算数障害(ディスカリキュア) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

健康

算数障害(ディスカリキュア)

投稿日:

算数障害(ディスカリキュア)は計算が苦手な症状です。

ディスカリキュア(dyscalculia)は学習障害(LD)の一種で、数の理解や扱い、計算などが困難症状です。

原因は特定されていませんが、人口の3~6%が算数障害と考えられています。

お金や時間などは社会生活に欠かせない要素の一つです。
しかし、これを扱う際には算数が必要になるため、算数障害は日常生活でも大きな影響があり、お金や時間を正しく理解できない事は自立への大きな壁となります。

症状

  • 数の理解が困難
  • 数の扱いが困難
  • 算数の計算が困難
  • 時間の把握が困難
  • 数量の把握が困難
  • 面積や体積、空間の理解が困難

症状の特性

算数障害には特性毎に分類があります。

  1. 数処理(数字を認識する)
  2. 数処理(順序や大小、比較など)
  3. 計算(足し算、引き算のような計算を行う)
  4. 数的推論(文章を理解し答えを導き出す)

具体例

数処理

数字の読み方、数え方、理解ができているかが判断されます。
「1」「一」「いち」これらが同一であると判断が行えるが判断されます。
また、1個と言われた時に1個のものが理解できるかが判断されます。
「1個だけいちごを食べてもいいよ」と言われた時に1個が理解できるかという事です。

数概念

数字を比べて大小がわかるかが判断されます。
1~10までのトランプを順番に並べる事ができたり、お金の金額の大小を比べる事ができるかが判断されます。

計算

四則演算(和・差・積・商)のような基本的な計算ができるかどうかが判断されますが、筆算と暗算で基準が異なります。
暗算は20以下の四則演算、筆算ではそれ以上の四則演算が判断基準となります。

数的推論

この段階では問題文を読み解き、そこから答えを導きだせるかが判断の材料となります。
リンゴは1個100円、2個でいくらでしょうか?
のような問題文から「100+100」や「100×2」という計算が考えられるかが基準となります。

まとめ

学習障害は学習を行う際にハンディとなるだけであって、知的レベルが必ずしも劣るわけではありません。

算数は日常生活で必要な能力になりますが、算数障害の方はこれが困難なため日々の生活を送る事が困難です。

しかし、中には「1」がなにを意味するのかを理解する事ができなかったり、数字の大小を理解する事が困難でも、文章から推論しそれを解く事が得意な方もいます。

一般の人が暗算では計算できないような桁数の計算をすぐに回答できたりする方もいます。

人には向き不向きがあるだけで、四則演算が苦手でも思わぬ才能がある事もあります。

備考

算数障害は、ディスカリキュア、発達性ディスカリキュア、算数の学習障害などと呼ばれる事もあります。

アドセンス

アドセンス

-健康

執筆者:

関連記事

フラストレーション

フラストレーションは欲求が満たされない事生じる不快な気持ちです。基本的に人はなにかしらの欲求がありますが、その欲求は常に満たせるものばかりではありません。欲求を満たすためには行動を起こそうとしますが、 …

急性ストレス障害(ASD)

急性ストレス障害(Acute Stress Disoder)は大きなストレス受ける事で日常生活に支障をきたします。基本的に急性ストレス障害は日常的なストレスで発症する事はありません。急性ストレス障害を …

アウトブレイク(感染爆発/感染症集団発生)

アウトブレイクは特定の地域や集団内で、予想以上の感染症が一定期間発生する現象です。範囲が限られ、特定の期間で収束する感染症で、院内感染などの限られた範囲で爆発的に感染者が増加する際に用いられます。感染 …

論理療法(理性感情行動療法)

論理療法は心理療法の一種で、論理的な観点からメンタルケアを行う方法です。論理療法は心理的問題や生態的反応は論理的な思考が心理に影響を及ぼすという考えを元にしています。そのため、アルバート・エリスのAB …

鬱病(うつびょう)

鬱病(うつびょう)は精神的に疲れていて、舞います思考になってしまう状態です。鬱病になってしまう原因は主にストレスによるものが強く、将来に対する不安や、周囲からのプレッシャー、自分の能力以上の仕事量、ハ …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援いただけると幸いです。


PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ