論理的思考(ロジカルシンキング) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

論理的思考(ロジカルシンキング)

投稿日:2020年1月20日 更新日:

論理的思考は主観的な感情を除いた客観的な思考です。

視点が自分のみではなく、他者からの視点を用い判断します。
物事要点を抑え順序立てて矛盾が無いように効率よく判断します。

論理的思考は要点を抑えるため、無駄な情報と必要な情報の判断も明確です。
そのため、論理的思考能力が高い方は他者への情報伝達能力や問題解決能力、応用力も高いです。

しかし、時代毎に論理が変わることがあるため、最適解が時代によって異なる可能性があります。

具体例

「パンが無ければお菓子を食べればいいじゃない」で知られるマリーアントワネットですが、マリー・アントワネットは言っていないようです。
また、この言葉の解釈自体も間違って広まっており、原材料のパンが高騰してしまったため、パンの代わりとしてお菓子を食べる選択も必要だという事です。

つまり、当時の人はパンが高いのだから、お菓子を食べるのは最適解だった可能性があります。

しかし、現在はパンの価格も落ち着いていますので、「パンが無ければお菓子を食べればいい」と言うのはわがままに聞こえてしまいます。

まとめ

論理的思考を身に着けるには、その論理を展開するための材料(知識)が必要になります。
現在は目覚ましい技術発展の影響で、新しい情報の増加に伴い、情報の劣化も激しいです。
しかし、誤った情報も多く存在し、中には騙す目的で情報を操作する方もいます。
そのため、正しい情報を得るためには論理的にその情報が正しいのかの判断も大切になります。

また、論理的思考が身に着けられれば他者へたいして明確で具体的な対話を展開できるため、説得力がある話し方ができるようになります。

最後に

論理的思考(ロジカルシンキング)に近い意味の批判的思考があります。

批判的思考は論理だけではなく、多面的な視点で物事を判断する思考です。

関連記事

 批判的思考(クリティカルシンキング)

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

カサンドラ症候群(カサンドラ情動剥奪障害)

カサンドラ症候群は意思疎通に問題がある事で、身体・精神に影響及ぼす状態です。カサンドラ症候群はASD(自閉症スペクトラム障害やアスペルガー症候群の略)の親族と共有する時間が長い事が原因で、他者とのコミ …

ハイエンド

ハイエンドは最上級の商品やサービスを指します。ハイエンドは提供している商品やサービスの中で(性能・機能・仕様などが総合的に)優れたものが属するカテゴリなどを指し、基本的に価格が高いです。一般的には 高 …

大数の法則(多数の法則)

大数の法則(たいすうのほうそく)は確率や統計の分母を大きくすることで理論値に近づく法則です。大数の法則は実験を証明する際の偏りを減らすために用いられることが多いです。試行回数が少ないと偏りによる影響が …

SDGs(エスディージーエス)

SDGs(Sustainable Development Doals)は世界中の人々が暮らしやすい社会を目指すための持続可能な開発目標を国際的に決めたものです。国際的な目標は大きく分けて17項目あり、 …

ヘンペルのパラドックス(カラスのパラドックス/ヘンペルのカラス)

ヘンペルのパラドックスはカラスではないものの情報を集める事で、逆説的にカラスを証明する方法です。「A=B」つまり「BでないならばAではない」という事を前提にした内容です。「カラスは黒い」事を前提とする …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援いただけると幸いです。


PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ