限界利益(貢献利益) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

限界利益(貢献利益)

投稿日:

限界利益は売上から変動費を引いたものです。

限界利益は損益計算特融の計算方法で、売上から変動費を引いて計算を行うため、基本的には売上の増加とともに増加する費用です。

限界利益の計算式は

 限界利益=売上高-変動費 


で示されます。
固定費が含まれていない計算になるため、実際の損益の計算とは異なった指標です。
つまり、限界利益=純利益ではありません。

このような指標は仕様される事は限定的です。

具体例

既存の施設を持つ会社が新商品の販売を行う事検討します。

新商品の販売価格を1,500円
変動費(商品原価)を1,000円

限界利益=1,500円-1,000円=500円

新商品が1個売れる毎に500円の粗利が得られます。
これを10個にした場合は

限界利益=15,000円-10,000円=5000円

となり、10倍となります。

まとめ

限界利益はあくまで概算の計算になります。
ここには含まれていない費用が多いため、純利を求める事はできません。

しかし、事業拡大を行う際に今ある建物や人員を効率よく運用する事によって売上をさらに伸ばす事ができるかの指標とすることや、即断即決を求められる際の概算での活用などが想定されます。

このように会社の利益に貢献する要素を含むため、貢献利益と呼ばれる事があります。

限界利益がわかれば固定費を計算式に含むことで、損益分岐点の計算が行えます。

損益分岐点の計算ができるようになる事は、実際の売上目標を明確化するうえでも重要な要素となってきます。

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

配当金

配当金は会社が得た利益の一部を株主に還元するものです。配当金は株主に分配される現金配当で、基本的に年に数回に分けて株主に分配されますが、その金額は会社ごとに異なるため、配当金がない会社もあります。また …

労使慣行(労働慣行)

労使慣行は就業規則に定められた内容とは異なった慣行がある場合は慣行の方が強い力を持つ事があるとするものです。就業規則は会社で定められたルールですが、そのルールとは別に慣行的(日常的に守られている)なル …

証拠金

証拠金(しょうこきん)は信用取引を行う際に担保として預けるものです。証拠金は先物取引やオプション取引などを行う際に必要になります。そして、預けてある証拠金の価値に応じた取引が行えるようになります。しか …

為替変動リスク

為替変動リスクは為替相場の変動によるリスクです。日本の通貨と国外の通貨の為替相場は常に変動しています。そのため、換金する際に為替の影響を受ける事があります。また、金融商品はリアルタイムで価格が変動しま …

民事再生(個人再生)

民事再生は借金を減額してもらう制度の一つです。民事再生は借金総額の全額返済見込みがない状態の人の借金総額を減額する制度で、減額後の借金を返済する事で減額された分の借金についても法律上の返済義務がなくな …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ