自己親密行動 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

自己親密行動

投稿日:

自己親密行動は気持ちを落ち着かせるためにとる行動です。

自己親密行動は不安や緊張、悩みを抱えている場合に現れる無意識の行動です。
話している最中にこのような行動が不自然に現れたらそれはなにかしらの(会話の内容に限らず)不満がありフラストレーションが溜まっている状態かもしれません。

また、不安感が強い人は会話の中で他社に触れる事で不安を和らげようとする場合もあります。

対面のコミュニケーションではこのような無意識的な行動が相手に伝わるため、言葉以上に大きな影響がある場合もあります。

とくに日本人は言葉以外の要素から本質を見抜く傾向があります。

自己親密行動の具体例

自己親密行動は相手に伝わる事もあるためどのような行動が自己親密行動として現れているのかを確認することで、意識的に変える事ができますし、他者がどのような精神状態なのかを把握する手助けとなります。

例えば

  • 頭や体をかく
  • 自分の髪の毛・鼻・口元を触る
  • 他者に触れる

このように体に触れる行動が自己親密行動として表れやすいです。

会話中にこのような行動が見られる時は意識が他に向いている可能性が高いです。

自己親密行動のような癖が多い人は以前に悩みや不安などの自己親密行動が現れるような状態に長期間あったためにそれが癖として残ってしまった人もいます。

また、自己親密行動が多い人の中には依存心が強い人もいるため、相手への配慮が多すぎても自立する事ができなくなってしまうため注意が必要です。

このように自己親密行動にはその要因が各々あるため、その状態を見極め適切な対応を行う事が大切です。

まとめ

自己親密行動はフラストレーションが蓄積され際に行動として現れます。
この状態が続くとストレスが溜まってしまいます。

行動から見極められればコミュニケーションで円滑な人間関係を構築する助けとなります。

例えば会話している相手が自己親密行動をとっている話題を変えたり、切り上げるなどの方法を取る選択肢を行う事ができます。

このような事の積み重ねを行う事で相手との距離感が適切に取れるようになっていき、お互いに心地の良い距離感を保つことができるようになります。

関連記事

 フラストレーション
 ストレス

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

同調効果(姿勢反響/ミラーリング効果)

同調効果は、同じ振る舞いをすることで好感度が高まる現象です。同調効果は動作、姿勢、表情、喋り方などで同じ振る舞いをすることで好感を得られます。また、言葉を繰り返す事も効果的です。この際に不自然にならな …

現状維持バイアス

現状維持バイアスは変化や知らないものを避ける心理です。人は安定を求める思いが強く、わからないものを恐怖として認識します。そのため、現状維持しようとする傾向が強いです。これには複数の心理的作用が働いてい …

ストックスピール

ストックスピールは会話で役に立つテクニックの一つで、信頼を得るための常套句を使う方法です。ストックスピールは他者からの信頼を得るのに効果的な方法で、自分の中で使いやすい会話の定型文をいくつかキープして …

茹でガエル現象(茹でガエルの法則/茹でガエル症候群)

茹(ゆ)でガエル現象は環境の変化に対応する事の危険性の例えで使われています。熱湯にカエルを入れるとカエルは逃げてしまいます。しかし、カエルを入れてから徐々に水温を上げていくと逃げるタイミングを失って、 …

シンデレラ症候群(シンデレラシンドローム/シンデレラコンプレックス)

シンデレラ症候群は、男性に高い理想を求める考えです。童話のシンデレラのように理想の相手を待ち続ける事が由来とされています。これは貧困層が富裕層へもつ憧れが、シンデレラストーリーの普遍的な魅力となってい …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ