親殺しのパラドックス | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

親殺しのパラドックス

投稿日:2020年11月1日 更新日:

親殺しのパラドックスは過去に戻り自分が生まれる前に親を殺した場合、自分が存在できるのかについての思考実験です。

親殺しのパラドックスは、タイムマシンのように過去に戻れるという前提での推測となるため、論理的な矛盾が多く様々な仮説があり答えはわかりません。

親殺しのパラドックスの概要

親殺しのパラドックスは、親を自分が生まれる前に遡って殺害するとどうなるのかとう単純な疑問です。

しかし、親を自分が生まれる前に殺してしまう場合、自分が存在する条件が整わなくなってしまいます。
そのため、自分が生まれなければ親が殺される事はありません。

このように親殺しのパラドックスは論理的矛盾が発生するため、タイムトラベルはできないという考えがあります。

しかし、そのような事象が起こらない(親を殺そうとしてもできない)ため、自分が存在している可能性や、その時間軸とは別の軸が発生するという考えもあります。

親殺しのパラドックスの本題

親殺しのパラドックスは自分の存在の有無に限ったものではなく、不可逆性を用いた例の一つにすぎません。

例えば、親である必要はなく、祖父母でもこの論理の矛盾は発生します。
また、仮に過去に戻る方法が発見された場合、過去に戻る方法の発見者を抹殺しようとする人は、親を殺そうとする人よりも多いはずです。

このように、親殺しのパラドックスが親である必要性はありません。

この問題を突き付けめて考えると、世界の創生から考える必要がでてきます。
しかし、世界の創生については未だに解明されていないため、一般的な人には確定的な回答を導く事は難しいです。

まとめ

親殺しのパラドックスのような過去に戻る事で問題が起きたり、過去を変える事で未来が変わるのは、アニメ・漫画・ドラマ・映画などの設定でも多いため、一度は考えた事がある人が多いと思います。

しかし、過去の事象はどんな些細な事でも時間経過と共に大きな影響へと変化(バタフライ効果(バタフライエフェクト))します。

そのため、些細な事象の変化でも大きな論理的な矛盾を生む事となります。

関連記事

 パラドックス
 バタフライ効果(バタフライエフェクト)

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

クオリア

クオリアは感覚意識やそれにともなう経験のことです。クオリアはなんらかの脳活動によって生み出されていますが、具体的なメカニズムはわかっていません。また、脳の活動でクオリアを生み出す場合と生み出さない場合 …

臓器くじ

臓器くじは健常者の臓器を取り出して多くの人の命を救う事は善い事かを考える思考実験として提案されました。臓器くじは功利主義、モラルジレンマを考える際の題材として取り上げられることが多いです。健常者の臓器 …

収穫加速の法則

収穫加速の法則は技術的革新のスピードは指数関数的な伸びを見せるという考えです。収穫加速の法則は新しい発見や、既存の定義の証明が進む事で革新的な方法が次々と立証される事で、さらに次の革新的な方法の発見ま …

スーパーコネクター

スーパーコネクターは、人脈が広い人です。スーパーコネクターは人と人を結びつけるのが好きで、広く多種多様な人脈(コネクト)を持ち、人間関係の輪を広げてくれます。また、その人脈は数だけでなく、質も良く、年 …

シンプソンのパラドックス(ユール=シンプソン効果)

シンプソンのパラドックスは、統計において直観的な印象と事実が異なる現象です。 統計によって導き出された内容は、その統計の分析方法や収集の際の情報不足などの問題によって、正しい分析結果を導きだせない事が …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ