非遡及型融資(ノンリコースローン) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

非遡及型融資(ノンリコースローン)

投稿日:

非遡及型融資(ひそきゅうがたゆうし)は返済の範囲を限定する融資です。

通常の融資(リコースローン)では返済が上手くいかない場合でも借入額+利息の合計を払う必要があるため、融資を受けた対象以外の資産を手放して不足分を補い返済を行う事もあります。

しかし、非遡及型融資では返済範囲が限定されているため、仮に返済の見込みがなくなってもあらかじめ決められた資産を借主に渡す事で、その他の資産から不足分を補うための返済を求められる事はありません。

具体例

マンションを購入するために2憶円の借入をしたとします。
(利息等は考えない概算です)
しかし、トラブルによって利益が見込めなくなり、返済が滞るようになりました。

購入から月日が経過し現在のマンションの売却価格は1億円、返済額は5,000万円とします。

売却した1億円と支払い済みの5,000万円を合計すると1億5,000万円となります。

このような場合に通常の融資(リコースローン)と非遡及型融資(ノンリコースローン)では大きな違いが起こります。

通常のローン

当初の借入資金は2億円に対して、現在返す事ができたのは1億5,000万円です。
そのため不足分の5,000万円についても返済義務が生じます。

非遡及型融資

当初の借入資金は2億円に対して、現在返す事ができたのは1億5,000万円です。
通常のローンならば5,000万円の返済義務がありますが、非遡及型融資では返済義務はありません。

まとめ

非遡及型融資は借り手のとってリスクを限定できるため、他に資産があったり、別に事業を行っている場合はメリットがあります。

一方で貸す側にとってはリスクが大きくなります。

そのため、通常のローンよりも非遡及型融資は金利を高く設定する傾向がありますし、貸す側に有利な条件が追加されている事もあります。
また、契約の際に非遡及型融資の融資対象になっている物件は、物件自体の価値がないと審査に通るのは難しいです。

このように、通常の融資よりも非遡及型融資の方が全体的に審査も厳しく行われている傾向があります。

そのため、非遡及型融資は借り入れる方にメリットだけではなく、デメリットもあるため、どちらが良いのかは個々で異なります。

備考

非遡及型融資は「ノンリコースローン」「責任財産限定型ローン」「責任財産限定特約付きローン」「NRL」などと呼ばれる事もあります。

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

サブプライムローン(サブプライム・モーゲージ)

サブプライムローンは信用情報の低い人向けのローンです。サブプライムローンは主に海外で行われており、サブプライム層(プライム層よりも下の層に該当する顧客)向けの通常の融資とは異なったローンです。サブプラ …

狼狽売り(狼煙売り/パニック売り)

狼狽(ろうばい)売りは株価が下落した際、冷静な判断ができずに売却してしまう事です。狼狽売りは価格が下落したことで「保有していると膨大な損失が発生する」と思い込んでしまい、冷静な判断を行う事ができないパ …

内部者取引(インサイダー取引)

インサイダー取引は一般の投資家が知らない情報を利用し利益を上げる事です。会社関係者が重大な影響を与える未公開の事実を元に売買を行う事は一般投資家と比べ有利となります。そのため、会社関係者が利益を上げる …

民事再生(個人再生)

民事再生は借金を減額してもらう制度の一つです。民事再生は借金総額の全額返済見込みがない状態の人の借金総額を減額する制度で、減額後の借金を返済する事で減額された分の借金についても法律上の返済義務がなくな …

現在価値(PV)

現在価値(PV)は現在を基準に価値を算出する方法です。ものの価値は変動しているため、同一のものでも過去・未来で異なった価値になります。(現在の価値を現在価値、未来の価値を将来価値と言います。)現在価値 …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ