自立神経失調症 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

健康

自立神経失調症

投稿日:

自律神経失調症(じりつしんけいしっちょうしょう)は全身の器官をコントロールする自律神経に支障をきたし、多くの不調が出てしまう状態です。

自律神経は全身の器官を無意識的にコントロールしています。
つまり、自律神経は心臓を代表するような意識的に動かす事のできない機関をコントーロールしているため自律神経が正常に機能してない場合はこれらの器官に影響が及ぼされるため、身体に大小様々な影響を及ぼします。
影響が大きくでてしまう人は日常生活ですら健常者と同様に過ごす事が難しくなってしまいます。

自律神経失調症と判断されるのは、自律神経の症状が認められ、精神疾患の可能性が低く、身体検査で異常が見つけられない場合です。

これは、現在の技術では自律神経が正常に動作しているかを検査できないため、異常を見つける事ができない場合に診断される病気となっています。

自律神経失調症の代表的な症状

  • めまい・吐き気・息苦しさ・急なほてり・手足の震え
  • 慢性疲労
  • 不眠症
  • 不安感・倦怠感
  • 憂鬱・イライラ・孤独感
  • 認知機能の低下

自律神経失調症の分類

自律神経失調症にはいくつかの種類があり

  • 本態性自律神経失調症
    体質的な要因(虚弱体質・低血圧の人に多い)がある人です
  • 神経症型自律神経失調症
    心理的な状態によって自律神経が乱れやすい人です
  • 心身症型自律神経失調症
    ストレスが原因で最も分類される人が多いです
  • 抑うつ型自律神経失調症
    心身症型自律神経失調症が重症化した状態です

の4つの分類があります。

まとめ

自律神経失調症は、先天的になりやすい人もいますが、原因の多くは過度なストレスです。

通常は過度なストレスを受けると精神的に疲弊し、鬱病(うつびょう)などの精神疾患を発症する人が多いです。
しかし、自律神経失調症になる人は精神的に強いため、精神面に影響を受けるよりも先に、身体的な影響が表れてしまいます。

また、自律神経失調症になりやすい人は真面目・努力家・几帳面などの傾向があります。
これらの傾向が強い人は幼少期からストレスを受け続けているため、基本的にストレスに対する耐性が高く優秀な人が多いです。
しかし、耐性が高いだけでストレスが減少するわけではありません。
そのため、本人の自覚以上に身体への負担がかかり体調を崩す人も多いです。

そして、周囲から見ると精神的には問題がなく、身体検査でも異常がない事から、その苦しさが認識されにくく、優秀な人が突然会社を休むというケースも少なくはありません。

しかし、その反面本人はとても辛い思いをしている事が多いです。
例えば、自分の意識でコントロールできない器官が正常に機能しなくなるという事は、いつ心臓が止まるかわからない状態です。
自分の体のコントロールを自分でできない恐怖はとても強いです。

関連記事

 ストレス
 鬱病(うつびょう)
 

アドセンス

アドセンス

-健康

執筆者:

関連記事

強迫性障害(OCD)

強迫性障害(Obsessive Compulsive Disorder)は不安や恐怖、強いこだわりによって生活に支障がでる状態です。強迫性障害の人は不合理なイメージが脳内に浮かび、それを払拭しようと行 …

セルフ・ネグレクト(自己放任)

セルフ・ネグレクトは自身の生活を放任する事で心身の安全や健康が脅かされます。セルフ・ネグレクトはなにもする気力がなくなり、生活を維持する事ができなくなり、生活環境や栄養状況が悪化してもそれを改善しない …

急性アルコール中毒

急性アルコール中毒は短時間に大量の飲酒を行うことで中毒症状を引き起こし、体調に悪影響を及ぼします。アルコール中毒は血中のアルコール濃度が一気に高くなり、意識障害、血圧低下、嘔吐などの中毒症状を起こしま …

共依存

共依存(Co dependency)はお互いに過剰にその関係性に固執している状態です。共依存が起こりやすい人は自尊心や自己肯定感が低いため、他者の評価を得ようと過剰な自己犠牲をして承認欲求を満たそうと …

薬物依存症

薬物依存症は薬物を使っていないと不快になったり、使用をやめようとしてもやめられない状態です。薬物依存症は違法な薬物を摂取する事で得られる高揚感、幸福感が忘れられずに繰り返し使用する事で自らの意志とは関 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ