適応障害 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

健康

適応障害

投稿日:

適応障害は過度のストレスによって精神的・肉体的な障害がでる症状です。

特定の状況や出来事によって過度のストレスを与えられる事で精神的・肉体的な障害が現れ適応障害となります。
適応障害の一般的な定義としては「過度なストレスによって情緒面や行動面に障害を及ぼし日常生活に問題が発生している状態」です。

基本的にストレスを受け始めてから1ヶ月以内に症状が出始め、ストレスから解放されてから半年以内に症状が緩和されるとされています。
そのためストレスを遠ざける事で症状は改善される傾向がありますが、過度なストレスを与えられた期間が長い場合、そのストレスから離れても完治するまでの期間が長い事が多いです。
また、ストレスから遠ざかっても新たなストレス要因が発生する事もあります。

具体例

Aさんは会社に勤め社員として働いているとします。

職場で辛い経験をしたため職場へ行くことがストレスとなってしまい適応障害となってしまいました。
職場から離れる事でそのストレスからは解放されました。

しかし、仕事をしていないAさんには金銭的問題が発生し、こちらもストレスとなります。

職場のストレスが軽減された一方で金銭的ストレスが発生してしまいました。
ストレスの原因が変わっただけでストレスを受け続けているという現状は改善されません。

このような悪循環は誰にでも起こり得ます。

ここで大切なのはゆっくりと心を落ち着けられる環境です。
このような時には今まで積み上げた生活防衛資金が大きな精神的支柱となる事が多いです。

まとめ

適応障害は過度なストレスを受ける事で誰にでも起こる事が考えられます。
しかし、一度その悪循環に陥ってしまうと抜け出す事は難しいです。

ここで大切なのはストレスを軽減する事なので、やりたくない事は極力しないようにする必要があります。
しかし、生きるためには生活費がかかります。
そのため普段から生活防衛資金を蓄える事が重要となります。

適応障害は日常生活を満足に行う事ができなくなるような下記の症状が発生します。

適応障害の代表的な症状

  • 鬱状態
  • 情緒不安定
  • 自律神経の不安定
  • 睡眠障害
  • 記憶障害

このような状態で金銭的負担を強いられたら心が増々疲弊してしまいます。

つまり、適応障害への対策としては、

  • 普段からストレスを貯めないようにする
  • ストレスが溜まったら発散する
  • 問題が起きても心が休まる環境を維持できる資金を用意する

アドセンス

アドセンス

-健康

執筆者:

関連記事

睡眠サイクル

睡眠サイクルは睡眠時の浅い睡眠(レム睡眠)と深い睡眠(ノンレム睡眠)の繰り返しです。一般的には90分で1サイクルだと言われているため、1時間半、3時間、4時間半、6時間、7時間半の区切りで睡眠を終える …

注意欠損・多動性障害(ADHD)

注意欠損・多動性障害(ADHD)は注意散漫な状態が続く症状です。ADHDは先天的・後天的に発症する症状で、注意散漫が原因で過活動・衝動性・不注意などがみられる症状でが、幼少期にADHDと通常の行動の差 …

学習障害(LD)

学習障害(LD)は極端に苦手な分野があり知的遅れがない症状です。学習障害は発達性障害の一種とされ、感覚器官の影響によって学習に大きなハンディを持つ方で、苦手な分野として語学・数学などの学習する際に必要 …

強迫性障害(OCD)

強迫性障害(Obsessive Compulsive Disorder)は不安や恐怖、強いこだわりによって生活に支障がでる状態です。強迫性障害の人は不合理なイメージが脳内に浮かび、それを払拭しようと行 …

自閉症スペクトラム障害(アスペルガー症候群/ASD)

自閉症スペクトラム障害は対人コミュニケーションが苦手な症状です。自閉症スペクトラムは旧アスペルガー障害で、ASDとも呼ばれ一般的には発達障害の一種とされています。ASDは知的能力(IQ(アイキュー)) …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ