移動平均線(単純移動平均線) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

移動平均線(単純移動平均線)

投稿日:

移動平均線(単純移動平均線)はチャートを分析する際の基本的な要素で、一定の期間の価格の平均を線で表示したものです。

移動平均線を構成しているのは対象期間の複数の終値のデータで、そこから平均を計算して算出された点を線で結んいるため、価格のトレンドや強さを視覚的に認識できるように設計されています。

また、移動平均線は過去のデータの平均であるため、表示される線は実際の価格変動よりも滑らかな曲線(長期であるほど滑らかな曲線になります)となります。

移動平均線は時間経過によって現在の価格データが反映されていくため、過去のデータによるウェイトが大きく、価格の変動に対しての反応が遅れて表示されやすい傾向があります。
つまり、移動平均線は徐々に現在の価格に近づいていきますが、その線は緩やかで
※価格が移動平均に近づくのではなく、価格から導かれた平均が実際の価格に近づきます。

そして、移動平均線は過去のデータによるウェイトが大きいため、ります。

チャートの分析について

単純移動平均線は相場の流れを分析する指標として取り入れられています。

特にゴールデンクロスやデッドクロスは有名です。

  • ゴールデンクロス
     長期の移動平均線の下にあった短期の移動平均線が交差(クロス)して上に抜けた時をゴールデンクロスと呼び、相場が上昇傾向になる可能性が高いサインだと考えられているため、買いのサインだという人もいます。
  • デッドクロス
     長期の移動平均線の上にあった短期の移動平均線が交差して下に抜けた時をデッドクロスと呼び、相場が下降傾向になる可能性が高いサインだと考えられているため、売りのサインだという人もいます。

相場が大きく変動するとゴールデンクロスやデッドクロスになる事があり、交差する際の角度がきついほど(短期と長期の差が縮まる期間が短いほど)信用度が高いと考えられていますが、移動平均線が交差すれば必ずしも相場が大きく変わるとは限りません。
※ゴールデンクロスやデッドクロスは短期(1ヶ月未満)のチャートでは信用度が特に低いです。

チャートの分析には他にもグランビルの法則をはじめとして多数の分析方法があります。

まとめ

単純移動平均線はチャートを見る際の指標となるため、投資を行う際には覚えておいて損はありません。

しかし、移動平均線による分析のみでは相場の流れを読むには情報が不足してしまいます。

例えば、テクニカル分析を行う際には移動平均線だけではなく、ローソク足(ロウソク足)の見方などを学び、次の傾向を予想するための情報を多く入手する事が大切です。

また、テクニカル分析のみではなく、ファンダメンタル分析なども学び広く深い知識を身に着ける事は大きなメリットとなります。

知識や経験が不足していると狼狽売り(狼煙売り/パニック売り)など、価格が下落した際にその根拠となる理由や、握っている理由がなくなり損をしやすいです。
そのため、損をしないように知識を身に着け、属にいう「あなたの売ったそこが底」なんてことにはならないように気を着けましょう。

関連記事

 投資
 ローソク足(ロウソク足)
 狼狽売り(狼煙売り/パニック売り)

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

限界利益(貢献利益)

限界利益は売上から変動費を引いたものです。限界利益は損益計算特融の計算方法で、売上から変動費を引いて計算を行うため、基本的には売上の増加とともに増加する費用です。限界利益の計算式は  限界利益=売上高 …

損益分岐点(採算点/BEP)

損益分岐点(採算点)は損益(損失と利益)がプラスマイナスゼロになるところです。基本的には個人でも、企業でも利益を出さなくてはいけません。一般的には利益を得るためには損失が発生します。そのため損失以上の …

マネースクリプト

マネースクリプトはお金に対する価値観です。マネースクリプトを大まかんに分類すると4つに分割する事ができます。分類された傾向や特徴を見る事で、自分の価値観を認識し、苦手な事を理解し改善しやすくなります。 …

ラットレース

ラットレースは「金持ち父さん、貧乏父さん」で知られるロバート・キヨサキが 働いても働いても現状維持で終わってしまう事を表現するのに用いた言葉です。多くの方が毎月支払いに追われ収入を得てもお金は生活費に …

投資

投資はお金を増やすためにお金を使う事で、使った分以上のお金が戻ってきます。投資の多くは不労所得だと考えられています。そのため、投資家に興味を持つ人は多く、投資に興味がある人は全体の6割(60%)程度だ …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ