算数障害(ディスカリキュア) | あむぶろ 学校では教えてくれない大切なこと

健康

算数障害(ディスカリキュア)

投稿日:

算数障害(ディスカリキュア)は計算が苦手な症状です。

ディスカリキュア(dyscalculia)は学習障害(LD)の一種で、数の理解や扱い、計算などが困難症状です。

原因は特定されていませんが、人口の3~6%が算数障害と考えられています。

お金や時間などは社会生活に欠かせない要素の一つです。
しかし、これを扱う際には算数が必要になるため、算数障害は日常生活でも大きな影響があり、お金や時間を正しく理解できない事は自立への大きな壁となります。

症状

  • 数の理解が困難
  • 数の扱いが困難
  • 算数の計算が困難
  • 時間の把握が困難
  • 数量の把握が困難
  • 面積や体積、空間の理解が困難

症状の特性

算数障害には特性毎に分類があります。

  1. 数処理(数字を認識する)
  2. 数処理(順序や大小、比較など)
  3. 計算(足し算、引き算のような計算を行う)
  4. 数的推論(文章を理解し答えを導き出す)

具体例

数処理

数字の読み方、数え方、理解ができているかが判断されます。
「1」「一」「いち」これらが同一であると判断が行えるが判断されます。
また、1個と言われた時に1個のものが理解できるかが判断されます。
「1個だけいちごを食べてもいいよ」と言われた時に1個が理解できるかという事です。

数概念

数字を比べて大小がわかるかが判断されます。
1~10までのトランプを順番に並べる事ができたり、お金の金額の大小を比べる事ができるかが判断されます。

計算

四則演算(和・差・積・商)のような基本的な計算ができるかどうかが判断されますが、筆算と暗算で基準が異なります。
暗算は20以下の四則演算、筆算ではそれ以上の四則演算が判断基準となります。

数的推論

この段階では問題文を読み解き、そこから答えを導きだせるかが判断の材料となります。
リンゴは1個100円、2個でいくらでしょうか?
のような問題文から「100+100」や「100×2」という計算が考えられるかが基準となります。

まとめ

学習障害は学習を行う際にハンディとなるだけであって、知的レベルが必ずしも劣るわけではありません。

算数は日常生活で必要な能力になりますが、算数障害の方はこれが困難なため日々の生活を送る事が困難です。

しかし、中には「1」がなにを意味するのかを理解する事ができなかったり、数字の大小を理解する事が困難でも、文章から推論しそれを解く事が得意な方もいます。

一般の人が暗算では計算できないような桁数の計算をすぐに回答できたりする方もいます。

人には向き不向きがあるだけで、四則演算が苦手でも思わぬ才能がある事もあります。

備考

算数障害は、ディスカリキュア、発達性ディスカリキュア、算数の学習障害などと呼ばれる事もあります。

アドセンス

アドセンス

-健康

執筆者:

関連記事

スーパースプレッダー

スーパースプレッダーは感染症を通常の想定以上に感染させる恐れのある感染源です。一般的な感染源は3人程度までへの感染で収束する一方で、スーパースプレッダーは10人以上へ感染させる感染源と定義され、数十人 …

注意欠損・多動性障害(ADHD)

注意欠損・多動性障害(ADHD)は注意散漫な状態が続く症状です。ADHDは先天的・後天的に発症する症状で、注意散漫が原因で過活動・衝動性・不注意などがみられる症状でが、幼少期にADHDと通常の行動の差 …

家庭内暴力(DV/ドメスティック・バイオレンス)

日本では家庭内暴力(DV:Dmestic Violence)は親しい人(配偶者や祖父母、実の子供や恋人など)からの暴力だと認識されています。暴力の種類は多岐にわたり、心身に有害な影響を及ぼす言動は暴力 …

不安障害

不安障害は不安や恐怖によって日常生活に支障をきたす症状です。不安になる事は誰でもあります。特に新しい事をするときは不安になり、心身共にストレスを受けるため、普段よりも疲労度が高くなるようなことがあると …

接触感染

接触感染は病原体と接触する事で感染が広がります。接触感染という名前から、手で触れるだけでは感染すると思うかもしれませんが、粘膜に病原体が接触しない限り感染しません。粘膜は皮膚によって守られていますが、 …

Google AdSense



管理人


あむぶろ
管理人情報


名前:

鈴木 歩(すずき あゆむ)

自己紹介:

日本の未来を支える若者を応援したいので「有料情報よりも価値がある情報を無料で提供する」事を目指しています。

ブログについて:

当ブログでは生活をするためには大切でも学校では教えもらえない事をメインに取り扱っています。
知識のみではなく価値観を見直す事のできるような情報を提供したいと考えています。

外部リンク

応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ