるはずの亀をアキレス(人)が追い越せない理論になります。
これは着眼点による通常は考える事のすくない視点からの理論です。

理論的には正しいですが、問に違和感を覚える方が多いと思います。
数学的な問題にとどまらず、哲学の分野でも取り扱われるため、多くの意見があります。

パラドックスの内容

内容は下記の通りです。

  1. アキレスが地点A1にいるとき、亀は地点A2にいます。
  2. アキレスは亀に追いつくためA2を目指します。
     アキレスがA2についたとき、亀はA3にいます。
  3. アキレスはA2から亀のいるA3を目指します。
     アキレスがA3についたとき、亀はA4にいます。

この繰り返しが無限に続きます。

この理論のポイントは目的地が亀のいる地点という点です。
亀を追い続けるという前提条件がある限り、アキレスは亀に追いつくことはできません。
しかし、亀との距離はどんどん近づいていきます。

これはアキレスと亀のパラドックスに限った事ではありません。

具体例

ケーキが1つあります。
このケーキを半分ずつ食べていきます。
1回目は元の1/2食べれます。
2回目は元の1/4食べれます。
3回目は元の1/8食べれます。
これを無限に繰り返します。

徐々に食べる量が減っていきますが、何回ケーキを食べても元の1つを超える事はありません。
これを無限級数が有限級数に近づくと表現します。

まとめ

本来なら追いこせるはずの亀を無限回数の試行の結果追いつけないのがアキレスの亀です。
理論的には正しいので理論を考え直しても答えはでません。
しかし、そもそもの問である着眼点が異なっています。

このように着眼点が異なる場合は答えがなかなか見つからない事があります。

代表的なのはコペルニクス的転回で知られるコペルニクスの地動説です。
周囲の人が天動説を信じる中、コペルニクスは地動説を提唱しました。
以前から地動説を提唱する方はいましたが、時代背景も後押しし、コペルニクスの地動説は周知される事となりました。
このように物事の本質を見極め、周囲の人が見えてない物を見れれば答えに一歩近づくことができます。

しかし、それは時に今までの原理原則を無視したものとなるため、大きな反感を買う可能性もあります。

関連記事

 パラドックス
 コペルニクス的転回(コペ転/パラダイムシフト)

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

無限の猿定理

無限の猿定理は難解なものでも、十分な時間をかければできるとするものです。無限の猿定理では、猿がタイプライターをランダムに打ち続ける事ができるならば、ウィリアム・シェイクスピアの作品を全て打ち出す事がで …

百聞は一見に如かず(百聞一見)

「百聞は一見に如かず」は何度も聞くよりも1度見たほうが理解できるということわざです。有名なことわざなので、耳にした事がある人も多いと思います。「百聞は一見に如かず」の「如かず」は「そこまでにはならない …

ハイエンド

ハイエンドは最上級の商品やサービスを指します。ハイエンドは提供している商品やサービスの中で(性能・機能・仕様などが総合的に)優れたものが属するカテゴリなどを指し、基本的に価格が高いです。一般的には 高 …

ピーターの法則

ピーターの法則は有能だったものは不適切な地位に昇進することで無能として留まってしまいます。 能力主義の階層社会では能力の限界まで昇進する事で、昇進後の階層では無能となり、その結果各階層には無能しか残ら …

ヘンペルのパラドックス(カラスのパラドックス/ヘンペルのカラス)

ヘンペルのパラドックスはカラスではないものの情報を集める事で、逆説的にカラスを証明するパラドックスです。「AはBである」反対に「BでないならばAではない」という事を前提にした内容です。「カラスは黒い」 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ