茹でガエル現象(茹でガエルの法則/茹でガエル症候群) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

茹でガエル現象(茹でガエルの法則/茹でガエル症候群)

投稿日:2020年2月9日 更新日:

茹(ゆ)でガエル現象は環境の変化に対応する事の危険性の例えで使われています。

熱湯にカエルを入れるとカエルは逃げてしまいます。
しかし、カエルを入れてから徐々に水温を上げていくと逃げるタイミングを失って、そのまま茹でられてしまいます。
※たとえです。

特に人は高い環境適応能力を持っています。
そのため、緩やかな変化には気づきにくいです。
また、物事を続けようとする一貫性の法則も関係しています。
家庭環境や会社などは共有する時間が多いので気を付けて下さい。

具体例

特に会社は利害関係が持ち込まれるため危険です。
業績が悪化している会社でも徐々に悪化しているとその危険性が周知されません。
これは不振な点を上層部が隠している可能性も考慮されます。
そのため特に不振なところはなかったのに倒産してしまったりします。

経理関係の方が不満が無さそうなのに退社していく場合は業績が悪化している危険サインです。

また、ブラック企業化していく事もあります。
長時間残業を強いられるのに残業代が減らされる。
過剰なノルマなのに、給料が増加しない。
ハラスメンの横行など社員を使い捨てにするシステムに変わっていきます。

離職率が増加する要因が増えだす事で悪循環に陥りやすくなります。

まとめ

人間は生存戦略として環境適応能力を磨きました。
そのため、本能的に環境の変化を受け入れてしまいがちです。

しかし、この環境変化への適応する際に、同じ刺激に対する感度が下がり。
次第に基準がずれていきます。

株などで損切できないのはこの状態です。
そのため、当初の損切予定の枠から大幅に下落し含み損を抱えてしまいます。

これを避けるためには、基準を明確にしておき、その基準を守った行動を行わなくてはいけません。

株ならこの金額以上は損切を必ずするなどです。

備考

実験結果から引用されているようですが、実際はお湯の温度が上昇するとカエルは逃げてしまいます。

関連記事

 一貫性の法則(一貫性の原理)

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

囚人のジレンマ(社会的ジレンマ)

囚人のジレンマはお互い協力する方が、協力しないよりも良い結果になることが分かっていても、協力しない者が利益を得る状況ではお互いに協力しなくなるというジレンマです。 各個人が合理的に選択した結果が社会全 …

ハロー効果(後光効果/ハローエラー)

ハロー効果は認知バイアスの影響で顕著な特徴が過大に捉えられる現象です。後光効果やハローエラーとも呼ばれます。ハロー効果は特徴的な印象を元に先入観で情報を予想するため、実際の人物像とは異なった現象となる …

学習無力感

学習無力感は、無力である事を学習してしまう心理です。理不尽な事が起こる場合、通常はそれを回避しようと行動します。しかし、回避する事が困難な状態が続くと、抵抗しても結果が変わらない事を学習するため、回避 …

ロサダ比(ロサダの法則/3対1の法則)

ロサダ比(ロサダの法則)は「3対1の法則」とも呼ばれています。幸福になるためには感情の黄金比がポジティブ(※1)な感情3に対してネガティブ(※2)な感情が1になるという心理学の法則として提唱されました …

親近効果

親近効果は最後に与えられた情報の影響が強くなる現象です。親近効果は多くの情報を得る事で効果がより現れやすいです。多くの情報を得る事で全体の把握が困難になり、最後の情報の影響が大きくなる傾向を示す心理効 …

Google AdSense



ジャンル

ジャンル一覧
ホーム
心理学
健康
雑学
ブログ関連
お金

アマゾン


外部リンク