砂山のパラドックス | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

砂山のパラドックス

投稿日:2020年11月6日 更新日:

砂山のパラドックスは砂山から砂粒を減らしていき、砂粒が一定の数以下になった場合は砂山でなくなるのかという思考実験です。

砂山のパラドックスの問題点は定義が曖昧なものを深く考える事で定義が揺らいでしまい矛盾がうまれてしまう点です。

しかし、定義が不明瞭な単語は日常生活では多く使われています。
それらの不明瞭な単語の一例が砂山です。

概要

砂山から1粒の砂を取り除きます。
砂粒が減ってもそれは砂山と言えるのでしょうか?
砂山と言える場合は更に1粒の砂を取り除きます。
更に砂粒が減ってもそれは砂山と言えるのでしょうか?

これを繰り返していくと砂山とそうでない境界がわからなくなってしまいます。

極端な場合は、1粒の砂粒は砂山と呼べるかを判断する事になります。

例えば、砂粒が100万粒ある場合に砂山と表現する場合、その砂粒を全て重ならないように配置しても砂山と呼べるのでしょうか?

まとめ

砂山は無数の砂粒からできています。
そして、その集まりが砂山だと定義されています。

そのため、

  • 砂山という表現が間違えである
  • 砂山から1粒取り除いた段階で砂山ではなくなる
  • 1粒の砂でも砂山と呼ぶ

などの反論もあります。

しかし、定義が定まっていないものに対して深く考えても、答えがないのが答えなので、解明される事はありません。

そして、言葉は個人の中で定義されているため、箱の中のカブトムシのように、完全に統一する事は難しいです。

備考

砂山のパラドックスに近いはげ頭のパラドックスもありますが、概要は類似点が多いです。

関連記事

 箱の中のカブトムシ
 パラドックス

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

フェルミのパラドックス

フェルミのパラドックスは地球外の知的生命体が存在している可能性の高さに対して、人類が未だに認識できていない矛盾の事です。この矛盾点を解決しようと様々な推論がされていますが、未だに解明はされていません。 …

エンパス(エンパシー)

エンパスは感受性や共感性が強い人です。エンパスは先天的な資質で、他者の感情に敏感で非言語表現に対する感度が高いため、言葉にしていないような情報も表情や行動から察する事ができるます。そのため、会話をして …

ヘンペルのパラドックス(カラスのパラドックス/ヘンペルのカラス)

ヘンペルのパラドックスはカラスではないものの情報を集める事で、逆説的にカラスを証明するパラドックスです。「AはBである」反対に「BでないならばAではない」という事を前提にした内容です。「カラスは黒い」 …

SDGs(エスディージーエス)

SDGs(Sustainable Development Doals)は世界中の人々が暮らしやすい社会を目指すための持続可能な開発目標を国際的に決めたものです。国際的な目標は大きく分けて17項目あり、 …

クオリア

クオリアは感覚意識やそれにともなう経験のことです。クオリアはなんらかの脳活動によって生み出されていますが、具体的なメカニズムはわかっていません。また、脳の活動でクオリアを生み出す場合と生み出さない場合 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ