算数障害(ディスカリキュア) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

健康

算数障害(ディスカリキュア)

投稿日:

算数障害(ディスカリキュア)は計算が苦手な症状です。

ディスカリキュア(dyscalculia)は学習障害(LD)の一種で、数の理解や扱い、計算などが困難症状です。

原因は特定されていませんが、人口の3~6%が算数障害と考えられています。

お金や時間などは社会生活に欠かせない要素の一つです。
しかし、これを扱う際には算数が必要になるため、算数障害は日常生活でも大きな影響があり、お金や時間を正しく理解できない事は自立への大きな壁となります。

症状

  • 数の理解が困難
  • 数の扱いが困難
  • 算数の計算が困難
  • 時間の把握が困難
  • 数量の把握が困難
  • 面積や体積、空間の理解が困難

症状の特性

算数障害には特性毎に分類があります。

  1. 数処理(数字を認識する)
  2. 数処理(順序や大小、比較など)
  3. 計算(足し算、引き算のような計算を行う)
  4. 数的推論(文章を理解し答えを導き出す)

具体例

数処理

数字の読み方、数え方、理解ができているかが判断されます。
「1」「一」「いち」これらが同一であると判断が行えるが判断されます。
また、1個と言われた時に1個のものが理解できるかが判断されます。
「1個だけいちごを食べてもいいよ」と言われた時に1個が理解できるかという事です。

数概念

数字を比べて大小がわかるかが判断されます。
1~10までのトランプを順番に並べる事ができたり、お金の金額の大小を比べる事ができるかが判断されます。

計算

四則演算(和・差・積・商)のような基本的な計算ができるかどうかが判断されますが、筆算と暗算で基準が異なります。
暗算は20以下の四則演算、筆算ではそれ以上の四則演算が判断基準となります。

数的推論

この段階では問題文を読み解き、そこから答えを導きだせるかが判断の材料となります。
リンゴは1個100円、2個でいくらでしょうか?
のような問題文から「100+100」や「100×2」という計算が考えられるかが基準となります。

まとめ

学習障害は学習を行う際にハンディとなるだけであって、知的レベルが必ずしも劣るわけではありません。

算数は日常生活で必要な能力になりますが、算数障害の方はこれが困難なため日々の生活を送る事が困難です。

しかし、中には「1」がなにを意味するのかを理解する事ができなかったり、数字の大小を理解する事が困難でも、文章から推論しそれを解く事が得意な方もいます。

一般の人が暗算では計算できないような桁数の計算をすぐに回答できたりする方もいます。

人には向き不向きがあるだけで、四則演算が苦手でも思わぬ才能がある事もあります。

備考

算数障害は、ディスカリキュア、発達性ディスカリキュア、算数の学習障害などと呼ばれる事もあります。

アドセンス

アドセンス

-健康

執筆者:

関連記事

ニコチン依存症(煙草依存症)

ニコチン依存症は依存症の一種でニコチンに依存している病気です。ニコチンは喫煙をすることで体内に吸収され脳に幸福感を与えるます。この幸福感がやめられずに依存してしまう人がニコチン依存症です。ニコチン依存 …

家庭内暴力(DV/ドメスティック・バイオレンス)

日本では家庭内暴力(DV:Dmestic Violence)は親しい人(配偶者や祖父母、実の子供や恋人など)からの暴力だと認識されています。暴力の種類は多岐にわたり、心身に有害な影響を及ぼす言動は暴力 …

セルフ・ネグレクト(自己放任)

セルフ・ネグレクトは自身の生活を放任する事で心身の安全や健康が脅かされます。セルフ・ネグレクトはなにもする気力がなくなり、生活を維持する事ができなくなり、生活環境や栄養状況が悪化してもそれを改善しない …

パンデミック

パンデミックは感染症が世界的に増加する現象です。免疫を持つ人が少なかった感染症が、効率的に感染者を増やす能力を得る事で、二次感染、三次感染と次第に感染者が増加しパンデミックを起こします。そのためパンデ …

発達性読字障害(DRD/ディスレクシア)

発達性読字障害(DRD)は文字を読む事が困難な症状です。DRD(Developmental reading disorder)は脳の使い方の違いによって先天的に文字を読む事が困難な症状(文字を認識・記 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ