5秒ルール(5秒の法則) | あむぶろ 学校では教えてくれない大切なこと

心理学

5秒ルール(5秒の法則)

投稿日:2019年12月17日 更新日:

5秒ルール(5秒の法則)について

概要

5秒ルールはやる気を出す方法です。

どうしてもやる気がでない時がある人も多いと思います。
また、やる気をだして始めたとしても三日坊主になってしまう人も多いと思います。

しかし、多くの人は基本的に怠けるようになっています。
これは遺伝子的に体力をなるべく残す事で生存に有利だったため、生物としてやる気がない状態の方がむしろ自然な状態です。

それでも、現在の社会ではやる気を出さないといけない事も多いので、そんな時に是非行っていただきたいのが5秒ルールです。

このルールは単純で5秒数えたら行動に移すというルールを実行するだけです。

多くの場合で行動しようと思っても先延ばしにすることがあると思います。

例えば寒い日の朝、お布団からなかなか抜け出せないですよね。
そんな時は5秒ルールを実行してください。

声にだしてもいいですし心の中で数えるだけでも大丈夫です。

行動に移せない理由

人は生き残るために様々な生存方法を遺伝的に継承してきました。

この、遺伝的に継承された中には体力を温存させるため、即断で行動に移せない場合には行動に移さない理由を探す事も含まれています。

即断で行動に移さない時に諦める理由などの言い訳や疑問などが脳裏に浮かんでくると思います。

このような思考が始まると行動に移さないための時間が長くなっていき行動を抑制してしまいます。

つまり、朝お布団から抜け出せないのは生存本能です。
特に冬場は寒いお布団の外にでるよりも暖かいお布団の中にいるほうが当然活動量が少ないため体力を温存できますす。

また、現状維持をする事で脳への刺激も少なく、脳の活動レベルも低く抑えられます。
怠け者なわけではありません。
生存本能として遺伝子に刻まれた標準機能です。

しかし、布団の中にいつまでもいるわけにはいきません。

ではどうするか、5秒ルールを実行しましょう。

5秒ルールのポイント

5秒ルールのポイントは、小さな目的を決めて目的を果たす事で起こるメリットを明確にする事です。

先ほどのお布団から出るシチュエーションで具体例を考えてみます。

  1.  お布団をどかさなければいけません。
  2.  お布団をどかせば一歩前進であとは起き上がるだけです。
  3.  お布団を早く抜け出せれば時間に余裕が生まれます。
  4.  時間に余裕が生まれればしっかりと準備をしてから家を出る事ができます。
  5.  身だしなみを整え好感度を上げたり、早く出社して仕事を消化するのもいいと思います。
  6.  好意を寄せている方からの好感度があがったり、上司からの評価があがります。
  7.  好感度が上がれば関係が良好になったり給料が上昇する可能性があります。

毎日の積み重ねなので、すぐに効果は表れないと思います。
この日々の積み重ねを行える方は将来が明るいと思います。
そして、慣れてくると知識や直観、心が反応したら、行動に移せるようになります。

5秒ルールが有効な理由

アメリカのウディ・アレンは「始めさえすれば、八割成功したのと同じだ」と言っています。
これは行動する事で、一貫性の法則が生まれるため、自然と行動が続きます。
また、パブロフの犬のように5秒数える事をやる気スイッチにし、習慣づける事で、行動に移すのが次第に楽になっていきます。
習慣化されるまで頑張れば、あとは体が勝手に動くようになります。

5秒以内に行動を決めるというのは本能に近いです。
しかし、5秒ルールを実行し続けた方は、感情的にならずに物事を冷静に、自分の価値観ややりたい事を尊重しながら、行動を自由に選択できるようになっていきます。

最後になりましたが5秒ルールを推進している人はこう言っています。

私たちは現状維持するようにできています。
その日の気分は選べません、しかし、思考や取る行動は常に選べます。
それを理解することができれば、明るい未来は、自然と切り開かれていきます。

ゆっくりと、確実に、5秒間ずつ

by メル・ロビンズ

関連記事

関連書籍

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

茹でガエル現象(茹でガエルの法則/茹でガエル症候群)

茹(ゆ)でガエル現象は環境の変化に対応する事の危険性の例えで使われています。熱湯にカエルを入れるとカエルは逃げてしまいます。しかし、カエルを入れてから徐々に水温を上げていくと逃げるタイミングを失って、 …

学習無力感

学習無力感は、無力である事を学習してしまう心理です。理不尽な事が起こる場合、通常はそれを回避しようと行動します。しかし、回避する事が困難な状態が続くと、抵抗しても結果が変わらない事を学習するため、回避 …

アンダードック効果(判官贔屓効果/負け犬効果)

アンダードック効果は立場や状況が劣勢な状況の人を応援したくなる心理現象です。アンダードック効果は弱い立場や劣勢な状況では同情や共感が集まるため、その状況を打開しようと頑張っている人を応援したくなる心理 …

反報性の原理(返報性の法則)

反報性の原理(返報性の法則)について 概要 返報性(へんぽうせい)の原理は頂いたものは返したいと思う心理です。返報性の法則は人が本能的に持っている心理です。特に日本人は「恩を受けたら返しなさい」と教育 …

優越の錯覚(レイク・ウォビゴン効果)

優越の錯覚について 概要 優越の錯覚は「自分は優れている」と実力以上の過大評価をしてしまう心理です。基本的に人は「自分の能力は平均以上」であると思っています。そのため、他者と比べる時に同程度の能力をも …

Google AdSense



管理人


あむぶろ
管理人情報


名前:

鈴木 歩(すずき あゆむ)

自己紹介:

日本の未来を支える若者を応援したいので
「有料情報よりも価値がある情報を無料で
提供する」事を目指しています。


ブログについて:

当ブログでは生活をするためには大切でも
学校では教えもらえない事をメインに
取り扱っています。
知識のみではなく価値観を見直す事のできる
情報を提供したいと考えています。

外部リンク

応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ